社会はかわるし、かえられる!

格差社会の縮小めざして、誰もが安心できる社会をめざして!

安心の政策パッケージ

2016-10-11 07:23:53 | 日記

高齢者や若い人とお話しして一番に感じる
のは「不安」というキーワードではないか。

高齢者は年金削減、医療・介護の負担増。
若い人は、非正規と低賃金、そして将来も
給料は上がっていかない。介護職場にその
傾向が顕著にあらわれている。介護保険の
導入時に一番懸念していたことだ。そして
「保険あって介護なし」がさらに進行する
気配だ。福祉が人権ではなく、マーケット
化されつつある。新自由主義のあくなき膨
張だ。

国の政策によるところがほとんどだが、地
方自治体も、本来の「行財政改革」ではな
く、「福祉削減改革」であった。

3割、あるいは1割自治ともいわれる地方
自治体。その力をつかって、どれほど市民
に生活の「安心感」をもってもらえるか。

そのための「住んで安心、子育てして安心
の包括的政策パッケージ」を提案したい。
 →政策協定書の1ページの後半を→→

この「安心の包括的パッケージ」は、さら
に若者、大学生、子育て世代など多くの市
民の智恵をとりいれて豊かにしたいと思っ
ている。

これが「トリクルダウン」経済への、地方
からの反撃だ。

リーディングカンパニーによる域内経済の
引き上げだけでは、域内循環がなかなかプ
ラスに転じない。

リーディングカンパニーとともに、下から
の底上げが必要だと思っている。

福祉と経済の有機的結合の端緒としたい。

追記
カタカナは分かりにくいという声が寄せら
れました。
すみません。反省しています。
・リーディングカンパニー
  その業界を引っ張っていく企業
・政策パッケージ
 最近よく使われる言葉です。具体的な事
 例であるひとつひとつの政策をいくつか
 まとめあげ(パッケージ)ているもの。
・マーケット
 ここでは単に市場
・トリクルダウン
 雨のしずくがしたたり落ちるように、大
 企業が儲ければ儲けるほど、庶民にお金
 がしたたり落ちて豊かになるという「経
 済理論」。昔は「ダム 論」ともいわれ
 た。今は提唱者も否定し逃げている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 健康と運動 | トップ | 減債基金 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。