石川台どうぶつ病院ペットホテルのブログ

東京都大田区にある石川台どうぶつ病院ペットホテルのブログです。
犬猫うさぎ等の小動物の診察とペットホテルをしています。

仔猫の皮膚糸状菌症

2017-06-19 15:58:45 | 
仔猫の皮膚糸状菌症の診断をしました。
3か月の子猫です。
顔や足に脱毛、フケをともなった皮膚炎で来院しました。


この写真は後肢の脱毛です。

はじめは顔、耳周りに脱毛をともなう皮膚炎がみられました。
真菌培養検査にて陽性反応がでました。

写真の左側が培養する前の培地です。黄色い色をしています。
右側が培養した後の陽性反応したものです。
培地が赤く変色して、特徴的な綿のような菌糸が増殖しています。

確定診断が出るまでは抗真菌剤の外用薬のみでしたが、
培養検査にて確定しましたので、
飲み薬も併用して治療することになりました。

皮膚糸状菌症は子猫の時期には比較的よく見られるものです。
ヒトにも感染するものです。
感染するとかゆみを伴った円形の皮膚炎ができます。

治るまでに時間がかかります。
早く落ち着くことを願います。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長毛のアメリカンファジーロップ | トップ | うさぎの耳にできた皮膚病 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。