goo

プロと料金。。。

石川です。

今回のテーマは「プロと料金」について。

よくある話しですが、友だちにプロのイラストレーターがいたとして…

「ちょっとイラスト描いてくれない?」

「友だちのよしみでタダってことで…」

コレはおかしい話しですよね。

プロはそれを仕事としてお金をもらっているのです。

お裁縫とかでもあるかな?

「自分苦手なのでチョチョッと縫ってくれない?」みたいな?

正規の料金ならなんの問題もありませんが…

友だちとして優先的にやってくれる、あるいは多少料金をおさえてくれる、くらいならわかりますが…

そもそも料金はプロ側が決めることではないでしょうか。

プロ級の腕がありながら趣味でやっているならまた話しは変わってきます。

ソレを仕事にしている人に頼むときは注意が必要。

頼まれたプロが自ら「タダでいいよ」と言うのは構いません。

ダンスのプロも同じく「手に職」のパターンです。

デモなどで割り引きくらいはわかりますが、あまり安価にすると自ら価値を落としてしまうことになる。

人間関係もあって難しいところもあると思いますが…

最後に一つ有名なお話しを。

ある日、ピカソに見知らぬ女性が小さな紙を持って話しかけてきました。
「私あなたの大ファンなんです、この紙に何か絵を描いてくれませんか?」
ピカソは彼女に微笑み、たった30秒ほどで絵を描きあげました。
そして、彼女へ手渡し「この絵の価格は、100万ドル(約一億円)です」
「えっ、この絵を描くのにたったの30秒しかかかってないですよね?」
「30年と30秒ですよ」


そこまでに膨大な時間とお金がかかっているということですね。

私たちでいえば、ルンバウォークの見本を一歩見せて100万円、と言っているようなモンか?

確かにこの一歩のために相当量の練習とお金を使っているかも(笑)

ボールルームでいえばナチュラルターンで1000万とか(笑)

これは大げさとしても料金に見合うダンサーになるべく努力しないと、ですね。

それでは、また。。。

『スプリングスタジオパーティー』のお知らせ(←クリック!)
■2017年 4月29日(祝、土)16:00~20:00
■前売4,500円 当日5,000円(ドリンク・軽食付き)
■ドレスコード…花or花柄


【動画レッスン】YouTube(←クリック!)
【プロデモ動画】YouTube(←クリック!)
『フォトチャンネル一覧』(←クリック!)
◆動画レッスン・基本・ルンバ・チャチャチャ編DVD、発売中◆(←クリック!)
◆動画レッスン・サンバ編DVD、発売中◆(←クリック!)
←1日1回1クリック!
☆携帯・スマホからもクリック!ご協力ありがとうございます♪
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 今度の燕尾は... 明日はコンペ... »
 
コメント
 
 
 
そうです (そうです)
2017-04-22 08:49:03
日本人は特に、平和と水と空気はタダ感覚で
見えない物、ソフト、技術に金を出さない傾向があります。
ちょっちょっとやってよ  ついでにやってよ 多いですね
 
 
 
そうですさんへ。。。 (石川)
2017-04-23 00:08:04
多くの人はわかっていると思います。
が、一部(結構?)よくわかっていない人もいるのでしょう。

ダンスも身につけた技術、外見でわかりにくい場合もある。
料金設定など難しい一面もありますね。。。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。