伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

何かを我慢するからこそ逆に楽しめるように成れるのです

2015-05-10 11:18:08 | 釈尊の言葉 ダンマパダ編

自制心の無い大食いを繰り返し、
惰眠を貪り、
どんな場面でも眠そうで投げやりな態度で、
いつもボーッとして真剣さの無い人間は、
大きな家畜のように肥え太っていきます。

その結果は、繰り返し母体の腹に受精し、
迷いのままの人生を繰り返します。

(原始仏典 ダンマパダ23章-325番)

(感想)
人間として人生を過ごすにしても、釈尊は「節制の無い生活」をする者は、何も分からないまま繰り返しただ生誕することに成ると示しています。
いつの間にか自分が生まれ、何も知らずに不平不満のまま死んで行くことを「繰り返す」と仰っています。
これと同じことを空海さんも、

「三界(さんがい)の狂人(きょうじん)は狂(きょう)せることを知らず」
(色々な世界において狂える人は、自分が狂っていることを知らない)

「四生(ししょう)の盲者(もうじゃ)は盲(もう)なることを識(さと)らず」
(真実を見ることが出来ない生きとし生けるものは、自分が何も見えていない者であることが分からない)

「生まれ生まれ生まれ生まれて生の始めに暗く」
(生まれ生まれ生まれ生まれを繰り返して、生の始まりが分かっていない)

「死に死に死に死んで死の終りに冥(くら)し」
(死に死に死に死んで、死の終わりを知りません)
(『秘蔵宝鑰』より)

このように釈尊と同じことを書いておられます。
人間とは、自分の生活の中で節制・努力するからこそ、たまの休日が嬉しいのです。
もし仕事が無いために毎日が休日ですと、日曜日も楽しくは無くて苦痛なのです。

何かを我慢したり、苦労するからこそ
* たまに飲む冷えたビールが美味いのです。毎日だと苦痛に変わります。
* 普通の生活を楽しむことが逆に可能に成るのです。
* 何が有り難いことか、生活の中で分かるのです。
* 自分が感謝すべきことに気付ける人に成れるのです。
* これが気付きと成り、ムダな人生を送ることを避け出すのです。
* いつか気付きの繰り返しは、悟りを呼び、輪廻(生まれ変わり)を制御することが可能に成るのです。

何と、自分にとっての嫌な事や、我慢したり、節制することが、自分を真の意味で救ってくれる恩寵(おんちょう:プレゼント)だったのです。
自分が避けたがる物事が、自分を悟りへと導くための守護だったのが霊的真相です。

多くの人が、自分に強力な守護神や守護霊がいれば楽ができるのではないかという勘違いをしています。しかし、高位の守護神や高級な守護霊(先祖)ほど、その人の人生内に色々な「課題」を無駄なく寄こさせるのです。
時間限定の人生内で、それはそれはキッチリとしたスケジュール管理をするように、色々な嫌なことも配置されます。

それは、その魂のためだからです。限定時間をムダにさせないように、ただ浪費させることが無いように、気付き(色々な悟り)を起こさせることを最優先させます。
残念ながら高位の次元ほど、コノ世で誰もが欲しがる価値観とは、別の価値観なのです。

だから上記の釈尊の言葉のような、怠惰な人間に対する高次元からの対応や、覚者が取る態度は、非常に厳しい言葉として「心配するがゆえに」出されます。
怠惰な人間に対して、釈尊は「家畜」と呼び、空海さんは「狂人」と表現されています。
それほど神様の視点でも、せっかく生まれ出ても怠惰で投げやりな態度でいる人間は許せないのです。徹底的に落とされます。
これは愛情を持つがゆえの、怒りなのです。

ダメでも、けなげに頑張る姿勢に、神様が降りて来るのです。
その結果では無くて、「生きる姿勢・ing」に神様も悟りも宿るのです。
一生懸命にそれでも生きようとする姿勢は、いつか人を「自分は知らぬ間に生まれた」という状態から解放させます。
生きていようが死んでいようが、自分の生きる姿勢(志・こころざし)が今のその生活の中でも絶対安心の心境に心を常駐させます。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。
防災注意報まとめ http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html
【携帯版伊勢白山道 TOP】 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

携帯 健康食品・サプリ1 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 健康食品・サプリ2 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health2.html
携帯 生活日用品(1)http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 生活日用品(2)http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life2.html 
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災・蒸留水 関係用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

「森羅万象10」(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785932/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785932&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

「自分の心を守りましょう 」
(パソコンから予約):http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785738/isehakusandou-22/ref=nosim
(携帯から予約):http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4766785738&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

[
注意書き]
*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問する人は、毎回必ず男女の性別を申告してください。(霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。

*検索に使用しましょう。 

・「伊勢白ペディア」   http://goo.gl/YtYlB 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://goo.gl/AYsVO5
  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://goo.gl/tPLbQK 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり 、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (562)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コノ世にはチャレンジャーが... | トップ | スサノオ・ブルー »

562 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2015-05-10 11:24:57
その結果は、繰り返し母体の腹に受精し、
迷いのままの人生を繰り返します。

私にはここが特に厳しい言葉です。なるべく繰り返さないようにがんばりたいです。今日も記事更新ありがとうございます。
シューン (のにさくはなのように)
2015-05-10 11:25:12
お休みの朝、ゆっくり起きて昨晩の過食を反省していたところでの本日のブログ、シューン、です。
節制致します…。
はい。 (Unknown)
2015-05-10 11:25:18
お疲れ様です。ありがとうございます。仕事を頑張ります。m(__)m。70%ぐらい。m(__)m。
反省。(。>д
3ヶ所クリック法完全版~自身は深めて、他人様には一度のご縁を~ (クリックひよこ隊4号)
2015-05-10 11:26:40
※今現在の人気ブログランキングの総合順位は~?

  ~~☆☆「第1位」☆☆~~ です。

Airランキング 精神世界順位 「第1位」(こちらは総合はありません)
F C 2 ブログ☆ランキング 総合順位「第2位」

∵クリックの仕方:パソコンWindows・Mac編∵(Willcom、各社スマートフォンも同じ)
        &携帯電話( F C 2 のみ出来ない機種もありますが)  

【1】3つ縦に並んだランキングの一番上「人気ブログランキング」をクリックする。
【2】人気ブログランキングの画面が出る。ランキング一覧表の中から「伊勢ー白山道」の文字の上でクリックする。
 (登録カテゴリーは4つあるが、1ジャンルのみでクリック。前日と違うジャンルになっていてもOK。)
【3】伊勢白山道のブログに戻るので、3つのうち真ん中「Airランキング」をクリックする。
【4】精神世界ランキングの画面が出る。ランキング一覧表の中からページ名 称「伊勢ー白山道」の文字の上でクリックする。
【5】伊勢白山道のブログに戻るので、3つのうちの一番下「F C 2 ランキング」をクリックする。
【6】F C 2 ブログ☆ランキングの画面が出る。ランキング一覧表の中からページ名称「伊勢ー白山道」の文字の上でクリックする。
 (ランキングと画像表示の2つがあるが、どちらか一方だけにクリック。)

※ パソコンの方は「戻る」「←」は使わないでね♪
一杯、画面が開くけど地道にポチポチ閉じましょう~。

クリックは1日に1回です、数回すると無効になります~。

「クリックしても反応が無い!」という時もたまにありますが、そういう時には時間をおいて再挑戦してみて下さいね^^!
ありがとうございます (蒼)
2015-05-10 11:31:05
リーマンさん、いつも記事をありがとうございます。日々リーマンさんのお話しをきくことができて、とても幸せです。ありがとうございます。
おはようございます。 (Unknown)
2015-05-10 11:32:37
気分がよくないです。 ○○○時代の○○○いをネットでみましたが、悲惨ですね。枯れないってどういうことなんでしょうか。
継続は力 (内在神を守る)
2015-05-10 11:32:51
供養を継続し、苦しくなることが沢山ありますが、振り返ってみると、自身が納得した道を歩いています。
これからも苦しいことがあると思いますが、また勉強させて下さい。
同感です (Unknown)
2015-05-10 11:33:05
 今日も有難う御座います。
全く同じ事考えていました。同感です。努力しない人生が何処にありますでしょうか?。人生努力だと思います、、アタリマエな事ですね。驚きの連続!、、、。
質問男 (Unknown)
2015-05-10 11:34:41
ingに神が降りてこられることは、人生において目的ですか?手段ですか?
質問お願いします。女 (瑞子)
2015-05-10 11:35:23
今日もありがとうございます。
自分のことだ!とはっとして大反省です。
夕食の食べ方に気を付けてはいるのですが、多く食べても少なく食べても、飲んでも飲まなくても、胃が重くて横になりたくなり、そのまま寝てしまうことが多いです。
胃薬利用も考えていますが、思い起こせば子供のころからそんな傾向があります。
ちょっと横になるのを我慢すればいいのでしょうか。
胃薬は以前紹介されていたものを試してみたいと思っています。
怠惰ゆえ、今日の文章を書写して節制に励みます。
ありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

釈尊の言葉 ダンマパダ編」カテゴリの最新記事