社会はかわるし、かえられる!

格差社会の縮小めざして、誰もが安心できる社会をめざして!

君を乗せる舟

2016-09-18 08:39:58 | 日記

「髪結い伊三次捕物余話」の文庫本第6
巻の最後のお話し。青春のほろにがさと
ともに、スピード感のある展開であった。
5巻の暗さと比べたら様変わりとなって
いる。

宇江佐真理さんは、昨年の11月に亡くな
られたが、ライフワークともいわれる代
表作が「髪結い伊三次捕物余話」だ。
亡くなられてから、少しずつ読み始めた。

これがなかなかおもしろい。
江戸時代の髪結いと芸者の恋と結婚、そ
のなかでの捕り物が展開されていく。
貧乏な髪結いと芸者のとりあわせは普通
では考えられないところがおもしろい。
伊三次は十手をもたない「小者」として
活躍していくが、上司の同心をはじめ、
みんな欠陥人間ではないかと思われるほ
ど人物描写がすばらしい。スーパーマン
は誰もでてこない。
いわゆる江戸の「市井」ものだ。

時代小説の醍醐味は、市井の人情ものの
なかにあるのではないだろうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月の雨 | トップ | 彼岸 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。