お気楽ユッコの気まぐれ日記

日頃感じる事や、国内外の行く先々の美味しいグルメや観光スポットを独自の目線と本音で発信して行きたいです。

「美女と野獣」〜大人になったエマ・ワトソンの輝く演技が美しい💕

2017-04-29 18:51:00 | 映画・ドラマ・動画
今週の火曜日、平日休みを利用して「美女と野獣」を観に行って来た(^^)d


貴重な平日休みを有効に使うべく朝イチで観て来たのだけど、吹き替え版だったのが残念だった(ToT)
折角のミュージカル映画だったから、エマ・ワトソンの生の歌声が聞きたかったなぁ、、と最後まで後悔していた私(;_;)

でも、日本語バージョンの吹き替えを担当した、ベル役の昆夏美の透き通る声も素晴らしかったので、良しとしよう👍


この映画はディズニーアニメの実写版と言うだけあって、スケールも大掛かりだし、とにかく映像もストーリーも美しくてロマンティックな仕上がりとなっている🎵
最後のシーンの、エマ・ワトソンと野獣のダンスシーンなんて、うっとりするくらい美しくてお伽噺の世界そのものだ(*^^*)


ストーリーとしては全てを書いてしまうと面白くないので、HPより抜粋した↓を参考に、是非実際に観に行って頂きたい💕

「ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか…?」


一生の内に" 真実の愛 "に出会える人は幸せだと思う。
では、その" 真実の愛 "とはどの様な愛を指すのだろうか。

情熱的で激しい炎の様な" 愛 "を言う人もいれば、穏やかで静かな" 愛 "だと言う人もいるだろう。
大切なのは、相手の見かけや生まれ持っている環境に目を奪われ惑わされるのではなく、その人の本質や価値観を認めてその人自身を丸ごとリスペクト出来るかどうかだと私は思う。

フェイクな愛は、人を不安にさせたり奈落の底に陥れたりもして、その先にあるのは決してハッピーエンドとはいかない。

でも、真実の愛は人を優しく目覚めさせ、更正させる事さえ可能なのだ。

「美女と野獣」は、人間の値打ちは見かけじゃなく、本質にある…その事を改めて考え、再認識させてくれる映画だと思う(^^)d


今日からゴールデンウィークが始まった👍
時間があったら是非この映画を観て、見せかけの愛と本当の愛について考えてみるのも良いかも🎵

この映画の" エンドソングの、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌う「美女と野獣(英語タイトル:Beauty and the Beast)」もスゴく良いよ👍

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ただ今、運気上昇中👍菓子博目... | トップ | ゴールデンウィーク前半スタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画・ドラマ・動画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。