お気楽ユッコの気まぐれ日記

日頃感じる事や、国内外の行く先々の美味しいグルメや観光スポットを独自の目線と本音で発信して行きたいです。

伏見稲荷大社前の「中華そば 海や」と「まるもち屋」でランチとかき氷を堪能🎵

2017-07-01 08:20:00 | グルメ・カフェ(京都、他県)
6月23日の金曜日に、息子と一緒に石峰寺と伏見稲荷大社に拝観にした際に、ランチをした中華そばのお店「海や」がこちら↓


稲荷駅から歩いてすぐの商店街の中にあり、空腹状態でラーメンを食べたいと言っていた息子の意向で、このお店でランチをする事に🍴

私達は、味噌ラーメン&唐揚げセットと担々麺&チャーハンセット、そして焼き小籠包をオーダー(^^)d
味噌ラーメン&唐揚げセットがこちら↓


担々麺がこちら↓


昨年、塩分が相当入っている担々麺を食べた次の日に、血圧が一気に上がってしまった事があり、それ以来担々麺を控えてたのだけど、この日は息子のリクエストもあり、解禁(^o^;)
でも、ここのお店は中国人?が経営されてる中華のお店らしく、香港で食べた時の唐辛子で辛い感じの担々麺だったので、美味しかったし血圧にも影響せずラッキーだったf(^^;
更年期のお年頃の私は、外食にも気を遣わないといけないから大変なのだ、、
チャーハンがこちら↓


焼き小籠包がこちら↓


焼き小籠包は、皮がパリッと焼けていて、中味は普通の小籠包の様にジューシーで美味しかった👍
行列が出来るお店で有名な台湾で食べた" ティン・ダイ・フォン "の飲茶を思い出してしまった(*^^*)

この日は丁度小林麻央が亡くなった事が分かった日でもあったので、幼い子供を残して旅立たないといけないなんて本当に無念だっただろうと、お店のテレビで流れてくるワイドショーを観ながら複雑な思いで食べていた。

何だかんだと言いながらも、こうやって息子と一緒にランチが出来る事に感謝しなきゃ、、

その後、石峰寺&伏見稲荷大社を拝観後、すっかり喉が乾いた私達は冷たいものを食べようと言う事になり、美味しそうなかき氷の看板につられて「まるもち屋」さんでかき氷を食べる事に🌠
「まるもち屋」がこちら↓


お店に入る決め手となったかき氷の看板がこちら↓


他の商品はこちら↓


お店の正面には、このお店の看板商品の" まるもち "が売られている↓色んな種類があって美味しそうだった(^^)d
息子はみたらし餡のまるもちを買って食べたが、美味しかったとの事🎵


メニューがこちら↓


私達は、黒蜜かき氷をオーダー🎵中にチョコのお饅頭も入ってて、黒蜜と練乳のかき氷との相性も良く美味しかった👍


この日の京都は33度もあって真夏の様な蒸し暑さだったので、神社仏閣巡りをしてる間にも相当な汗をかいてしまったf(^^;
なので、塩分の濃い目の中華をランチで食べて、かき氷で水分を補うくらいで丁度良かったと思ってる(^^)d

この「まるもち屋」のスタッフさんは英語も堪能な綺麗な女性で、愛想も良く、さすが京都だなと感心してしまった🌠

伏見稲荷大社の参道沿いの商店街には他にも沢山のお店があって、歩いて見てるだけでも楽しい🎵

今回は息子がお友達との約束を控えていた事もあり、伏見稲荷大社の千本鳥居までしか参拝出来なかったから、又いつか頂上まで参拝したいと思ってる(^^)d

この商店街にもその際にはゆっくりと見て回り、グルメも楽しみたいな🎵

「まるもち屋」については、こちらを参考にしてネ


「中華そば 海や」
京都市伏見区深草稲荷中之町61 D’sファースト1F
電話:075-643-5576
最寄り駅:稲荷駅[出口]から徒歩約2分
営業時間:11:00~21:00

「まるもち屋」
京都市伏見区深草一ノ坪町26-3
電話:075-643-6381
最寄り駅:伏見稲荷駅[出口2]から徒歩約1分
営業時間:10:00~17:00
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「石峰寺」〜伊藤若沖の五百... | トップ | 「伏見稲荷大社」〜稲荷大神... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。