社会はかわるし、かえられる!

格差社会の縮小めざして、誰もが安心できる社会をめざして!

未来の子どもたちに原発ゼロを!

2017-03-13 07:09:06 | 日記

東日本大震災から6年。
津波の恐ろしさとともに、原発事故による
放射能汚染でいつ故郷に帰れるのか、まっ
たく見通しのたたないことだ。福島では、
いまだに8万人も避難を強いられている。
さらに終息の見通しさえない。

アメリカのスリーマイル、ロシアのチェル
ノブイリ、そして日本のフクシマ。

原発は他の科学技術と比べても、比較にな
らないほどの災害をおよぼす。地理的に、
空間的に、そして未来を奪う時間的にも。
想像をはるかにこえる災害なのに、安倍首
相と自公政権は6年目を区切りとしたい意
向がみえみえだ。

何回も挑戦してようやく撮影した2号機の
圧力容器下の足場。1メートル四方の巨大
な溶けてできた穴を見て、驚かざるを得な
い。人間が近づけば数秒で死んでしまい、
ロボットでさえ壊れてしまう。こんな実態
でデブリは安全に処分できるのか。

廃炉費用21.5兆円という数字もあやしい。
そのうえすべて電気料金と税金だ。

東芝を破産寸前に追い込んでいるのも原発
だ。原発産業は、ハイリスクハイリターン
の「斜陽産業」となっている。

コアキャッチャーもない日本の原発を、世
界一安全だとして売り込む。さらに、災害
列島であるにもかかわらず、再稼働を急ぐ
安倍政権。

未来の子どもたちへのプレゼントとして、
原発ゼロという日本をぜひ実現したい。

そのためには、まずは安倍政権の退場だ。

日本共産党27大会のビデオ・エッセンス
ができた。(19分) こちら→→

安倍政権を倒す道筋が明らかに!

追 記 (11日付赤旗)
赤旗には毎日の放射線量が掲載されてい
る。6年たっても異常な高さだ。
双葉町(石熊公民館)           2.629
葛尾村柏原地区                    2.061
浪江町(ひまわり荘)           0.480
福島市(県北保健福祉事務所)0.17
神奈川県茅ヶ崎市                 0.037
   マイクロシーベルト/時
   高さ1メートルのガンマ線

こうした責任は誰もとっていないのでは?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウソを射抜く! | トップ | ふざけるな! 100時間 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。