こだわりの農業

土作りから栽培・収穫まで無農薬・無化学肥料(自然農法)で露地草生栽培を実践するわが家を紹介します。

凍り付いた土に生きる。

2012-02-11 19:31:04 | 直売情報



小松菜の畑。
午後2時頃の様子です。
白く映っているのは、霜です。

寒さ厳しいこの季節、
地表は何でもなくても地中ではこのように霜が残っていたりします​。
こんな厳しい環境でも、野菜はたくましく生きています。

野菜や果物は0度で凍ることはありません。
それは野菜や果実の水分には糖やアミノ酸や塩が含まれているから​。
寒さにあたると野菜たちは凍らないように水分の中に糖分を貯めこ​みます。
そのために甘みが増すのです。

わが家の野菜はすべて露地栽培。
気温の変化をモロに受け、いまは寒さにさらされています。
そして糖分を蓄え、じっくりと甘く美味しくなっています。

あす越谷市赤山町「げんきの市場」の店頭に、
そんなわが家の野菜が並びます。

見た目はイマイチ、でも味は抜群!
お近くの方は、ぜひどうぞ。


なお本日の野菜の収穫時の畑の空間線量は、
次の通りです。

収穫日:2月11日(土)

<越谷市相模町5丁目>
栽培品目:小松菜・ほうれん草・ルッコラ
測定時刻:14:00~15:30 地表面 5cm ・ γ線量 : 0.11μSv/h
使用機器:MKS-05"TERRA-P+" ECOTEST社(ウクライナ)

<越谷市大成町1丁目>
栽培品目:大根・かぶ
測定時刻:16:00~16:30 地表面 5cm ・ γ線量 : 0.11μSv/h
使用機器:MKS-05"TERRA-P+" ECOTEST社(ウクライナ)

※自然放射線のレベルです。
『お取り寄せ・産直品』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月10日(金)のつぶやき | TOP | 2月11日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。