石井伸之の国立市議会議員日記 自由民主党明政会会派幹事長(代表) 福祉保険委員会委員 議会運営委員 多摩川衛生組合議員

東京都国立市の若手市議会議員(4期目)による日記 国立市政の最新情報を伝えていきます 

3月6日 本日は国立市議会平成29年度予算特別委員会初日を迎えました

2017年03月07日 | 国立市議会
 こんにちは、一昨年の予算特別委員会で委員長を務めていた石井伸之です

 本日は平成29年度予算特別委員会初日を迎えました。

 初日は、実施計画と歳入部分の質疑です

 実施計画の質疑時間は二人以上の会派は10分、一人会派は5分となっています。

 自由民主党明政会会派は、7名なので一番厳しい時間配分です。

 実施計画は市長任期に合わせ、4年間のスパンとなっています

 私からは(仮称)国立市文化芸術振興計画について質疑しました。

 国立市は文化の風薫るまちを標榜する中で、くにたちアートビエンナーレ、童謡歌唱コンクールを始め、様々な角度から文化芸術振興に向けて努力しています。

 そこで、私は更なる文化芸術振興に向けた、国立市体育協会と対になる国立市文化芸術協会の設立を訴えました。

 議会や委員会の場所で、このことを訴えたのは初めてです。

 それでも、生涯学習課長からは前向きに検討したいとの答弁をいただき、大変嬉しく思います

 私は、少し将来の国立市を見据え、目標として掲げるべき事項をこれからも訴えていきたいと考えています。

 実施計画の質疑終了後に、次は歳入部分の質疑に移ります。

 まずは、平成29年9月より実施となる家庭ごみ有料化が、どれだけの歳入増になるかというと、4億2600万円ほどです。

 国立市の人口約7万5000人で単純に割ると、一人当たり年間5680円の負担となります。
 
 ごみ排出において、今まで直接的な負担が無いので、新たな支出となり心苦しいところですが、ご理解のほど、どうかよろしくお願いいたします。

 この件以外には新たな歳入増として、ネーミングライツ事業の実施を訴えました。

 ネーミングライツとは、調布市の味の素スタジアムを始め、様々な公共施設の命名権を広告収入とするものです。

 平成15年に初当選させていただいて以来、この件を粘り強く訴えていますが、全くと言っていいほど前に進みません。

 そこで、平成29年度より、広告ビジネスについてはアウトソーシングすることから、ネーミングライツの実施についても民間企業の知恵をいただく中で、実施できるよう要望しました。

 また、国立駅舎再築に関しては、くにたち未来寄付を始めとして様々な寄付をいただいています。

 そこで、現在国立駅舎再築にどれだけの寄付が集まっているのか聞いたところ、2月末で9839万5457円集まっているとのことです。

 目標としては1億円とのことですが、政策経営課長より1.5億円を目指すとの力強い答弁がありました。

 それと忘れてならないのは、駅舎が再築されたといって、駅舎にかかる予算がそれで終わりというわけではありません

 その後の維持費等も国立市財政にかかって来ますので、維持存続に向けた寄付を集めるということも年頭に入れて欲しいとの要望をしました。

 明日以降の歳出部分でも市政発展に向けた質疑を行っていきます。

 写真は昨日城山さとのいえで行われたイベントの様子です。





『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月5日 本日も昨日に引き... | トップ | 3月7日 本日は予算特別委... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ごみの有料化 (市民)
2017-03-08 08:15:56
説明会に参加しました。個人的には納得できる説明会でした。個人、個人の自宅の前にごみを出せば、通勤客のポイ捨ても減るでしょうし、なにしろ有料化によって市民の意識が変わり、生ごみの水切りの徹底、資源ごみへの移行をよく考えるようになります。個人がルールを逸脱すれば生ごみは持っていかないので特に夏場においては異臭がしまくりご近所に迷惑をかける事は必至です。今も問題になっているカラス問題をいかに解決するかが今後の鍵となってくると思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL