社会はかわるし、かえられる!

格差社会の縮小めざして、誰もが安心できる社会をめざして!

国政の私物化

2017-05-19 06:49:24 | 日記

安倍首相の周辺がざわめいている。
「お友達内閣」と言われて久しい。
極右の「同志」ともいわれる「森友学園」
問題は、典型的な政治の私物化だ。

そして「加計」問題がいっきに噴き出た。
安倍首相は、森友問題とともに「いっさい
関与していない」の一点張りだ。

ともに昭恵夫人が「名誉校長」として名が
登場している。
どんな関連資料が出されても、疑惑をみず
からはらそうとしない。

これでは隣国の大統領の「私物化」と同じ
ではないか。
真相究明は国会の責任だ!

こうした「私物化」とともに、深刻な事態
は、安倍首相の「極右」的政策が、まとも
審議なされない、国民もよくわからない法
案が、自民・公明、その補完勢力で、強行
採決を繰り返していることだ。

秘密保護法、安保法制=戦争法、そして今
また「共謀罪」法案だ。

審議時間が過ぎたからと、今日にも強行採
決を決行しようとしている。

内心の自由、一般人が逮捕されないか、刑
法の大原則を崩してしまうのでは、憲法19
条違反、そもそも戦前の「治安維持法」と
どう違うのか。

まともな答弁はひとつもない。

それどころか、花見にビールと弁当を持っ
ていれば一般人、地図や双眼鏡なら下見だ
と大臣が答弁するなど、いい加減なものだ。

自民・公明の国会議員の「劣化」が止まら
ない。
国民の声を反映させようとしない。常に安
倍首相のトップばかりを見ているのではな
いか。これではヒラメ教師と同じだ!

小選挙区制は、自民党を個人独裁の政党に
変質させているのではないかという不安が
でている。

だから「TPP断固反対」を主張しても、こ
ろりと態度を180度かえてしまう。
イエスマンに成り下がっている。

このままでは国民の声が政治に反映されな
い。

まずは選挙で、自公とその補完性旅行を少
数にするしかない。

その前に、今日の強行採決は絶対やめよ!

「共謀罪」反対の釧路駅前緊急集会 5月18日
次回は23日火曜日!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« UTMをすり抜ける! | トップ | またまたまたも強行採決! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。