伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

未来を変えましょう

2008-11-07 18:43:11 | Weblog

読者より :
リーマンさんの昨日からのこのサイエンス・ミステリーのお話は実に面白いです。シューマン波、つまりシューマン共振(Resonance Schumann)は1952年、アメリカのイリノイ大学のシューマン教授(W.O.Schumann)によって、地球が超低周波の電磁波と共振していることが発見され、シューマン共振(シューマン共鳴)と名づけられました。
地球の脳波とも呼ばれるシューマン共振は1980年頃まで、およそ7.8ヘルツ(毎秒7サイクル)で一定でした。
しかし、1980年代の終わり頃から、徐々に上昇を始め、1997年には30%近く増えて10.1ヘルツになり、2000年にはついに13.0ヘルツになってしまいました。2013年には20.0ヘルツくらいまで上昇するだろうと考えられています。つまり地球そのものの脳波が急上昇しているということです。
また、シューマン共振の上昇はDNAにも深刻な影響を与える可能性もあります。
また、グレッグ・ブレーデンは、
2012年には、地球のシューマン共振は毎秒13サイクルとなり、地球の磁場はほとんどゼロになると考えこれを「ゼロポイント」と呼んでいます。
彼は、地球の人口の√1%、つまり人口百万人なら100人、60億人なら7,746人が、ハートから祈るならば、地球は平和で豊かな星になると述べています。
(リーマンさんの人類の5%運動より少ない人数です)
心臓自身が脳を備えていて、人間の心臓は、臓器のなかでも最強かつ最大のエネルギー・フィールドを形成していることを付きとめたのです。この電磁場が直径2メートル半から3メートルほどで、その軸の中心は心臓にあることを発見しました。
心臓の磁気的フィールドは、脳の磁気的フィールドの5000倍も強いのだそうです。
「さて、地球の霊的磁気を分け与えた、磁気の固まりでもある人間が、どんな想念磁気を出すのかが問題です。」(記事引用)
我々は、頭ではなくハート(心臓)から出すエネルギーは想像以上のパワーを持っていて、現在の世界的な危機を作り出していると考えられます。
「恐竜がトカゲよりも人間に似た二心房二心室の心臓を持っていたことを明らかにした。」(記事引用)
つまり、恐竜も脳よりも5000倍も強い心臓の磁気的フィールドを持っていたが、心臓のペースメーカーでもあったシューマン共振の上昇により、心臓ショックで死んだのかもしれませんね。
地球の地磁気の異常から、シューマン共振の上昇が起こり、それが心臓の磁気的フィールドやDNA異常を引き起こし人類も恐竜のように絶滅する可能性があります。
しかし、希望もあります。
グレッグ・ブレーデンは次のように述べています。
DNAというのは、感謝や愛や思いやりという感覚を持つとゆったりと伸び、そして分裂をして新たなDNAを生み出し免疫力が上がり、若返るのだそうです。
「そろそろ人類の人口増加が、ある臨界点に達しようとしている様です。人類は、新たな進化のジャンプをするのかも知れません。」 
つまり、新たな人間として再生というか、新人類が生まれる可能性もあるということです。
「この外宮で降ろされた感謝の言霊を鍵にした、人類の5%運動が、これからどの様に現実界へ転写されるのか私も楽しみです。」
2012年には、新人類と旧人類とが選別された記念すべき年になるかもしれません。その新人類のDNAを現実界へ転写させる方法として感謝の言霊が与えられたのではないかと思います。

感想 :
私が地球神霊、国常立太神との感応が再開し出したのは、
1980年代初頭からでした。
地球のシューマン振動数が上昇を始めた時と一致します。
地球霊が痛みに耐えかねて、悲鳴を上げ始めたのかも知れ
ません。
この頃、精神世界関係では、1回目のブームが始まっていた
と思います。
たしか、宇宙存在とのチャネリング系と大本を真似た古神道
系だったと言えます。 まあ、今観ても本物は居ませんでし
た。 チャネリング系は多重人格病患者であり、その大半が
数年後には消えて行きました。
古神道系は、紙投(コシントウ)系のコックリ遊びでした。
昭和の幽界存在を引きずった人物達の最後の饗宴が始まっ
た時代でした。
この読者の指摘は、科学的見地からも「感謝の5%運動」の
有効性、重要性が示唆されていて興味深いです。
8000人程の感謝想起が、地球レベルに作用するとは、大変
心強く思います。
現在、伊勢白山道の理解者は、1万人を超えています。
実際に、近頃の霊的空気感の違いを日々私は感じています。

「新たな人間として再生というか、新人類が生まれる可能性もある
ということです。」

これは、神霊より非公開指定の神示で、昔に降りていました。
今回、その一部を書きましょう。
私の脳内で示された内容では、太陽黒点が密集して現れた
未来の或る時、太陽直径の数倍もの長さの超巨大太陽
フレアーが、太陽から地球方面に向けて発射されます。
その電磁波動の直撃を受けて、地球上の生物は心臓停止
になり、一時的な仮死状態に成る様です。
その後、動物から順番に意識を回復します。
問題は、人類の中に蘇生する人と、しない人に分かれる様
です。・・・・。
体の病弱な人や重病の人、障害の有る人が、意外にも蘇生
できる面がある様です。 肉体では無く、各人の心の純粋性
次第との事です。
この時、自分のオリジナル磁気を維持出来ていた人類が
蘇生します。
これは、キリストの死と復活。 パンと血肉の伝承を通じて、
人類には事前告知をしたと神霊は伝えます。

私は、悪戯に恐怖を煽るつもりは有りません。
未来は不確定で、神も解かっていません。
案外、あなたの隣で子供の姿をして、「たいへ~~ん」と
一緒に怯えているのが、神かも知れません。
感謝の5%運動が作用すれば、地球を人類のハートから
発散される感謝磁気で包み込み、太陽電磁波を跳ね返す事
が出来ると、私は真剣に夢想しています。
個々の人間を見続けて来た、お天道様から発射されるのです
から、手加減してくれると思います、笑。
ただ、たんたんと日常へ感謝しながら生きて行けば良いと、
神霊は伝えます。 
ただし、自分自神を信じて、他へ依存する磁気を憑けては
為らぬ、との事です。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
  
 
応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての人は、左側の「
真客検索システム
」を利用して下さい。
不掲載希望も掲載しますので、良く考えて投稿してください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (283)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 磁気と心臓 後編 | トップ | ミイラ取りがミイラに »

283 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
それは… (ゆうゆう)
2008-11-07 18:54:14
後始末が大変ですね。(笑)
できれば皆様に目を通していただけると有難く思います (子供向け「内在神への道」を書いた者です)
2008-11-07 18:56:15
リーマンさん、いつもありがとうございます。
またコメント欄をお借りすることをお許しください。

すでに私の前記事と前々記事のコメントを読んでいただいた方には何度も申し訳ございません。私には投稿してしまった責任がありますので、私が書いた文章を読んでいただいた方の全てに謝罪をお伝えしたいと思いました。今日のこれで全ての方に読んでいただけるだろうとコメント欄お借りして書かせていただきます。前々記事のコメント欄で謝罪文を書いております。取り乱した文面になっており恐縮ですが、今は落ち着いております。私が書いた子供向け「内在神への道」を読んで頂いた方にはお手数ですが見ていただければと思います。
最後に・・鈴の音さんへ
まず、「リーマンさんにネット上での公表の是非」を伺いたく、コメント欄を利用するしかリーマンさんに伺う方法が無かったので投稿しました。皆さんに読んでいただける機会はリーマンさんが与えてくださったもの。この理解も間違いなのでしょうか?鈴の音さんの私の文章を否定されたお言葉に対して私はちゃんと受け止めておりました。子供向けの本に対する皆さんのお言葉も、気に入ってくださった方や違和感を持たれた方のお言葉も全て受け止め、私は気に入ってくださった方には自由に利用していただこうと言う思い以外は何もありませんでした。でも鈴の音さんは、気に入ってくださった方のお気持ちも、私の行動も、私の思いや考えまでも全てを最後に否定されました。この鈴の音さんが意見された対象の違いは、私には耐えられない大きな違いなのです。リーマンさんのお言葉でのお返事が無い以上、鈴の音さんに読者としての理解もコメントに対する理解も足りない・投稿も皆さんに迷惑がかかったと言われれば、私の理解は間違っていないと断言はできませんので、お言葉をそのまま受け入れ、謝罪をいたしました。しかし私が謝罪するということは「気に入った良かった」と心からコメントしてくださった方々のお気持ちを私が踏みにじっているので、どうしようもなく苦しい思いで、その方には申し訳なく思っています。過去記事コメントを読まれる新規の方々のお目に触れる事になりますが我慢していただけますか?目に触れさせたくないとコメントされてましたから。鈴の音さんが納得されたら、私はとりあえずは安心できます。コメントする度に私の思いに対して意見がされてしまう苦しみから解放されます。同様に、鈴の音さんやわかめさんや同じ苦痛を感じてらした方も安心していただけると信じております。これで、もう二度と「子供向け内在神への道を書いた者」としてコメント欄は使用しませんので、宜しくお願いいたします。リーマン様、皆様、鈴の音様、わかめ様、コメントを下さった皆様、皆々様のお気持ちをありがとうございました。私が書いた文章の投稿や数日記事にわたっての私のコメントでお手数やご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんでした。
Unknown (八朔)
2008-11-07 18:57:12
<案外、あなたの隣で子供の姿をして、「たいへ~~ん」と
一緒に怯えているのが、神かも知れません。

とても親近感が持てました♪
何処かですれ違っていたかと考えると、楽しいですね!
子供は神様ですね (隆)
2008-11-07 18:57:53
こんばんは。

私の子供は今5才です。
やはり5才ということもあり、直ぐに泣いたり我がままを言ったりします。

でも、純粋なせいか、生まれて間もないせいか、内在神がちゃんとあるなって思います。

しっかり「ありがとう」を言い、自分たち親が体調悪いときには「大丈夫」って。
自分を善人者と思ってほしいが為の言葉ではなく、素直な思いやりの言葉。
とても心が和みます。
このままの素直で純朴なまま育ってほしい。
「子は親の背中を見て育つ」ですが、「親は子供の内在神を見て学ぶ」かなぁっと思うこの頃です。

生かして頂いて ありがとう御座位ます
初めてばかり (senzono okage)
2008-11-07 19:03:29
今日のは とても興味深いお話ですね。

今朝のことですが、地震のこともあり、家族で三脈の法を試しました。たまにやってみるのですが、いつも脈は一致していました。
ところが、今日は一人だけ一致しないのです。死脈の状態でしたが、いつも通り心配しつつも家を出て行きました。
気が付くのが遅いのですが、リビングの榊が枯れていたり、葉がかなり落ちていまして今までで一番酷い状態でした。先祖供養の短冊横に飾ってある榊は、いつものパターンの2倍の枯れと葉の落ち方で、他にテラスにも飾っていたのですが、そちらも同様でした。
かなり驚いて、小雨の振る中、榊の剪定をして前以上の量で飾りなおしました。
それで先祖供養させて頂きました。
帰宅した家族に再度 三脈の法を催促すると、今度は一致しまして 気休めかもしれませんが安心しました。

今日の雲は、地震雲のように思えました。
帯状の雲が連なって、日の落ちる反対側である東の方角が夕方 赤くなっていました。
こんな雲は 私は初めてです。
用心の為、食料品を普段の数倍買い込みました。
何事もありませんように。
ありがとうございます (Unknown)
2008-11-07 19:04:57
リーマンさん、いつもありがとうございます。
自分自身を信じてこれからもがんばります。
生かして頂いてありがとう御座位ます。
Unknown (こんころりん)
2008-11-07 19:05:31
今まで抽象的ではっきり分からなかった事が今日のブログで具体的に視えてきました
今の自分に出来る事は感謝の心で人生を生き切る事
生かして頂いてありがとう御座位ます
魂は何処へ? (ムーミンの友達)
2008-11-07 19:06:15
こんばんはー!
毎日の更新ありがとう御座います。
ここ数日間のお話はとても興味深いです。
電磁波動の直撃を受けて「仮死状態」になった時、蘇生しない者たちは死んだ時と同じようにそのまま別の次元に移動するのでしょうか?
それとも、魂消滅?ブルブルッ
最近、心臓がドッキンドッキンしているのですが、「たいへ~~ん」!

今日も 生かして頂いてありがとう御座位ます。
Unknown (伊勢白山道リーマン)
2008-11-07 19:07:38
誤字、言い回しのご指摘、有難う。
素直に受け入れます~。
またまた連投ですいません (隆)
2008-11-07 19:08:39
最近、ふと思ったのですが、私の地元(石川)に気多大社があります。
以前、聞いた話ですが、能登が栄えない理由は運気が気多大社で止まっているからと。
その様なことはあるのでしょうか?

あと、伊勢ー白山のラインをもう少し北上するとちょうど気多大社の上にきます。
モーゼが七尾あたりにに来て伊勢まで行ったと書いてありましたが、もしかして気多大社のあたりに上陸したのでしょうか?
大国主が祀られているそうですが、モーゼと関係があるのでは?と勝手に思っています。

伊勢ー白山のライン、富士山ー出雲大社のラインは直角に交差し交差点と伊勢、白山の距離がほぼ同距離ですね。しっかりした十字架になっていました。
ただ、十字架が横になっていたので、もしかしてポールシフトが起きる前の位置なのでしょうか?

長々と質問を書いてしまいすいません。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事