社会はかわるし、かえられる!

格差社会の縮小めざして、誰もが安心できる社会をめざして!

二度目は喜劇として?

2017-05-17 06:23:40 | 日記

歴史は繰り返す。1度目は悲劇として、
2度目は喜劇として。

いま国会では「共謀罪」法案をめぐって、
審議時間が30時間をこえたので「採決」だ
と言い始めている。

政府の答弁は、何一つ答えていないばかり
か、ボロボロの内容だ。 →こちら
大臣が答えられないような法案、国民がよ
くわからないという法案、また過半数の国
民が反対している法案は、絶対に「強行採
決」すべきではない。

戦前の「治安維持法」の再来といわれる今
回の「共謀罪」。
弁護士など法曹界から、憲法違反、刑法の
大原則をこわすものと批判があいついでい
る。

なぜ今国会で採決しなければならないのか。

自民だけでなく、公明も異常だ。

戦前、長野県で起きた「2・4事件」。
多数の教員が治安維持法で検挙された事件
だ。その多くは「共産主義」とは無縁なも
のであった。
創価教育学会の青年も逮捕されている。
ただし、当時の牧口氏は積極的に特攻警察
に強力している実態が、戦後明らかにされ
た。 →こちら
これを機に、長野県は多くの青年を満州に
送り込んだ。

自民党の戦前の先輩は、この治安維持法に
よる弾圧に協力し、日本を戦争に引きずり
込んでいった責任がある。

歴史は繰り返す。1度目は悲劇として、
2度目は喜劇として。

喜劇のあとは、歴史的「悲劇」となる。
それは「戦争への道」である。
自由と民主主義の危機だ!

強行採決をやめよ!
釧路市でも明日の18日に反対集会が!
    18時、釧路駅前

緊急集会です!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「サラ金」化した大銀行カー... | トップ | UTMをすり抜ける! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。