伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

神戸大震災とカゴメ歌

2008-04-17 19:09:38 | Weblog

(リーマン) 戎神=太古に封じられた神の因縁があるようですね。
戎神社は関西に多いのです。特に神戸、神のトビラである地域です。

(読者) 戎神=太古に封じられた神は、大国主神(=おそらく国常立神)ではないでしょうか。大国主神は、平安時代に、戎神に習合されています。

(読者) 神戸の震災はイザナギ神がおかくれになった淡路島を震源として、神の戸である神戸を通過し西宮戎の西宮まで被害が及びました。
一方揺れがあったものの、その範囲外のところは隣地(明石市、尼崎市、三田市など)でもほとんど無傷でした。あの震災には以前リーマンさんは日本の霊的精算があったとお書きでしたが、それはどのような内容でしょうか。

童謡「かごめかごめ 籠の中のは いついつ出やる
    夜明けの晩に 鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ?」
この童謡に関する霊的解釈は、過去多くの方が解釈をされて
いますが、ここで私の独断のリーディングを書きます。

まず観えて来る時代は、今から100年程前の現在の神戸の
港の姿でした。 貿易業に関係する事業家の縁で、香港から
道教の強力な導師が、その頃の神戸に帰化している様です。
その方は、神戸の地において、遥か背後に存在する白山方
面から淡路島方向に通じている、地球レベルの磁気の流れ
(龍道)を感知して当時の神戸の町に、この地磁気の流れを
貯めて利用する方向へ町の開発を、当時の実力者に提案し
て実行させた様です。それが功を奏して、その後の神戸港は
大きく発展したようです。
そして時代が過ぎて、1980年代頃からのバブル景気を起因
として、神戸の再開発が大きく始まりました。
神戸は、太古の前回の文明では重要な都市だったようです。
甲山を始めとして、神霊に関わる遺跡が沢山存在します。
それらが再開発で破壊され始めていました。
また、道教導師が地磁気を塞き止めていた封印の建造物や
道路も無くされた様です。
これ以外にも、色々な霊的なタイミングが重なり、封印の崩壊
が引き金になり、長年の白山方向から淡路島方向への龍道
が開かれ、その反動は100年間以上の滞積反動が一挙に
淡路から神戸に返流しました。龍道の磁気の流れは、循環の
為に1往復が1つのサイクルになります。
そして、神戸大震災が夜明けの晩に発生しました。

神戸で龍道への干渉が始められた100年程前、これを見て
いた当時の古神道家である荒深道斉がカゴメ歌の作者であ
ると
私には観えます。
彼は、この影響が未来に大地震を起こす切っ掛けになる事を
幻視して、歌にしたのです。 民間に童謡として伝わったのは
神意が在ったからでしょう。
歌中にある「籠の中の」については、鳥は神霊を現す隠語
です。伊勢神宮でも神域において鶏をとても大事にしてます。
問題は、「囲(かこ)め囲め・・・籠の中」 これは、地域を現し
ます。
①阪神大震災により、淡路島と白山を結ぶ龍道が開けら
  れた。
②去年の能登半島大地震により、白山と伊勢を結ぶ龍道が
  開いた。
③最後のトドメは、伊勢と淡路島を結ぶ龍道です。
これが開けられた時、淡路島ー白山ー伊勢の大三角形の籠
(かご)が完成します。

③の大地震が何時起こるのかは、地球霊である国常立太神
の眷属神である大地龍の動きを観ていくしかないです。
現在、世界には8体の大地龍が存在してます。
先月のチベット騒動の時、ダライ・ラマの勧請により大地龍の
1体が地球深奥から浮上して、現在、チベット近辺からX京に
向けて龍頭が向いています。
日本では、東海地区の地下深奥に一体存在しますが、まだ
伊勢と淡路の間を走る気配を見せていません。
龍頭は、何故かX京を向いています・・・・・。
「内在神への道」が発売されてから、従来のネット読者以外の
方々の感謝想起が加わり、かなり地龍を鎮め易く成って来て
います。 たとえ③の地震が発生しても、被害が最小限に治
まる様に祈っています。

今回は、読者の質問である震災の霊的清算などについては、
回答出来ませんでした。 カゴメ歌の解釈も、これはホンの触
りに過ぎません。 これらの質問の霊的意味は深いので、
いずれ書きます。

生かして頂いて ありがとう御座います

人類の 5% 運動を広めたいです。
   
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
初めての人は、左側のCATEGORYを読んで下さい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (143)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 利益信仰は戒めへ | トップ | 現実が大事です »

143 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました (Shimondego)
2008-04-17 19:19:55
リーマンさん 今晩は。

昨日の質問を今日の本文に取り上げていただいてありがとうございます。

埋め立てに使った膨大な土砂の切り崩し。その時に開けてしまった何か。そして猟奇的な事件が幾度かあった震災後。

また、昨日の地震の震源近くにある淡路と神戸と四国をつなげる橋など。いろいろ気になることが多いです。

ただ、霊能者でない私にはまた明日もたんたんと線香三本供養です。

今日も生かして頂いてありがとうございます。
こんばんは (cocoro)
2008-04-17 19:25:41
リーマンさん、毎日の更新ありがとうございます。
今日もお仕事、お疲れ様でした~~。
ふ~っ。すごい深いお話ですね。
でも、感謝想起がずいぶん行われているようでよかったです。
生かして頂いて ありがとう御座います。
携帯版PR ヒサビサ (``r(^^;)ポリポリ)
2008-04-17 19:28:22
携帯から5%クリック・検索ツールを使うにはこちらをどうぞ
http://www.geocities.jp/poriporry/m/
カテゴリー別記事・全過去記事も見られます。
伊勢神宮 (美子)
2008-04-17 19:28:39
リーマン様

今日もブログ更新感謝申し上げます。
かごめ歌の興味深い内容・・・続きも楽しみにしております。

さて、伊勢神宮旅行を着々と計画中です。
そこで読者のみなさまにお聞きしたいのですが・・・。
外宮から内宮へはバスが出ているようですが、内宮から伊雑宮へ行くにはバスがでているのでしょうか?
タクシーではどにくらいの時間でしょうか?
それとも電車のほうが良いのでしょうか?
どちらにしても帰りは上之郷から電車ですが・・・
どなたか教えていただけないでしょうか・・・。

今日も生かして頂いてありがとう御座います。
今日も (もーりー)
2008-04-17 19:37:55
すごい内容ですね。童謡の中に隠されているんですね。童謡には何か意味深でちょっと聞いただけでは意味がわからないものが多いですが、こういうことがあるんですね。
どこかの予言者が、今年9月に中国で、来年1月に大阪で大きな地震があると言っていたと記憶していますが、あながち間違いでもないのですね。
本当に被害が最小限であるようにしたいです。
身体感覚 (すら)
2008-04-17 19:40:10
こんばんは。
今晩も、興味深いトピックありがとうございます。
多分今朝方、私も目を覚ました瞬間に地震の揺れを感じながらも、「どこかな、でも大丈夫」と思いながら眠りにまた落ちていったことを思い出しました。

私は霊的垢の副産物(苦笑)として、体のエネルギーを感じることができます。感謝想起と短冊線香供養と筋トレ(笑)を始めてから間もないのですが、この感覚が徐々に強まってきているような気がするのですが、これは肯定的にとらえていいものなのか、気をつけるべきことなのか、ちょっと気になりましたのでコメントさせていただきました。
問題なければもちろんスルーで。

皆さんと一緒に、感謝想起で地龍を鎮めたいです。
生かして頂いてありがとう御座います。
Unknown (nori)
2008-04-17 19:46:04
今日の話興味深いですね・・・。

皆の意識しだいで、これからの地震や食糧難なども最小限に収まってくれれば良いですね。

個人的で関係ないことかもしれませんが、最近良く写真にオーブ?っぽいものがよく写ります。
結婚式とかに写るとああ、結婚した2人のご先祖さん見にきてるんだな~とかほんわかと勝手に思ってました。
が!最近異常なほど写りまくり何ですけど・・・。
このオーブ?って自分にご縁のある方々?なんでしょうか??
その場合、先祖供養で成仏していただけるんでしょうか??
変神 戎様 (鈴花)
2008-04-17 19:49:22
リーマンさん今日も更新ありがとう御座います。

市の氏神は西宮神社で関西では有名な戎神社(えべっさん)です。小さい時はえべっさんが遊び場でした。ww
一宮は西宮市からみて播磨国(穴栗市)の伊和神社(とっても遠いです)だと思うのですが、いつもリーマンさんが仰ってる、参って気持ちが落ち着く神社が、という事なので・・・又、近いという意味もありますが、私の産土神は戎神社のどなたかと思っています。今の町内の氏神様も山側にあるので北の戎様で通っています。西宮神社は年始と十日戎は多い時で一日40万もの人が参詣されます。

戎 = 戒め神・・・これから太陽の時代には八百万の神様方も、時代に合った変神をされるんですね。これから~この日曜日「えべっさん」にお参りしょうよぉ・・・なんて気軽に言えなくなりそうです。。。w

兜山はこの地域では(甲山)と言います。この甲山には三種の神器が隠されていると聞いた事があります。あぁ、もっと詳しく聞いておけば良かった・・・なにか騒々しくなって来ていますね・・・もっと感謝想起をして人類の集合意識に働きかけなければと心底思いました。こんな(失礼)援護射撃しか出来ません。


PS. コンさんの門松が逆さになっている謂れについて少し・・・十日戎の宵宮の深夜戎様が馬に乗り市中を見回りに出られます。昔の門松は背が大きかったらしく、若松の鋭い穂先や竹の先が馬や戎様(蛭子神は小さい方だった)に当たらないよう、三日間は門松を逆さにしたという事らしいです。

又、雨戸を閉め家の中で息を殺して・・・という事では、昔、好奇心旺盛な染物屋のこん家という人が宵宮の居籠の時に我慢できず、雨戸を少し開けて馬に乗った戎様を見たそうです。それを知った、戎様が染物屋を怒られたそうで、その時、染物屋は「畜生です」と言ったとか・・・それから後、その染物屋は「染物屋こん家」ではなく「畜生こん家」といったとか、いわれたとか。その逸話があるので息を殺してという言い伝えになったと思います。

居籠(いごもり)は、今でもそうですが、大晦日やお祭りの日は夜更かしをします。いつものように寝ている時間帯に雨戸を閉めていますが、家の中では夜更かしをして起きて籠もっている状態なので、居籠といいます。この風習は昭和の始め頃まで盛んだったようですが、今では古くから西宮神社の近くで住んでいる方がされているくらいです。現在のネット社会では常に居籠状態ですが。。。ww

生かして頂いて ありがとう御座います
神恩感謝 (わらび)
2008-04-17 19:52:17
僕は神社の近くに住み、感謝想起とご先祖供養を続けていますが、参拝する気にならず永らく神社には行っていませんでした。先週ふと感謝の気持ちだけ捧げようとお参りしてびっくりしました。ゴミは散らかり、浮浪者のような人があちこち唾を吐きながら歩き回り、挙句の果てに立小便までしていました。毎朝早くから参拝する鐘の音や小銭を投げる音、拍手を打つ音が聞こえていたので、よもやこのような状態になっているとは思いもしませんでした。正面に立った時、圧倒的な存在を感じ怖くなって「生かして頂いて ありがとう御座います」を必死に唱えて帰ってきました。その後あれこれ考える内に産土神であり氏神であり土地の精霊である方が恐ろしいわけが無い。ここに住ませて頂いている僕たちが神を穢しているんだと気づきました。次の休みは必ず掃除するぞと誓い、本日ようやく出来る範囲で掃除させて頂き、感謝を捧げることができました。掃除をしている間中感謝の念が湧いてきて内在神を感じていました。先週の恐怖感がウソのようでした。ここの神様はきらいな人間もいるけど天照太御神さまのことは好きでその為に働いておられるのかなあと感じました。帰りには雨で出てきたのか珍しいサンショウウオにも会えました。晴れても干からびない様にじめじめしてそうな茂みに置いてきました。今後も感謝想起とご先祖供養を続け、神社にも感謝を捧げて参ります。
生かして頂いて ありがとう御座います
キてます (joy子)
2008-04-17 19:53:17
ややっ 荒深 道斉 この人神意に触れてないですかっ?

最初の根源人種が日本列島に発生したとするあたりはリーマン説と近いものを感じマス
大石凝真素美さんも荒深 道斉さんもりまんさんに教えてもらった。
こんな巨人(トンでも霊人?)がいたのかとうれしくなります。今日もありんがトウです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事