伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

11月の「月間の自然観察日」

2016-10-29 09:40:07 | 月間の自然観察日



2016年11月の自然現象を、「月による“中潮”の切れ目」を重視して観察します。
天文現象( http://www.astroarts.com/phenomena/2016/11/index-j.shtml
月齢カレンダー(http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm?cmd=20161109120 月齢カレンダー データ提供 http://koyomi8.com/ より)
から考えて見ます。

* 11月の地球から月への距離の最遠日は、11月1日です。これより5日後は、11月6日です。月の最遠日から5日後・11月6日を注目して観察します。
(月の最遠理論:http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/7e974d15e950af1185a913cd34c7bea4

* 月の距離の最近日は、11月14日。

「満月」「新月」の日において、「大潮」が重なる日への注意をします
11月は、
* 11月14日
* 11月29日

11月14日:月最近。満月
11月16日〜19日:牡牛座のアルデバランを月が通過。
11月21日:月が獅子座の心臓レグルスの南を通過


*  月の下弦(11月21日)~新月(11月29日)。
の期間は「新月期間」(カレンダーの緑色線)であり、その一週間は自分の思いが反射されやすい実現週間です。従ってマイナス思考を持つことに注意し、特に良いイメージと軽く希望を思いましょう。感謝の参拝には最適な一週間です。

以上と、地球上空の電子状態(http://www.swpc.noaa.gov/products/goes-electron-flux   http://seesproxy.tksc.jaxa.jp/fw/dfw/SEES/Japanese/Data/docs_ja/ETS8/ETS8_DataGraph.htm)が乱れている日を、最優先で注視します。

上記カレンダーに加えて、「中潮」の危険日は、地球の電子状態を見て、随時お知らせします。

(感想)

10月31日。 11月14日。 11月29日
この3つの赤丸は特に注視します。
中でも満月の11月14日は、色々な因子が複数重なる特異日です。



日本列島を縦断する中央構造線(図の赤線)に沿った地震は、九州から始まり、今は鳥取県を始めとする中国地方を揺らしています。
これから、四国、岡山、関西へと移動するのかを警戒します。

直近は「偶然による国策(国魂)映画は有るのです」で説明した「相模湾」を注意しています。

11月は、米国大統領選挙も決着します。
両候補ともに今はTPPには反対を表明していますが、大統領就任から来年の春までに、官僚から説明を聞いてTPPに関して意見を変えるか否かを注目します。

日本は頑なに、「農業は日本から外国に攻めることが生き残る道」として参加に頑張っている態度を視ますと、米国の現政権からの強力な後押しを思います。

* 従って、もし新大統領がTPP参加に向けて意見を変更した場合。
やはり米国には政権を超えた、強力な政策決定集団が存在し、大統領は代理人に過ぎない証拠。
逆に言えば、日本の防衛面での安全は大丈夫 。

* 新大統領がTPP参加拒否を押し通した場合。
米国も行き当たりばったりであり、日本の防衛も非常に懸念されること。
過去の約束が、大統領の胸先三寸で変更される現実。

これを確認出来る良い機会だと思い、私は見ています。
ところで、アジアの暴言王がお帰りに成られました。報道によりますと、

* 国際的に物議を醸している自身の暴言について、今後はやめると約束する。
* 神のお告げがあったからだ。
* 日本からの帰途、機内で空を眺めていたら突然声が聞こえ、
「ののしるのをやめないとこの飛行機を落とす」
と警告された。
* お前は誰なんだと聞いたら『神だ』と言われた。だからもうしない。

このような内容でした。
私は、この発言の真意については2つの要素を思います。

(1)日本は期待通りの誠意の国だった。
自分が天皇陛下に会えなかったのは、偶然とは言え自身の不徳の致すところだと思った。
次は会えるような自分でいたい。

(2)自国から本当に米軍が去った後の展開を、日本側から具体的に聞いた。
やはり、米国をおちょくるのはシャレでは済まないことを理解した。
こんな飛行機も、いつでも落とせるだろう。

つまり、飛行機の中での「神の声」とは、大統領ご自身の「良心の声」「戦略の声」であり、霊的な存在からの反応は無いです。

このようなことを感じました。
自分のメンツや恥よりも実利を優先する優秀なビジネスマン大統領でもあると感じます。
今後の発言が注目されます。

注意するべき奇数月である11月を、地震・火山動向、国際情勢を静観しましょう。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。


【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

* 最新書籍の案内は、http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

★注意書き(必ず読んでください)★


*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (434)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人は、視野を広げると悩みは去る | トップ | 知っていることで無難に置き... »

434 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (SuperUnknown)
2016-10-29 09:48:12
11月の地震・火山動向、国際情勢。火山が赤文字ですね。想定して無難になりますように。
Unknown (Unknown)
2016-10-29 09:49:05
おはようございます。本日、相模辺りに向かいます。平穏に過ごせますように。
Unknown (アキアカネ)
2016-10-29 09:53:24
今日は早い更新に思わずわあって言いました。
毎日見守って下さり有難う御座います。
この世的には大丈夫?と思われてる状況ですが私は今とても幸せになれました。毎朝規則通りに仕事に出れて職場でも楽しく活動出来て信頼も得ることが出来ました。
先ず春ウコンを教えて貰って飲んでたら朝がスッキリして身体が軽くなりました。身体を整えてご供養を毎日しています。全てリーマンさんの御蔭です。嬉しいです。
おはようございます (Unknown)
2016-10-29 09:53:26
記事更新早いですね。世界の裏側はなんかすごいですね。生活はあまりそういったこととはかけ離れてます。ずいぶんじぶんも人と離れました。
今日はいい天気です。
Unknown (外宮が大好き!)
2016-10-29 09:54:38
今週もありがとうございました^ ^
九州 (wzmk55)
2016-10-29 09:59:10
季節外れの熱い日が続いています。今日も日差しが熱い!エアコンいれております。肩こりもあるので油断なりません。ただ、日本全体が動いてきたというのは国土の神々様も動かれているのかな、、と思うと何か感極まるような感動みたいな。
Unknown (みぽりん)
2016-10-29 10:01:38
帰られた大統領は、昭和の頃のモーレツ社長みたいだ。
なんだか両陛下の威光は、近頃の日本人よりも海外の人の方がよくわかっていらっしゃるような気がしる。かなし。
お返事のお礼。 (穏やかに。。)
2016-10-29 10:01:49
お忙しい中 お返事ありがとうございました。
毎日 飽きる事もなく 楽しみでりーまんさんの
ブログにお勉強に?遊びに?これることを感謝申し上げます。毎日の感謝想起 たまにだけど氏神様参拝 ランキングポチッと 本購入くらいしかしておりませんが、どなたかもおっしゃつていたミジンコパワーで 世の中が良くなる事を 思います。自我丸出しの50年で思い出すと恥ずかしくなりますが、これからの死ぬまでの人生の生き方を教えていただいて本当にありがとうございます。
質問です。ナムカンゼンオンボサツ (jun-fumi男問答集1.2一回ずつ読み)
2016-10-29 10:02:07
リーマンさんお疲れ様です。
今宇宙万象を読み進めているところです。
なんとなく思ったのですが以前よく出てきた
「ナムカンゼンオンボサツネンパカンノンリキ」はもう効力はない言霊なのでしょうか?
自分も結構苦しい時につぶやいていた時期もあるのですが
だんだんとまだ使わなくても行けるだろうとつぶやくのを控えるようになっていきました。
まだ途中までしか読んではいないのですが
以前表記のあった「ネンパカンノンリキ」の部分がなくなっているように感じたので。
やはり以前の書物が古くなっていて改訂版を出すというのはこういう部分が時代的、段階的に合わなくなってきているということ
でしょうか?
読者の段階も進めば開示される内容も変わっていくのだなと個人的には感じています。
以上お目に留まりましたらよろしくお願いいたします。
失礼しました (匿名です。すみません)
2016-10-29 10:02:19
昨日の21:23:46に質問したものです。昨日の記事に書いた後に、本日の記事更新に気が付きました。再び本日の記事に書かせて頂きます。御目通し頂きましてありがとうございました。御目通し頂いただけでも安心したのかあれから少し身体が楽になりました。新刊執筆中のお忙しいところ早急な質問をして申し訳ございませんでした。トラウマからの警戒心もあり鮮明さの無い文章になってしまいまして、失礼致しました。ここに書きながら本日実行すると言い聞かせると胃や鳩尾がゾワッとするので再び躊躇しはじめて来ました。まだ時間があるので気持ちを整理し、無理はしないようにします。ワレヨシの質問で失礼致しました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

月間の自然観察日」カテゴリの最新記事