伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

犬のジョン

2007-12-05 19:42:34 | Weblog

私が高校生の頃、家にいた雑種のコリー犬が死にました。
ジョンというオスの犬でした。全体が黒い毛並みで、首回り
と手足が白色の犬です。ジョンは、生後1年間ぐらい他所の
家で飼われていましたが、飼い主の事情で飼えなくなり、
保健所で処分されそうに成っていたところを、私の母親に引
き取とられて家に来ました。
産まれてから、ずっと狭い檻の中で飼われていたので、散歩
をしてもらったことが無いので、足腰が大変に弱い犬でした。
人間と短距離競争して、負ける犬を初めて見ました。
でも、性格が大人しくて、とても頭の良い犬でした。
躾も直ぐに覚え、言いつけも良く守りました。
兄が、毎晩していた散歩に連れ出されて、帰って来る時は
引きずられる様に帰って来たのを思い出します。
幼犬の時の栄養状態と、運動不足が影響したのか、家に来
て10年目ぐらいで、ある時から歩けなくなり、寝込んだまま
でした。 だから、首輪も外したままでした。
ある休日の日中に、私が家の車を洗車していましたら、私の
背後に気配を感じて振り返ると、私の足元にジョンがいまし
た。犬小屋から、私が居る場所までは、10mは有りましたが
体を引きずって来たようでした。
驚いている私の目の前で、倒れたままの状態で、ジョンの目
は、私の目をジット見詰めていました。
そして、だんだんとジョンの呼吸が荒くなり、私の目を凝視
したまま、最後に手足をピンと張ってから、目を閉じました。
背後のジョンに気付いてから、ほんの数分の出来事でした。
その数分間は、何か威厳に満ちた空間がそこに有りました。
私が本能でその時に感じた事は、ジョンの目から、自分の目
を反らしては絶対に成らないという事でした。
最後の最後に、人間と目を合わせながら死ぬ事が、ジョンの
人生最大の幸福であり、祝福であると、その時に浮かんだか
らです。 私は、その時、不思議なくらい冷静で、落ち着いて
いました。 その場の、空気がそうさせたようです。
目には、何も観えませんでしたが、何か大いなるモノが迎え
に来ていたと感じました。
人間でも、病院に入院すれば、意識のある最後の瞬間は、
誰とも目を合わせずに、一人で意識不明に陥り、発見される
方が多いと思います。 ジョンは、私が偶然に外に居た時に
最後を迎えましたが、その様に行かしめた縁を感じます。
ジョンが目を閉じて直ぐに家族を呼びました。家族の者は、
ジョンが移動していたのに驚き、動かない体を前足だけで
引き摺りながら来たんだねと、目を潤ませました。
ジョンの最後の1年間を思うと、たぶん痛い所が沢山あった
と思います。でも、何時も静かに佇み、現状を受け入れて
いる様でした。 求道者の様に・・・・。
ジョンの体はボロボロでしたが、見事に生き切りました。

人間は、衣食住が出来る事がアタリマエで、その上で、自分
の欲が叶えられないと、苦悩しています。
犬も人間も、天と地の間で生きる、同じ生き物です。
これから、今までの外在神の時代での数千年の縦社会の流
れを、根源の力で横一列の社会にするそうです。
根源神1つと、横一列。 横の列には、諸霊諸、人間、
諸動物・・・・全ての生き物がいます。
全ての存在が、根源と1対1で向き合うのです。
ジョンに対して、恥ずかしく無い生き方をしたいと思います。

生かして頂いて ありがとう御座います

   
人類の 5% 運動を広める為に、4箇所クリックして下さい

ジャンル:
ウェブログ
コメント (87)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊勢白山道の基本 Ver.1 | トップ | 答えは、日常の中に »

87 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2007-12-05 19:52:57
ブログランキングは、ただいま総合で94位です!
(4つのうちの左端のやつ)
みなさま、クリック強化でお願いします!!
ありがとうございます。 (てまり♪)
2007-12-05 19:58:21
“生かして頂いてありがとうございます”
の言葉を教えて頂きありがとうございます。
ただただ涙が溢れました。
忠犬ジョン (宿六)
2007-12-05 20:02:05
読みながらリーマンさんとジョンの情景が目に浮かびました。
私もジョンの様な忠犬を飼いたくなりました。そして仲良しになりたいです。
Unknown (Unknown)
2007-12-05 20:23:07
生まれた時から感じてきたこの社会への、違和感。すべての命、生きるものへの思い。幻想にピリオドを打ち、調和と喜びを分かち合える世界。やっと、心が求める世界が現実に来るのだと今、生きていることに心から感謝しています。自分が少しでも、そのお手伝いが出来るのなら、それこそ幸せなことですね。何故か
犬とは、深い縁があり犬君に関わるお仕事がきます。彼らの深い愛情に、人は多くのことを学びます。共に生きて行くかけがえのない仲間ですね。
色即是空 空即是色 (みしゃくち)
2007-12-05 20:27:44
今回の講話と先日の「不倫で悩む」人のコメントが
私の中でシンクロしました。
タイトルに取った言葉はあまりにも有名ですが、解釈
は統一されてません。
私は、色とは色を帯びるもの=物質、肉体。空=精神
と考え、語句の意味は「正しい生き方はその瞬間、瞬間に肉体と精神が分離していない、行動と本心が重なっていることだ。」と思います。
リーマンさんの先祖供養と感謝行は、この境地に到達できる最短の技であると思います。
狭い経験から湧き出た垢まみれの主観、独善から開放
されると思います。

がんばらずに、淡々と、気がついたら・・・が理想ですね。

生きるという事 (白い花)
2007-12-05 20:34:28
ジョンの話---伊勢ー白山道さんのやさしさを感じます。ありがとうございました。

あなたに伺いたいのですが?まったく今日のお話に関係ないのですが、憑依について---少し前も書き込みをして、消しました?多分、答えがわかっているから???
十日前ぐらいからノドが詰った感じとノドの筋が違ったような感じがして耳鼻科咽頭科で診て貰いましたが、まったくわるくないと言われ、でも気になるので一週間経って又、病院に行き内視鏡をしてもらったのですが
特別悪くないと言われました。
私は20年前ぐらいから体調が悪くなると、まっていましたという感じで憑依されます。その姿は、けっして人に見せられるものではありません。
3年前、ガンを患い手術をした時も個室の部屋で大変でした。
ずっと思ってきた事は自分がダメな人間だから、そうなるのだろうか?という事と---憑依されているから病気になるのだろうかという事で悩んできました。
もちろん、はじめは思い込み、気の持ちようと何度も何度も思ってきましたが---
世の中は不思議に満ちているので、こんな事を経験している人もいるのではないかと思います。イヤ伊勢ー白山道さんだって人と違う経験をしているわけで---
それがいつもいい事ばかりとは思えません。
だからこそ究極の言葉「生かせて頂いてありがとうございます」なのですよね。
私のガンが再発していようが憑依されようが---
やっぱし生きる事は「生かせて頂いてありがとうございます」ですよね。
ありがとうございます (Sachi)
2007-12-05 20:35:23
つい、3日まえに、このブログに、たどり着きました。



横一列になるときが来るんですね。

今私の属している会社は、非常に歪んでいる気がします。上層部と仲のいいひとは、なにをしてもおとがめなしで、人の業績も横取りが横行していて。なんだか、普段大きな事や派手なことはしないにしろ、淡々と頑張っている人達の評価も出来ずにいて…。

やはりこう言う会社にも、剣がふりおろされるのでしょうか?

でも、そういう現実をどうにもできない自分にも、腹が立ちます。

私は離婚していて、公的には、元の主人の名前を使っていますが、それ以外では、実家の名前を使っています。こういう場合、どちらの名前で先祖供養をしたらいいでしょうか?

ご教示いただけると、幸いです。



生かして頂いて、ありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2007-12-05 20:36:23
今日のお話は、胸が詰ります。
実は、18年以上も生きた雑種の飼い犬のことで、ご相談があります。
7年前、死に目には会えませんでしたが、いまだにほぼ毎日思い出します。

過去ログでは、動物には長くて1週間ほど、半分に折った線香で供養をしたら、すぐに忘れてあげること、線香を折るのは、縁を切る意味がある、とありました。

7年も忘れられないというのは、やはり半分のお線香で縁切りをしてあげた方が、その犬のためにも良いでしょうか?
Unknown (Unknown)
2007-12-05 20:42:23
涙が出ました。
ジョンは幸せ者です。

それにしても多くの犬猫は保健所で殺されていくのでしょう!
仔猫は箱やスーパーの袋に入れられ捨てられ、死んでいくケースが多いようです。
それを合わすと、数え切れない程の犬猫が死んでいくのでしょう!!

ただ少しわからないのは、犬は人間が大好きですよね。
猫はどうなのでしょう!
犬は人につき、猫は家につくと言われていますよね。
猫にとっては、飼い主より場所の方が大切なようです。
猫も人間に看取られたいと思っているのでしょうか??
人間の方が低い? (Unknown)
2007-12-05 20:48:03
動物は自殺はしませんよね。

食べ物が欲しかったら力尽きるまで探し廻るだけです。

ところが人間ときたら、衣食住は足りていて命の保証は充分成されているのに、自分の欲や見栄、プライドが達成されないと悩み、まだ来ぬ将来に脅えたりで、自ら(又は他人の)内在神を殺し、根源神からの流れを絶ってしまうなんて、この場合、はっきり言って動物より下等な生き物になっているのではないでしょうか。



犬のジョンくんの生き方(死に方)は、人間を含めた高等動物のお手本だと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事