社会はかわるし、かえられる!

格差社会の縮小めざして、誰もが安心できる社会をめざして!

なぜ急ぐ!

2016-11-05 07:46:00 | 日記

またもや「暴走」だ。
自民・公明・維新が、TPP法案の採決を
強行した。

国民の多くの不安、反対、そして「慎重審
議を」の声を押しきってまで。また自・公
の盟主たるアメリカの大統領選で両候補が
TPP反対と公約しているのに。

なぜ急ぐ!

あらゆる貿易の完全自由化、米国の巨大多
国籍企業が日本の制度に「障壁」があると
主張すれば訴えられる。
これは恐ろしいことだ。

農林漁業だけでなく、あらゆる産業に影響
をおよぼすTPP法案。
とりわけ第1次産業の北海道、さらには酪
農や漁業が基幹産業である釧路・根室地方。
死活問題だ。

だからこそ、自民・公明、大地、民進、そ
して共産党と「オール釧路」でTPP断固
反対を主張したのではないか。

2012年6月9日、釧路港の岸壁に1600人が
集まり、壇上には自・公、民主から共産党ま
で、さらに市内の経済団体も含め「オール釧
路」での怒りの集会が開かれた。

あれから4年。 地元国会議員から「断固反
対」の姿が消えた。
なにが「郷土愛」か!  (怒り!)

畠山衆議員は怒りの集会に こちら→

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミライ | トップ | 原発は無くて大丈夫=実証済み! »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。