赤中石垣会

駒ケ根市立赤穂中学校を昭和33年卒業の同級生へ地元から情報を発信しています。

242 「残雪まつり」 千畳敷カール2017/04/16

2017-04-16 | 駒ケ根情報

しばらくお休みをしてる間に、桜満開の季節になっている。

中央アルプス千畳敷カールでは、4月15.16日に「残雪まつり」があった。

15日は、あいにくの天候でだったが、16日は好天に恵まれ、いろいろなイベントがあった。

ただ、千畳敷スキー場のオープンが、数日前の表層雪崩で延期になったのが残念。

バスからカモシカを見ることができた。

運転手さんがバスを止めてくれて教えてくれた。

駒ケ根のゆるキャラ、こまかっぱくんとこまブーくんが残雪まつりを盛り上げてくれた。

かまくらが出来ていた。

駒ヶ岳神社に通じる雪の回廊。

滑落でけが人が出て、山岳救助隊が救助しているところに出会った。

バスで下りる途中で救急車とすれ違ったが、大事でなければよいがと心配している。

南アルプスを眺めていたら、ちょうど富士山の見える方向に噴火したような雲が沸き上がり、富士山が爆発したかとびっくりした。

ホテルのラウンジでは、屋台が出てゲームなどができるようになっていて、スタッフの皆さんのおもてなしに感謝!

いつもお地蔵さんがあるところをバスの窓から横目で見ながら通り過ぎていたが、今日は帰りにお地蔵さんの道上にある地蔵平」バス停で途中下車して拝観してきた。

バスガイドでは、昔のお坊さんの修行する場所だったと言っていた。

半分土に埋まったような状態で、お顔は風雪にさらされていたが優しい表情だった。

手前の石が亀のように見え、お地蔵さんを守ってくれてるように見えた。

縁結びのお地蔵さんとのこと、ちょっと早いが孫が良縁に恵まれるようしっかり拝んできた。

今日は一日、日頃見られないようなものが見えて、印象に残る日になった。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 241 「君の名は。」を伊那旭... | トップ | 243 飯坂のおおしだれ桜2017... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む