ようこそ石の華へ

鉱物の部屋へのいざない

利益の石

2017-03-30 11:53:03 | 日記・エッセイ・コラム
今朝、ポルテ金沢の店の郵便受けに金沢アートグミ(北國銀行武蔵ヶ辻支店3階のギャラリー)から届いた「利益の石」という展示会のチラシが入っておりました。「利益の石」(2017.4.23 ~ 7.17 )という展示会は大阪を拠点とする湯川洋康・中安恵一の個展で、今回は石をモチーフに「石と人の距離」を哲学的にアートにするというユニークな作品のようです。私は、いよいよ始まるのか、と思いました。

それは昨年の12月24日の閉店に近い時間帯だったと思います。その日はクリスマスイブ、私は早く自宅に帰りたいと思っていた時に、突然お二人の訪問がありました。ひとりは金沢アートグミのUさん、もうひとりは湯川洋康さんでした。二人の目的は飯盛里安博士が造ったビクトリア・ストンの現物を求めてでした。どうも、このブログの「人造宝石」(2012.05.29)を見て来られたそうで、その時、今回の展示会の為のリサーチ中だという事を知りました。

私はブログに出したビクトリア・ストンをお見せしました。それらは売りに出していなかったものの、彼らがビクトリア・ストンの薄片を作りたいという話に興味をおぼえ、それらを無償提供する事にしました。

天然石の岩石薄片なら普通に見た事がありましたし、そのような本も出ているので、それほど珍しい事ではなかったのですが、私は人造宝石の薄片は見た事がありませんでした。私はその薄片見たさに、三つとも貸出しする事にしました。

私は偏光顕微鏡で見る石の薄片の美しさを知っておりましたので、それがどのようなものになるのか、という事に興味津々でした。

その後、三つのビクトリア・ストンの中からブログ写真の左にある黄色いオーバルカットの石が薄片制作に選ばれたようで、後日、その薄片と薄片写真を見せていただきました。

その薄片写真は、私が予想していた通り、というか、玉髄の薄片のような雰囲気のある、繊維状の結晶が規則正しく同じ方向に並んでいるものでした。

それが、今回のチラシのメインビジュアルになっています。

そのチラシは「石の華」の店頭に置いておきます。それから、金沢アートグミのホームページにも載っておりますので、そちらでも見れます。

この展示会、関連イベントとして、作家のトークショー以外にも、「長手石を探す」というバスツアーやビクトリア・ストンを実際に製作していた柴田満氏の「飯盛里安を聞く」というトークもあるようで、それらのイベントも面白そうです。

今日は石をテーマとしたユニークなイベントの紹介でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水晶の日本式双晶3 | トップ | 水晶の日本式双晶4 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。