こだわりの農業

土作りから栽培・収穫まで無農薬・無化学肥料(自然農法)で露地草生栽培を実践するわが家を紹介します。

芋がら完成!

2005-12-16 21:30:49 | 営農のこと
以前紹介した、ズイキがこの寒さと、空気が乾いてきたお陰でやっと”芋がら”として袋詰めができる状態になりました。芋がらって、茶色くてちょっと地味ですが、カリウム、カルシウムや各種のミネラルがとても多く含まれてるんですよ。

うちの芋がらは、30g入りです。水で戻すと、ちょうど1回使い切り+αくらいの量です。
何でも「量が入ってさえいればお得!」という考えもあるかも知れませんが、
わが家の例でいくとだいたい残った分をムダにしてしまうことが多いんです。
まさに「安物買いの銭失い」状態。だったら、使い切り程度の量目にしようということで30gになりました。

料理の前にあく抜きを忘れずに!そうすれば煮物はもちろん、お浸しのようにしても美味しく食べられます。また、湿気を避けて涼しいところに保管すれば半年以上は保ちます。
初めて食べた人もどこか”懐かしい味”という印象を持つかも知れません。
『お取り寄せ・産直品』 ジャンルのランキング
Comments (3)   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またサイレンが・・・ | TOP | これぞ内助の功? »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねも)
2005-12-16 23:19:14
芋がら、大好きです。



使いきりの量っていいですね。

ひじきで懲りたことがありました。



水もどしをして、ボールからあふれさせて

「どーしよう」って。



「いい按配」が一番。
TB有難うございました♪ (らるご)
2005-12-17 15:11:17
こんにちは♪

「らるごな暮らし」のらるごです

今回はコメントとTBを有難うございました

こちらからもTBさせていただきますね!



乾物って、確かに使い切りサイズの方が便利ですよね

残ったものをへたに保存すると湿気てしまって...



いちばんおすすめのいただき方、よろしけれ教えてくださいませ(^^;
懐かしい芋がら (あくび)
2005-12-18 16:16:51
30gというと、使い勝手が良い量ですね。

しかし、好きな人にとっては、2袋欲しくなる量ですね。

私の好みは、煮物か、汁物ですね。

季節限定の品物なので、探し歩いた記憶があります。(^_^;)

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
芋がら(ずいき)の煮物 (らるごな暮らし)
芋がら(ずいき)です 一般的に里芋の茎のことを指しますが、芋がら自体が目的の専用品種もあるんですね 夏の盛りには生のものをさっと茹でて甘酢につけたものがよく食べられま