京のおさんぽ

京の宿、石長松菊園・お宿いしちょうに働く個性豊かなスタッフが、四季おりおりに京の街を歩いて綴る徒然草。

私の花の寺~智積院~

2017-05-18 | 宿日記

東山七条にある真言宗智山派の智積院は私の好きな寺の一つで
私にとっては花の寺

春は梅、桜、そして新緑につつじとさつき
初夏には紫陽花、夏は蓮と桔梗と四季折々に美しい花が咲き
秋の紅葉も綺麗です。

智積院 今この時期は新緑と色鮮やかなつつじのコントラストが見事。
これから6月にかけては利休好みの庭と伝えられる『名勝庭園』に
さつきが咲き誇ります。

 

智積院は別名桔梗寺と呼ばれるお寺で
初夏から境内の参道にかわいい桔梗の花が咲きます。

智積院は前身である祥雲家が加藤清正によって建てられたということで
加藤家の家紋にちなみ寺紋として桔梗を使用するようになったとされ
お寺のお堂や仏具のいたるところで桔梗紋を目にします。

 

【青葉まつり】6月15日
真言宗の宗祖・弘法大師と中興の祖・興教大師の誕生を祝う行事。

【無料拝観】
名勝庭園『利休好みの庭』
長谷川等伯国宝『楓図』他
5つのお堂をめぐってのご朱印集め

 

<京都好き男>

ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京の夏、床三題 | トップ | 上御霊神社の大祭! »
最近の画像もっと見る