伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

極限の中から、永遠を生きること

2017-11-06 11:56:21 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編

もしも、ある代表が、他の国を軍事をもって殺戮して制圧し、

その国の人々を奴隷にするならば、

そういう代表こそは、いやしい最下層の人間である。

(原始仏典 釈尊の言葉 スッタニパータ編 第1章7節-No.118)

(感想)

古代インドの世界でも、隣国同士の戦争が絶えず、古い国の滅亡と新しい国の誕生が後を絶ちませんでした。
釈尊が生まれた釈迦族の国も、最後は近隣国により滅ぼされています。

どの時代、どんな国の歴史を見ましても、100年間も戦争・紛争の無い国はまず有りません。
他国との戦争が無くても、日本の戦国時代のように内乱が定期的に、どんな国にも発生しています。
少なくとも釈尊が誕生された2500年前から現代まで、戦争・紛争が無い時代が人類にはありません。何ということでしょうか。

老子にしましても、隣国同士の紛争の試練の中から、
・ その中でも、人はいかに生きるべきか?
・ 人が生きるべき道。
を懸命に思索する中から生まれた叡智です。戦争に関する例えが、いくつも散見されます。

でも人間とは皮肉なもので、もし、老子や釈尊が戦争や紛争による生死の心配、人の極限状態、がまったく無い環境の中に住んでいたならば、これほどまでに生死を超えた叡智を残すことが出来たのでしょうか?

今の私達も同じです。もし、まったく悩みが無いならば、人生を考えたり、精神世界の本を読んだり、先祖供養や神祭りをする気に成れたのでしょうか?
ある意味では、過去の自分が体験した苦労や悩みの御蔭で、人間の生死や人生、愛情、思いやり、を考えられる人間に成れたとは言えないでしょうか。

「人間 万事塞翁が馬」(にんげん ばんじさいおうがうま)。
私たちの何が幸いに・不幸に、転じるのかは未知なのです。

今の憎い旦那も、心配な子供も、嫌な上司や同僚も、陰から自分の人生を軌道修正してくれている存在かも知れません。
嫌いな相手ほど、自分自身の寿命を延ばし幸運を呼ぶ為の、善徳貯金をさせる存在かも知れません。

でも、苦しい最中の今は分からない訳です。後から、分かることが多いのがコノ世です
実は、最中(さいちゅう:物事が進行中の今を指す)とは、非常に奥が深いのです。
神道では、これを「中今」(なかいま)と呼びます。

・ 神様は、「中今に住む」。過去や未来には、真の神様は住まない。
・ 時間の無い世界に生きる、「生き物」が神様。

神様とは、「生き物」であり、喜怒哀楽の中にこそ神様の実在、歓喜、慈悲、というエネルギーが躍動されます。
だから、カンナガラ(内在神との一体感)が生きる人の肉体に訪れますと、
・ 思いっ切り、前向きに。
・ 今を楽しみ生きる、笑顔。
・ 不幸な環境の中でも、心は天国に住む。
という現象が、演技では無くて心から起こります。

この平和な日本も、戦後70年を過ぎまして、侵略の危機に遭い始めようとしています。
家族を人質に取った強盗に、刃物を見せられて金を出せと言われています。
お金を出しても、それで終わる保証は無い訳です。

国内では、強盗に話し合いで解決という人と、防衛論を言う人で二分しています。
でも、どの意見にも、正解は無いでしょう。

こういう最中に、それでも正しく生きること。
希望を捨てないこと。
どの時代の先祖たちも体験したことを、今の私達も体験しているだけなのです

だから、大丈夫です。
天の幸運には、兵器も叶いません。
戦乱が絶えない人類も、今まで継続したのは、天が見ているからです。
今の最中を、懸命に生きて見ましょう。良い思い出に成ります。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (567)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これからと、来年の、注意点 | トップ | この世界は、見えるから、と... »

567 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
御礼。男 (埼玉の37歳)
2017-11-06 11:59:25
神棚の神札についての返答ありがとうございます。
天が見ている (Unknown)
2017-11-06 11:59:37
心します。真面目に勤勉に愚直に生きます。ありがとうございます。
ありがたくてじんわり涙が浮かびました (Unknown)
2017-11-06 12:02:19
いま、読ませていただけて、ありがたくてじんわり涙が浮かびました
質問です (ワークマン)
2017-11-06 12:04:10
なぜ、時間を忘れるほど「今」に
意識を集中、没頭すると、その人の運気が良くなるんですか?
どういう原理で集中、没頭が運気に影響するのか理解出来ません。
勉強になります☆ (Unknown)
2017-11-06 12:05:58
今日も、心の軌道修正をして下さる記事を、ありがとうございます。

確かに、過去を振り返っても、一番しんどかった時期と言うのは今となっては非常に良い経験となり、良い思い出となりました。
今のこの職場環境もきっとそうなんだと思います。
良い経験をさしてくれてるな~と思いながら、静観します。

私は昔よりも成長したのかもしれません。
どんな困難も、あまり心に響かなくなりました。むふふ。
天がみている (ひろちゃん)
2017-11-06 12:06:14
過去多くの先輩が経験したことを、いかしたいと思います。最近「なぜ日本が戦争にまきこまれたのか」という内容の歴史を検証する本の出版が、あいついでいます。文系の学問は近年軽視されがちですが、歴史の研究や過去の文献の研究には、国家レベルでお金をだしてもいいのではないでしょうか。
3ヶ所クリック法完全版~自身は深めて、他人様には一度のご縁を~ (クリックひよこ隊4号)
2017-11-06 12:06:42
※今現在の人気ブログランキングの総合順位は~?

~~☆☆「第1位」☆☆~~ です。

Airランキング 精神世界順位 「第1位」(こちらは総合はありません)
F C 2 ブログ☆ランキング 総合順位「第1位」

∵クリックの仕方:パソコンWindows・Mac編∵(Y!mobile、各社スマートフォンも同じ)
&携帯電話( F C 2 のみ出来ない機種もありますが)

【1】3つ縦に並んだランキングの一番上「人気ブログランキング」をクリックする。
【2】人気ブログランキングの画面が出る。ランキング一覧表の中から「伊勢ー白山道」の文字の上でクリックする。
(登録カテゴリーは4つあるが、1ジャンルのみでクリック。前日と違うジャンルになっていてもOK。)
【3】伊勢白山道のブログに戻るので、3つのうち真ん中「Airランキング」をクリックする。
【4】精神世界ランキングの画面が出る。ランキング一覧表の中からページ名 称「伊勢ー白山道」の文字の上でクリックする。
【5】伊勢白山道のブログに戻るので、3つのうちの一番下「F C 2 ランキング」をクリックする。
【6】F C 2 ブログ☆ランキングの画面が出る。ランキング一覧表の中からページ名称「伊勢ー白山道」の文字の上でクリックする。
(ランキングと画像表示の2つがあるが、どちらか一方だけにクリック。)

※ パソコンの方は「戻る」「←」は使わないでね♪
一杯、画面が開くけど地道にポチポチ閉じましょう~。

クリックは1日に1回です、数回すると無効になります~。

「クリックしても反応が無い!」という時もたまにありますが、そういう時には時間をおいて再挑戦してみて下さいね^^!
Unknown (Unknown)
2017-11-06 12:07:14
今日も払え体操で皇室の皆様、餅さま、リリーさま、日本を守る政治家官僚の皆様、自衛隊の皆様、警察消防の皆様、日本の皆様と大地に感謝を捧げ、日本をお守りします。カードさまのご無事も祈ります。書かせて頂きありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2017-11-06 12:09:50
いつも大変お勉強になります。ありがとうございます。
そうですよね、何もなければ悩みも起きない。
逆に有難いことですよね
感謝していきたいです。
危機感がなさすぎです。 (mm57)
2017-11-06 12:11:04
いつもありがとうございます。

こちらのブログを熟読している私ですら、「家族が人質に取られ…」のくだりでは、えー?そこまで来てる?と、ゆるく考えています。

水面下では色々な事が起こっているのですね…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

釈尊の言葉 スッタニパータ編」カテゴリの最新記事