イシカワゼミBlog

跡見学園女子大学マネジメント学部マネジメント学科・イシカワゼミ所属の学生たちによるブログです。

AHK47

2016-10-12 22:48:23 | 日記


ごきげんよう。
6期生の長谷川真衣です。

今回はAHK47について書こうと思います。
まずAHK47と聞いて……んんんんん?AKB48???
と思われた方いらっしゃるのではないでしょうか?

違います。AHK47です(笑)
AHKとは私が所属していた部活(A→跡見学園女子大学、H→放送文化、K→研究部)の略称です。
47とは私の代が47代目ということです。


そして⒑月9日を持ちまして引退しました。
今回の引退会場は学校ではなく他の会場を借りたのですが
楽屋があり一行テンションが上がって最高なパフォーマンスができました。
大学入学時にクラブハウス(部室塔)の一番手前にAHKの部屋があり入部した部活。


発声、フリートーク、原稿読み、アクセント、滑舌、朗読、ラジオパーソナリティー、RD制作
MV撮影、編集、ミキサー、照明、舞台設営、そして東京FMや世田谷AMに通うなど
など本当に多くの経験をしました。

団体を引退したり、学校を卒業をすると
よくこんな言葉を耳にしませんか?
素敵な仲間に会えました。最高の友達。


もちろんAHK47期のみんなは最高なのですが。ただ一緒にいて楽しいから最高なのではないのです。
部活つまりお仕事を一緒にこなす
信頼のおける最高のビジネス仲間です。


好きなこと(映像制作や裏方の仕事やパーソナリティートーク)や目的(番組発表会を盛り上げる)
が一緒で真面目なVの中にもちょっとオモシロを入れる遊び心がある部員でした。
同期は作品を作るスペック、パッション、ノウハウ、全てが優秀で本当に尊敬出来る仲間です。
電車の中でテレビを見ている時も今のアングル良き!ラジオ聞いている時も今のC.F.気持ちいい!
などなどセミプロかよ!!!ってツッコミたいくらいにくらいAHKの活動が好きで、熱心で。


実は47期の中で私だけが違う学部で、何気なく人との距離をとり、面倒事は上手く切り抜け
勝手に自分のテリトリーを作ってしまう性格の私…
最初は仲良くなれるのか心配でした。
正直、女の子が15人もいたらビジネス上の仲間であり、心から楽しいと思える友達にはなれないと思っていました。

ですがみんな個性が強く週3?4?顔を合わせ
あの発音は違う。そのカット割りは気持ち悪いなど意見が衝突しながらもここまできた同期。

合宿はいつも大部屋に集まって片手に酒。片手につまみ。
みんな話したいことがあり過ぎてLINEが毎日うるさくて、お腹痛くなるまで笑って
ついにはLINEのグループ名が『AHK47』から『人生はホラゲ』

仕事も出来てプライベートでも面白い事が好きで最高の同期でした。

先ほども話に上がったように私は同期の中でも1人だけ他学部で、また先輩にも同じ学部の方がいませんでした。
そこで同じ学部の後輩が出来たら嬉しいと思っていて、なんと私の47、48、49と3代マネジが続いて
後輩が私を先輩にしてくれて幸せでした。
マネジ会というAHKの中でもマネジメントの人しか入れないグループを作って
ご飯を食べたり、履修の相談をしたりしていました。


またAHKは他大学さんとの交流も盛んでまあ交流会と言う名ばかりの飲み会に参加して
放送、アナウンス団体の友達もたくさんできました。


差し入れなのですが本当にたくさんいただいて
愛が重いってこういうことなのね
と思いながら大袋5袋を抱え(夜の23時の車内の視線…お菓子のモニターするバイトのかなっていう視線)
電車に揺られて家路につきました。

引退しても学校に来る限り会うし、特に寂しいという感情はありません。
ですがみんな将来は公務員になりたい人、大学院に行きたい人、卒業してすぐに結婚したい人
まだ将来のことで悩んでいるひとなどなど進む道は様々ですが、
東京オリンピックが開催される頃に同期で会えば、必ず面白い話があると確信してます。



最後に一緒にバカやってゲラゲラ笑うだけでなく
放送部というアナウンス力、VTR制作の技術面での高さなど
能力を通じてのお互いが刺激し合い、それぞれの個性が光る仲間になれたことに感謝しています。


ごきげんよう。
6期生長谷川真衣





















ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリエイティブ | トップ | IKEAの採用ページでゼミの宣... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む