社会はかわるし、かえられる!

格差社会の縮小めざして、誰もが安心できる社会をめざして!

政治を変えて=この願いを受け止めて

2017-07-11 07:01:33 | 日記


畠山和也衆議員をむかえて(7月8日釧路市)

憲法、法律、何のその
お友達への「私物化」も極まれり
暴走に次ぐ暴走

「安倍政治を何とかしてほしい」という声
がすごい。

ひどい政治とともに、その裏に少しも良く
ならない生活がある。
年金は下がる。国保や介護保険・医療は値
上げばかり。逆に年金は下がりっぱなし。

仕事は非正規の低賃金ばかり。そしてブラ
ック。将来の年金も「これでは生活できな
い」と不安がどんどんふくらんでいく。

一方で、唸るほどカネ余り現象が。

これほど格差が広がっているときはない。
1%と99%

都議選
自民党の大敗北、そして当初は10~13議
席と埋没かといわれていた共産党が、なん
とプラス2議席の19議席に。
受け皿が、都民ファーストだけでなく、
日本共産党でもあった。

北海道、道東地域の基幹産業である酪農。
オール釧路で「TPP断固反対」を訴えてい
た政治家が、いつのまにか賛成へ。

その流れで日欧EPAが、影響試算も、何の
情報もないまま、勝手に「大筋合意」。

地域の声が、生活する人の声が、政治に届
いていない。それどころか、真逆の行動を
している。

だからこそ、みなさんの、地域の声を代弁
する政治家を!

変える道筋ははっきりしている。

市民と野党共闘だ。
私は、その先頭にたって奮闘する。

演説会には、この地域の民進党、社民党、
新社会党、総がかり実行委員会から激励の
メッセージが寄せられた。
初めてのことだ。

ともに力をあわせよう。
こんな趣旨で訴えた。

そういえば、若い人のなかで和楽器バン
ドの「千本桜」が大ヒットした。
「・・・東奔西走なんのその・・・」

安倍政権が、国民無視の「なんのその」
と歌っているなら、今度は国民の側から
「なんのその」と反撃だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日欧EPA、カヤの外! | トップ | 核兵器廃絶への道 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。