伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

コノ世を離れる時が一番に難しい

2017-12-05 11:11:02 | Weblog

昨日の記事『何でも「離れる時が一番に難しい」』におきまして、

・ 組織を辞める時が、一番に揉める。遺恨を生みやすい。
・ 恋愛も、別れる時が、相手がストーカーに豹変しないか怖い。
・ 結婚するよりも、離婚するほうが数倍も疲れる。
  (以上)

このように書きましたが、コノ世で最も離れる時が難しい事とは、
・ コノ世から去る時が、去り方が、最も難しい。
このように言えないでしょうか。

ここで、ある高齢者施設の常勤医として、終末医療
(末期癌などで治療の手段がないと判断され、無理な延命治療を停止し、痛み止めの治療と並行して患者さんの心身の苦痛を緩和することに重点を移した治療。ターミナル・ケアとほぼ同義の治療)

に取り組んできた医師のインタビューを思い出しました。

質問者:「先生は、どんな形、病気の種類、での最期を迎えたいですか?」

医師 :「それはもう決まっています。ガンほど、理想の死を迎える方法は無いです」

というやり取りだったと思います。(参考記事「自然な流れが大切です」)
その理由は、
・ 自分が死ぬまでに、色々な解約や処分、身辺整理や会っておきたい人に会うなどの様々な準備が「自分で」出来るからでした。

時間を掛けて、死への準備が出来ることだけでも、実は凄く恵まれたことなのだという、新しい視点でした。
几帳面な人でしたら、もしも自分が突然死するとすれば、「後は知らん」とはなかなか思えないものです。

死とは、誰もが必ず経験することです。過去のすべての人々も、例外なく通った道です。
それなのに、私たちは異常に死を怖がり、悲しみます。
やはり、強い先入観に縛られています。

長生きをされたご老人の自然死とは、本当に崇高なことに感じます。
亀は長生きをしますと、背中に長い藻(も)が生えます。
長く生きた人間も、顔や手がシミだらけに成ります。シワも限りなく深く成ります。
でも、その姿こそに、私はなぜか日本国歌「君が代」を思い出すことがあります。
「苔のむすまで」生きた、ということなのです。

これは霊的には美しい姿に視えます。
臭くても、汚くても、どんなに衰えましても、そこまで生きられた人は美しいと感じます。

その一方で、若くして死ぬ方もおられます。
その方々も「もっと生きたい」と思いながらコノ世を離れたことでしょう。
・ もっと生きたいと思いながら、去ること。
これも美しいと感じます。

最善を尽くしながら、刀は折れ、矢も尽きて去ることは、若くてもアノ世に着けば、何とも言えない達成感に包まれることでしょう。
「仕方がなかった」・・・・、これもコノ世には有ることです。

一生懸命に「生きよう」としたがダメだった。
これもアノ世では、もの凄く高く評価されて勲章(くんしょう)に成ります。

でも、自殺だけは厳禁です。それは全く別物の死であり、死を冒涜(ぼうとく:神聖で崇高なことを汚すこと)する行為だと感じます。

今日の言いたかったことは、コノ世を去ることは、普段に考えもしないだけに、本当に難しい命題だということです。
死とは、誰にも平等に与えられた、大命題(必ず解決しなければ生けない大問題)でした。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (462)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何でも「離れる時が一番に難... | トップ | 本気モードに入ったか »

462 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆~質問なさった方へ~☆ (8ndle810nde19)
2017-12-05 11:18:30
ご質問なさった方、良かったら以下の検索も試してみてねー。

http://goo.gl/hQFc9 を開く

入力欄に
「質問時のご投稿名」または
「質問のキーワード(現象名や物品名、疾患名など)」
をいれて、[検索]をクリック!

思わぬご返事に気がつくこともありますよ~☆
お知らせ (伊勢白山道“供養は自己責任・自主判断ですることです” 質問者は男女の性別を書いてね)
2017-12-05 11:21:15
年末月で、忙しくなる為に、
記事のコメント返答が疎かに成る可能性があります。

返答が飛び飛びに成りましても、それは、
・霊的な問題では無い。
・今は静観。
ということを思ってください。

コメント投稿と質問は、自由にしてください。
すべてを視て、読むことには、違いはありません。

3箇所クリックも宜しくお願い致します〜。
懸命に離れる時美しい (sahimana)
2017-12-05 11:33:13
今日もありがとうございます。介護の仕事をしています。他の方と比べると看取る人数は多いかと思います。人が死を迎えるとき何か感じるか?というと何か見えるわけでは無いですが、どなたも尊い最期のように思われます。そんな仕事が出来ることに感謝しています。うまく言えませんが懸命に全うされて離れる時美しいと思います。
寒くなりました。九州も山側は雪です。インフルエンザも流行っています。リーマンさん、皆さまご自愛下さい。
質問 女 (Unknown)
2017-12-05 11:34:12
月は必要ですか?
独身のうちは (Unknown)
2017-12-05 11:36:12
リーマンさん今日も更新ありがとうございます。一生独身かもしれないですが、急に死を迎えた時に周りに迷惑をかけぬように借金をしないようにしています。車のローンも組まなくて済むように長い年数乗って次の資金が貯まるまでは換えません。クレジットカードの支払い請求が少しくるくらいです。これもそうならなくて良い様に引き落としの口座の残高をしっかり残しとかねばですが。最近ちょっと弱り気味なので、毎朝ご先祖様にお茶とお線香をスムーズに捧げれる流れを作れる暮らしを意識したいと思います。今日もお茶が減っていて、よく来てくださいました〜という気持ちです。こんな風に知らせてもらえるなんてなんだか夢のようです。
頭痛 (わんくゎん(女性))
2017-12-05 11:37:05
昨年コメントさせて頂きました者です。監視カメラがお店にあると直ぐに頭が痛くなり、困っています。テレビがハイビジョンテレビになってから特におかしくなってしまうので、テレビのニュースが見れなく困っています。といいますか、頭が痛くてたまらないです。何か解決策をお願い致します。
質問します (匿名 女です)
2017-12-05 11:37:24
長年、過敏性腸症候群の中でも、厄介なガス型で苦しんできました。ひっきりなしにガスの出る症状です。人に迷惑をかけてしまうのも辛かったです。幸い今は、落ち着いていますが、検索すると同じ症状で死ぬほど悩んでいる人々がいます。霊的に見てどうなのでしょうか。これも運命なのですか?
Unknown (匿名です(女)。)
2017-12-05 11:37:45
感謝申し上げます、リーマンさん、本日も記事の更新をありがとう御座います。みんな不安ながらも頑張って生きているんですね。毎日悔いなく、やりたいことをやり、頑張れば、いいのですね。ストレスだけは、ためないようにしたいです。同じ毎日ならば、不安な気持ちがあっても、明るく過ごしたいです。毎日の勉強を、感謝致します。リーマンさんに、ご縁を頂いてから長いですが、私はかなり変わりました。でも、記事や、本や、アドバイスなどで、かなり、助けて頂きましたし、勇気や希望も頂いてます。感謝しきれません。これからも、毎日、勉強ですね。慌てないでがんばります。ありがとう御座います。今日は、雨と雪が100%です。体調に気をつけます。リーマンさんも、気をつけて下さいませ。有り難いです。
Unknown (Unknown)
2017-12-05 11:39:38
いつもありがとうございます。
ずっと長年感謝想起していたら、自然に全ては愛だったんだな。。という心境にいたるんだな。と絶対安心にいたるんだな。。と思いました。伊勢さん。感謝です。
こんにちは (Unknown)
2017-12-05 11:41:29
私の母も今年、癌で亡くなりましたが、自宅で緩和療法で過ごしました。同じ部屋で寝泊りしながら、私が世話をし最後を看取りました。
死が予め分かっているので、土地の権利書や様々な書類などの保管場所を聞くことが出来ました。友人たちにも最後のお別れが出来ました。亡くなる数日前からモルヒネ点滴で意識が混雑し、それから話すこともできなくなりましたが、死への最終的な準備をしたことだと思います。お迎え現象も経験したようです。お爺ちゃんやお婆ちゃんが来たかな?と質問したら、顔が柔んで笑っていましたから。
私もいつかは逝きます。それがいつなのか?明日なのか?大峠を生き抜き、弥勒の時代までいけるのか?お任せの心境で生きていますが、最後は良心に従いながら、やりきったという心境まで行きたいですね。まだまだ努力が足りません。精進し続けます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事