伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

心の中でも、自分自身を殺しては生けない

2017-11-12 11:46:46 | Weblog

以下の話は、「人の心は、果たして壊れるのか?」というテーマで書いたフィクション(虚構・創作話)です。

男性Aは、子供の頃から体が細いタイプであり、虚弱でした。
そういうAの性的嗜好には、中学生の頃からの密かな思いとして大きくはありませんが、イケメン男性への「憧れ」が少しだけありました。
これは性交ウンヌンでは無くて、カッコイイ男性が好きだという純粋な思いでした。

高校生時代にAは、チラチラと密かに見ていた同学年のイケメン男子Bと、その仲間たちから物陰に連行されます。
Bは、「お前、キモいんだよ」「何、いつも俺を見ているんだ!」
と言うなり、Aをボコボコに殴りました。

Aが倒れますと、Bの仲間がAのズボンを下ろして下半身を露わにさせて、
「このXX野郎!」と下半身へのイタズラを受けました。
泣くAを放置して、B達は笑いながら去りました。

このショックな事件を体験したAは、不登校が始まります。
親にも先生にも、その理由が言えませんでした。
そうする内にAは、「死にたい」という思いが募って行きます。

引きこもりの中で、ネットで自殺に関する秘密の募集を見ます。
それはホテルに集まって、集団で首吊り自殺をしようという趣旨の内容でした。
引きこもる高校生のAは、自殺したいが為に参加します。

言われた場所に集まりますと、高校生はAの一人だけであり、後は成人の男女でした。
20代〜30代と思われる女性2名と、成人男性3名でした。
そしてラブホテルに入りますと、成人男性たちは豹変して女性2名を性暴行し始め、高校生のAも縛られて性的なイタズラを、またしても受け、そして女性への性暴行を見せられます。

この2度めの倒錯した暴行を体験した時に、高校生Aの何かが壊れ、得も言われぬ倒錯した嗜好の悪魔が目覚め始めます。
これ以降、高校生Aは別人のように変わり始めます。

他の実際の事件例を見ましても、
* 「自殺の募集」などというものは虚偽・デタラメ、危険な罠だということを覚えて置きましょう。

* 死にたい人間には、何をしても良いと考えるヤカラが居ることを覚えていましょう。

成人したAに付きまとう思いは、いつも、
・ 早く死にたい。
・ 自分の容姿へのコンプレックス。美顔整形への憧れ。だから金が欲しい。
・ 「若い」女性と男性への、復讐と破壊したい思い。
・ 自分が受けた性的な陵辱を、他人にも受けさせたい。
・ 自分の心の中の悪魔が、肉体の部品にこだわる、という説明が出来ない思い。

つまりAは、
美顔に成りたい思いと、金が欲しいという、生きようとする自分
若い男女に復讐したい思いの自分。
そして、やはり自殺したい自分

こういう3つの矛盾した思いの中で苦しむ人に成ります。
果たしてAの人生は、どのような方向に行くのでしょうか?
普通の結婚をして収まることは無さそうです。

ただ、上記のような特殊な被害経験をしたとしても、密かに隠しながら正しく社会で生きる人が大半です。
やはりAは高校生の時に、自分で自分自身を心中で殺した、と言えそうです。

どんなに辛いことが有りましても、
* 自分で自分自身を心中で殺すのは厳禁です

その後に生きる自分の肉体が、なぜか他人を殺す方向に進むサガを人間に感じます。
自分で自分自身の肉体を殺せずに、心の中で自分の心を殺した人間は、その次は他人に殺意が向くパターンを感じます

これは店員を攻撃するクレーマーにも言えそうです。
自分が嫌だ、こんな自分はクソだ、という体験をした人間は、その次は他人への攻撃性に転換すると思います

だから、クレーマーを目撃しましたら、
・ その人は過去に、自分自身を追い詰めた人間だという視点。
こういう見方で冷静に見る視点も参考にしてください。

自分自身を追い詰め過ぎますと、その次は、他人へ攻撃性が増すという可能性を知って置いてください
これは本当に迷惑なサガだと思います。

以上の話は、まったくの想像の作り話です。一切の情報も事実も知りません。
自分自身を追い詰めないように注意しましょう。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (713)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天災は、忘れなければ来ない | トップ | 公共のモノに対する態度ほど... »

713 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-11-12 11:55:03
とても怖くて悲しいお話ですね。
Unknown (Unknown)
2017-11-12 11:57:36
こんな体験したら誰だって壊れます。7896
質問をお願いします 女 (Unknown)
2017-11-12 11:57:52
最近、「生かして~」よりも、「アマ~」の想起の方が、心身にしっくりと心地好いのですが、これは単なる自我なのでしょうか?
3ヶ所クリック法完全版~自身は深めて、他人様には一度のご縁を~ (クリックひよこ隊4号)
2017-11-12 11:57:56
※今現在の人気ブログランキングの総合順位は~?

  ~~☆☆「第1位」☆☆~~ です。

Airランキング 精神世界順位 「第1位」(こちらは総合はありません)
F C 2 ブログ☆ランキング 総合順位「第1位」

∵クリックの仕方:パソコンWindows・Mac編∵(Y!mobile、各社スマートフォンも同じ)
        &携帯電話( F C 2 のみ出来ない機種もありますが)  

【1】3つ縦に並んだランキングの一番上「人気ブログランキング」をクリックする。
【2】人気ブログランキングの画面が出る。ランキング一覧表の中から「伊勢ー白山道」の文字の上でクリックする。
 (登録カテゴリーは4つあるが、1ジャンルのみでクリック。前日と違うジャンルになっていてもOK。)
【3】伊勢白山道のブログに戻るので、3つのうち真ん中「Airランキング」をクリックする。
【4】精神世界ランキングの画面が出る。ランキング一覧表の中からページ名 称「伊勢ー白山道」の文字の上でクリックする。
【5】伊勢白山道のブログに戻るので、3つのうちの一番下「F C 2 ランキング」をクリックする。
【6】F C 2 ブログ☆ランキングの画面が出る。ランキング一覧表の中からページ名称「伊勢ー白山道」の文字の上でクリックする。
 (ランキングと画像表示の2つがあるが、どちらか一方だけにクリック。)

※ パソコンの方は「戻る」「←」は使わないでね♪
一杯、画面が開くけど地道にポチポチ閉じましょう~。

クリックは1日に1回です、数回すると無効になります~。

「クリックしても反応が無い!」という時もたまにありますが、そういう時には時間をおいて再挑戦してみて下さいね^^!
無題 (とくめい)
2017-11-12 11:58:43
今日の記事を読んで、とてもかわいそうだと胸が痛みました。◯◯◯さんが「一度自分自身を殺している」と言っていたことは、間違ではないのですね。
Unknown (Unknown)
2017-11-12 11:59:24
今日の記事は辛いですね。この世の中から辛い思いをする人や物事が早く無くなって欲しい。もうここまで人間が落ちてしまったら終わりです。他人を傷つけては生けない。
感想 (Unknown)
2017-11-12 11:59:48
復讐するなら直接Aや暴行した成人男性二人にしたれや。
Unknown (ヴィヴィアン)
2017-11-12 11:59:56
自分にも他人にも動物にも優しく愛せる自分でありたいです。だからまず自分を大切にしたいです。
いつも気づきをありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2017-11-12 12:00:11
リーマンさん、視えてる!!
Unknown (Unknown)
2017-11-12 12:02:31
分かりました肝に銘じます。
さて夕べ見ました夢の報告をしておきたいと思います。
わたしは高校をでてから35年会っていない友人がおります。昨夜の夢に出てきました。
彼は当時の郵政省に入りました。
夢の中で私が35年ぶりにバスの中で会いまして話しかけます。「お前の選択は間違ってなかったよな」と私は彼に言います。「うん俺は人の役に立つ仕事がしたかったんだ、役場関係(公務員)を探していて一番、自分の能力でも出来そうな(継続)職種を選んだんだ」彼は人からイジラレルタイプでしたが人の良いいいやつでした。自分の能力と相談して他人からの評価より自分を信じたやつです。
今どうしているのか知りませんがきっと真面目に郵便職員として働いていると思います。
そんな夢でした。おしまい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事