イシカワゼミBlog

跡見学園女子大学マネジメント学部マネジメント学科・イシカワゼミ所属の学生たちによるブログです。

人類のレシピ

2016-10-16 01:42:00 | 日記
お久しぶりです。6期生の小林夏美です。
私は昨日まで早稲田大学で行われた人類のレシピという演劇の手伝いを同じ6期生の弓削さんとしていました。はじめに、来てくださった方、ありがとうございました。

正直に言うと、本番1週間前まで私たちの仕事はほぼありませんでした!(笑)
ただ、私たちができることないのに毎回茗荷谷からちゃんと来てるのを見て、他のスタッフのモチベーションが上がってるという話を聞き、思わぬ形で役に立ってはいたみたいです(°▽°)


早稲田で行われる演劇なので基本的に早稲田で活動をするのですが、早稲田の学生でしか通じない言葉がたくさんあり、意見を出すどころか会話にもついていけず、買い出しやコピーを頼まれても最初は周りのお店も敷地内ですらどこに何があるか分からず、人手が必要な時も私たちが跡見から早稲田に着く頃には終わっていて、驚くほど役に立ちませんでした(笑)

一応私は主にワークショップの手伝いをしていました(笑)

大抵の人は演劇や映画などを見たら、「良かったな」「感動したな」で終わってしまい、その後は今までと何ら変わりない生活を送ると思うんですね。そこで、今回見た演劇を実際の生活と結び付けられるように、来てくださったお客様と一緒に考えたり、話し合ったり、実際に劇に出て来た登場人物を演じてみたりするのがワークショップです。

そのワークショップで何をするかを考えなければならなかったのですが、本番4日前になってもアイデアが出ず、かなり追い詰められていました。
今回の演劇は「食」や「不条理」がテーマになっているので、私と弓削さんのバイト先のパン屋に来るお客様の食生活の話をしていたら、頭の良い早稲田の方がその話を素敵な台本にしてくださってワークショップで使ってくれたんです!

やっと本当に力になれた気がしてとっても嬉しかったです!(笑)


私は意外と、単純作業や雑用など地味な仕事も好きだったのでスタッフとして舞台の裏側を支えよう!と思って参加して見たのですが、やってみて私は裏方向いてないなと思いました(笑)
がっつり表舞台に出たいわけでもないですが、もう少し光を浴びれることをしたいと気づきました(笑)

難しいですね。
でも、ちゃんと気づけたので良かったです。
とても素敵な出会いもたくさんあり、苦手を克服でき、自分の強みも少しわかりとても貴重な体験をさせていただきました。

ちなみに


私たちが一生懸命書いた案内の看板


ダサいとかなめてると言われてしまった😂
頑張ったのに💔悲しいです(笑)


けど、スタッフみんな優しいのでこのまま使ってくれました(笑)


改めて、来てくださった方々、早稲田大学のみなさん、本当にありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« IKEAの採用ページでゼミの宣... | トップ | 着々と »
最近の画像もっと見る

あわせて読む