伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

人生の本質は静寂だった

2017-10-07 11:38:56 | 老子の人生論

参考記事:老子の言葉 第十六章「生きる意味

老子の人生論」第十六章

自分の心を常に空白にして置こう。
そうすると、身の回りでは色々な出来事が起こっていましても、黙ってそれを静観していれば、過ぎ去って行くことが良く分かります。

だから命だって同じなんだよ。
生まれた命は、みんな必ず過ぎ去って逝く。
すべての命は、たった1つの大きな根源へと必ず帰るのだ。
コノ世では分離していたが、誰もが死ねば大いなる1つに帰るのさ。

大きな1つの命に帰る過程を「静寂」と呼びます。
過程とは、人生そのもののこと。
人生は激しく動いているように見えるだけであり、本当は静寂へと帰る過程なのさ。

人生の本質が静寂であるということに気付くには、知恵が必要だ。
起こっては、必ず消えて行く過程を静観することで、人生は静寂であることが良く分かります。
この法則に気付いた者は、「大いなる知恵」に触れています。

この知恵が無い人は、人生で必ず迷います。
行き当たりばったりで右往左往します。
人生が静寂であることを思い知った人間は、

・ どんな人も、真に公平に見ることが出来ます。
・ 他人や社会に、懸命に尽くしたいと思います。
・ 人生を心から楽しむことが出来ます。

このように成れた人は、人としての真の王様です。最上の人間です。
こういう人間が歩く過程(人生)は、誰もが歩くべき「道」を残します。
その道は、永遠という存在に誘導してくれる道なのです。

(感想)
人類の英知が、ここに炸裂しています。
人生、その意味、行き先、歩き方、宇宙。
このすべてが、この項に表現されています。

この騒々しいコノ世が、嫌になるほど動く自分の人生が、
・ 実は、静寂なんだよ。
と老子は言っています。

先が見えない夜の、不安定な荒波の中に誰もが居ると思い込んでいます。
だから、誰もが先行きを心配しています。
でも老子は、そう見えるだけであり、

・ 波は来ても、必ず去って行くことを静観しなさい。
・ 本当は、何も起こっていないのだ
・ 大いなる母性の命へと、誰もが帰るから心配するな。

命を意識した時に、コノ世を冷静に見ることが出来ます。
すべての肩書き、立場、貧富の先入観が吹き飛び、命からの視点ですべてを見ることが可能に成ります。
その時に、真に公平で中立で、冷静な判断が人は出来るのです。
これを「知恵」と、老子は呼びます。

静観という知恵を得た人は、
大いなる母性へと死んでから帰って逝くだけが人生だと心から分かり、大安心します。
そうすると、生きている短い間は、

・ 何でも思いっ切りやってやるぞ!
・ 何でも来い!
結局、すべては来て過ぎ去って行くだけではないか。それの何を恐れようか。

・ よし、他人に良いことをしてやるぞ!
・ どうせ消えて行く命ばかりではないか。明るく、与え尽くしてから死んで行くぞ!

このような心境に至った人間は、人生を心から楽しむことに成ります。
何をしても、コノ世で成功がしやすい人に、自分が望まなくても成ります。
すべては静寂に帰る。自分も帰る。
これを忘れないで、生活を楽しみましょう。


生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (548)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酸素濃度が人類の絶滅を左右する | トップ | 「紙に書いてないから、良い... »

548 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-10-07 11:42:19
よい話だなぁ・・・・・・・・・・
質問 男性 (今日は匿名)
2017-10-07 11:46:03
やるだけやって法律事務所からの連絡をまっていますが、これでいいのでしょうか、何かアドバイスがあれば教えてください。
静寂 (のに3987のように)
2017-10-07 11:46:44
リーマンさん、いつもありがとうございます。
静寂、いいですね。
心穏やかに残りの人生を精いっぱい生きようと思います。
以前のブログを読んで、13日のスケジュールに隕石注意、と自分で予定を立てていました。
隕石にどうやって注意する?とも思いながら。
何か回って来て月と地球の間を通るんじゃなかったかなぁ?
どうなっているのでしょうかね?
静かの海へ再び (1001)
2017-10-07 11:48:50
米国は月探査を再開すべく、副大統領をトップに据えた国家宇宙評議会を24年ぶりに開催しました
http://www.asahi.com/sp/articles/ASKB61FN6KB5UHBI03L.html?ref=yahoo

時を同じくして、NASAから月に関する情報公開がありました
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171007-00000013-asahi-soci

今後は月に関する超弩級の事実
http://isehakupedia.wiki.fc2.com/m/wiki/%E6%9C%88%EF%BC%88%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%89%A9%EF%BC%89
が米国から小出しにされるかもしれません

※人生の本質は【静かの海=月】の影響だった

と明らかになる日が来るかもしれません
今日の記事は (Unknown)
2017-10-07 11:48:58
心に沁みました。
静寂でありたいと思っているのですが、起こる出来事に翻弄される事が多いのです。まだまだですね。
穏やかに穏やかに生きたいです。
おはようございます (よこけい)
2017-10-07 11:51:55
今日もどうもありがとうございます。
心を亡くすことで疲れてしまうときもありますが、毎日、お昼前にこのブログを開きリセットされます。

真ん中がズレていたり、呼吸が浅くなっていることに気が付き、程よく脱力する貴重なひとときとなっています。

修行のような人生を、大切に過ごしていきます。

急に寒くなりましたので、どうぞ、ご自愛ください。
Unknown (のりり)
2017-10-07 11:52:03
りーまんさん

こんにちわ

わ-い楽しんで行きます。
私のいままでの人生はあまり深く悩まず次の日には何とかなるさの気持ちで来ました。

でも嫌いな人種もいます、自分の持っているものを他人に自慢する人たち、、、その方々の下品さにうんざりしたときもありました。

りーまんさんが自分の持ってるものをひけらかす人は本物ではないとおっしゃているのを聞いて、私が嫌いなのが腑に落ちました。
ただの羨ましい妬みを私自身が持っているのが嫌でしたが、そうではなくてその方たちが自分の持っていたものをひけらかし、他人に嫌な思いをさせているのかも?と思いました。

私はこのような方にはなりたくありません。

自分の持ち物はこの世だけのもの、地位もお金も名誉も、、、このような肩書きに屈することなく私は中道、平等に人を見たいと思います。

本当の安心は退屈だなと思えることのように思えて来ました。今で私には十分なのだと思います。
感謝 (Unknown)
2017-10-07 11:52:11
本日も貴重な記事をありがとうございます。
今日の老子の言葉と解説には涙がこぼれました。心に響きました。
命の素晴らしさ、生きていることの有難さ、それを一緒に共有すること、この世で生活できることの奇跡、全てがつまっています。有り難く思います。
リーマンさん、全ての命は1つに戻るのですよね。そこで必ずお互いに再開し融合する。静寂である。
今在ること感謝と奇跡を覚えます。ありがとう御座います。
Unknown (外宮が大好き!)
2017-10-07 11:52:25
今週もありがとうございました^ ^
感謝 (Unknown)
2017-10-07 11:52:41
日々の記事、心より感謝致します。
今日も大切な記事に出逢う事が出来ました。
有り難う御座いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

老子の人生論」カテゴリの最新記事