感じるままに・・大人の独り言

日頃感じる事や、国内外の行く先々の美味しいグルメや観光スポットを独自の目線と本音で発信して行きたいです。

良心は内なる神様である事を忘れないで🌠

2017-08-09 23:25:00 | ちょっと真面目なお話
昨日は台風一過の不安定なお天気の中、亀山市と伊賀市に、今日は名張市に出張に出掛けてたので、流石に疲れてしまった、、(*_*)

ご長寿台風による被害も思ってたより少なくて、本当に良かった。


最近、津市内の至る所で交通事故の目撃情報を募る立看板を見かける。要するに、ひき逃げや当て逃げが非常に増えているみたいなのだ(*_*;

これまでに私の知っている限りでも、息子の同級生の男の子二人がひき逃げ被害に遭ってて、二人共いまだに犯人は捕まっておらず、泣き寝入り状態らしい(;´д`)

両方共に犯人は、" イイ年のオジサン "だったそうだ。
いったい、この国のモラルや秩序と言った道徳観念はどうなってしまったのだろう。

いくら慌ててたり、相手が急に飛び出して来たとしても接触してしまったら、それはもう立派な" 人身事故 "である(`へ´*)ノ

現に、息子の同級生の男の子達は二人共怪我をして自転車も壊れてしまったらしい。
それを見て見ぬふりをして、置き去りにして逃げるなんて言語道断、男の風上にも置けないどころか人としてどうなのよッ⁉️って感じだ(*`Д´)ノ!!!


自分の子供が同じ目に遭ったらどう思うのだろう(>_<)

そんな罪を犯してしまったら、きっと倍返しどころで済まないバチがブーメランの様に自分に返って来るだろうし、自分に返って来る分には自業自得だから仕方がないとしても、もしそれが大切な家族に降りかかって来たとしたら、どうするのだろう。

私の場合、ちょっとでも良心に恥じる" 良からぬ行い "をやらかしてしまった場合、必ずバチが当たる( ̄▽ ̄;)
それも昨今は、時差なく即効で返って来るのだからたまったもんじゃあない((((/_;)
だから、悪い事は出来ないし、したくない、、と言うか、バチが当たるのが怖くてやらないのじゃあダメで、ヤッパリ良心に恥じる行いはしてはダメなのだ。人として。


それより何より、自分の良心が絶対に許さないから悪い事はやってはいけないと思う人が少なくなって来てると思うのは、私だけなのだろうか⁉️
と言うより残念な事に、こんな事をしたら良心が痛まないのだろうかと思ってしまう人が余りにも多い、、(/_;)
なんて嘆かわしい世の中になってしまったのだろうか。

私が尊敬している" 伊勢白山道・リーマンさん "が「自分の心の中にある良心は、自分の中に存在する神様だ」と言ってたが、本当にそうだと思う。
だから、良心に恥じない生き方をする事は、神様にも恥じない生き方に繋がると私は頑なに信じているのだ。

随分昔、パソコンのインストラクターのアルバイトを数ヶ月間だけしていた事があって、その時の同僚に私より7才年上の" ヨネチャマ "と呼んでた女性がいた。

彼女は" バカ "が付くくらい正直で真っ直ぐな人柄の上に稀にみる奇特な女性だったので、私は彼女が大好きだったし、彼女から教えられる事が多かった。

そんなある日、ヨネチャマがマスクをして出勤して来たので、どうしたのか尋ねたところ、「昨夜、スーパーの駐車場で車を止めてて、ドアを開けようとしたらスゴい風で、急に開いたから、隣の車に当たってキズをつけちゃったの(>_<)
だから、相手の人が戻ってくるまで寒い中待ってたら、風邪引いちゃって、、」と言うのだ(((^^;)

結局ヨネチャマは、その車の持ち主が戻って来るまで三時間以上待って、その人にちゃんと謝った上で修理をさせて貰う事になったんだそうだ。
私はそれを聞いて、私なら同じ事が出来ただろうか、、と自問自答してしまったf(^^;

大概の人は故意か不本意か、きっとその場を立ち去ってしまうだろう、、
私も例えメモは残せたとしても、持ち主が戻って来るまで待てなかったかもしれない。

ヨネチャマとは結局、たった半年程の短い期間を一緒に働いただけで、私も別のお仕事についてしまったし、彼女もご主人の転勤で静岡に行ってしまったので、その後会ってはいない。
でもそれ以来私は、何か困ったり迷った状況に陥る度に、「ヨネチャマならどうするだろう⁉️」と考えて判断する様になった。

彼女はきっと、私が誤った道に進まない為に、神様が私のもとによこしてくれた" 観音様の化身 "だったのかもしれないと、そんな風にさえ思っている(*^.^*)


有難い事に、ヨネチャマに限らず私の周りには、愉歩さんやサッチャンにしても、名古屋の親友達にしても、良心に恥じない生き方をしている、私にとってお手本になるお友達ばかりが存在してくれている👍

世の中の人が皆、ヨネチャマの様な人ばかりなら、きっとあの目撃情報を募る立看板が立てられる事も無いだろうに、、と、その前を通る度にヨネチャマを思い出してしまう私なのであるf(^^;

「誰の心にもある良心には、神様が宿っている」、そう信じて良心に恥じない生き方が出来れば、世の中はきっと平和で争いの無い幸せな世界になると、私はこれからも信じて生きていきたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和の思い出⑧-1「金髪リーゼ... | トップ | 昭和の思い出⑧-2「金髪リーゼ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ちょっと真面目なお話」カテゴリの最新記事