社会はかわるし、かえられる!

格差社会の縮小めざして、誰もが安心できる社会をめざして!

減債基金

2016-10-12 07:13:46 | 日記

民間企業ではあまり聞かれない言葉になり
つつある「減債基金」。
釧路市も一時期、ほぼゼロになった時があ
る。
今は60億を超え、財政調整基金にも積み立
てがはじまった。

再び1980年代から90年代の基金論争がむ
しかえされる気配がある。

ルールがあり取り崩せない。
取り崩せば、財政が不安定になる。
地方債の償還が出来なくなる恐れ。
・・・など、理屈は後から出てくるような
ものではなかったか。

私はしばらく行政から離れているが、3.3
%ルールなど今もあるのだろうか。
釧路市はこんなルールも関係なくほとんど
減債も財政調整もない状況が続いた。

いったいいくらあれば安心なのか。
答えはない。
基金の多寡が、いたずらに財政危機を煽る
「道具」になりかねない要素がある。

困っている市民に手をさしのべる。
そこに地方財政の本質があると考える。
不名誉の黒字と見るか。名誉の黒字とみる
か。判断基準は地方自治の本旨、さらには
地方自治法の1条である。
私は「不名誉」の部分が相当あると考える。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安心の政策パッケージ | トップ | 不幸の上に成り立つ業 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。