函館 Glass Life

函館市田家町で眼鏡店「サポートGlass」を営む50代店主の趣味と感じたことの
日記です。

日本一の男・肝付尚五郎!!

2008-02-04 | 歴史
斉彬から於一に「日本外史」が届くとは驚き
ですね
「日本外史」は前回の大河ドラマ風林火山で、
第四回川中島の戦いを『鞭声粛々夜河を過る…』
と漢詩で表した頼山陽が書いたものなのです。
後の尊皇攘夷思想の元になったとも云われている
書物なのです。
察するに、斉彬はこの頃尊王攘夷の考え方を持っ
ていたのでしょうね
特に攘夷、外敵に立ち向かうと云う考え方が強か
ったのではないでしょうか
斉彬のこの考え方の延長線上に薩英戦争があった
のかも知れません。
それにしても女性の於一に「日本外史」を渡すな
んて尋常ではないのです。
この頃から、斉彬は将軍家定の正室として於一を
考えていたのでしょうか??

後に天皇家と幕府が一体となって攘夷にあたる為
公武合体(天皇の妹と将軍の結婚)をする事になる
のですが、その前に外様の大々名、薩摩と幕府の
薩幕合体があった訳です。
いずれにしてもこの時期、朝廷も幕府も大名も外
敵に対して相当の危機感があったのでしょうね
危機感と云う点では意を同じくしても方法、考え
方が全く違うのです
天皇を中心とするのか、幕府を中心とするのか、
はたまた共和国として天皇を含め徳川家や諸大名
の代表からなるメンバーによる合議制になるのか、
十人十色の考え方の集約の作業に入る訳です。
勿論、この作業の為かなりの血が流れるのですが
話し合いだけでは動く時代ではなかったのです

ドラマの中で肝付尚五郎が遂に於一の父忠剛に
告白しましたね
格下の家柄でしかも三男とくれば殆ど可能性が
有りません
忠剛からの返事が以外でしたが…
結果的にこの縁談は破談になるのですが、尚五
郎(後の小松帯刀)は若くして薩摩藩の家老に抜
擢され西郷や大久保を登用し幕末の舵取りをす
る事になるのですら分からないものです
ある意味、今回のドラマのテーマ「日本一の男」
は肝付尚五郎かも知れません

斉彬との対面の席で早とちりをする忠剛ですが
斉彬にとっては逆に好印象に映ったでしょうね
実直な忠剛ですが尚五郎の事と云い薩摩武士の
片鱗を感じるのです

いよいよ来週は篤姫の誕生の様ですが、自分の
運命を受け入れしっかり生きていく姿をじっく
り見てみたいと思っている僕なのです


ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごっくん馬路村!! | トップ | 又、食べてしまった!! »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちはです (ikasama4)
2008-02-04 12:57:53
なるほど、面白い推察ですね。
たしかに斉彬は諸外国から大砲を購入するのではなく
自国で武器を作ろうとしていましたからね。

それはあくまでも諸外国に対抗できる武力を
持とうとした、すなわち「攘夷」思想というやつですね。

おそらく斉彬はこの時から於一を
将軍家の正室に考えていたのは間違いないでしょうね。

京で近衛家と会っていたのもその伏線でしょうね。


そういえば島津久光は公武合体を推し進めようとした
主導者でしたね。

ちなみに自分も最近知ったのですが
島津久光の孫の孫というのが今の天皇さんだそうです。
こんにちは!! (iseッチ)
2008-02-04 14:14:46
そうなんです。
将軍家にも天皇家にも島津の血が
入っていたと云うことでしょうか。
篤姫と皇女和宮の確執は、裏を返せば
斉彬と久光の確執だったのかも知れま
せんね。
日本の閉塞感の本質 (青柳洋介)
2008-02-04 15:56:59
日本の閉塞感の本質が判明した。

上層部が内側に向かってばかり吠えるから。上層部は外へ向かって、つまり世界へ向かって吠えるべき!

要するに、上層部が情けない「内弁慶」にすぎないということでした・・・

おわり

青柳洋介
はじめまして (あんの)
2008-02-04 23:29:06
はじめまして
トラックバックありがとうございました。

>斉彬はこの頃尊王攘夷の考え方を持っていたのでしょうね

薩摩は、幕末中盤から後半の印象が強すぎてそういう印象がなかったのですが、そう言われるとそうですね。

でも、薩摩の政治は色んな意味で大人でしたからねえ(苦笑)


多分!! (iseッチ)
2008-02-05 00:30:15
日本の閉塞感の本質は分かりませんが
上に行けば行くほど責任を取らなくても
良い仕組みになっているところかも??
始めまして!! (iseッチ)
2008-02-05 00:34:51
あんのさん、こんばんは。
始めはどこの藩もだいたい攘夷の
考え方が強かったと思います。
列強を相手にするには攘夷だけでは
どうしようもない事に段々と気づくので
しょうね。
深い! (コウジ)
2008-02-05 12:21:23
TBありがとうございます。

「日本外史」からそこまで洞察されるとは。
歴史の教養があると、そこまでドラマを楽しめるんですね。
うらやましい。

今後とも深い洞察、読み込みを楽しみにしています。
Unknown (iseッチ)
2008-02-05 15:26:11
コウジさんコメント有難う御座います。
教養ではなくただの歴史好きなだけです。
諸外国との関わりの中で斉彬の考え方が
どう変化するのか楽しみです。
又、遊びに来て下さいね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「篤姫」第5回 (日々“是”精進!)
第五回「日本一の男」於一のもとに、斉彬からひとそろいの「日本外史」が届いた。うれしそうに史書を読みふける於一に菊本は、女性の幸せは良い嫁になることだと説く。一方、忠剛は忠教から、息子の右近が於一に一目ぼれし、結婚したいと言っていると聞かされる。忠剛は、...
篤姫「日本一の男」 (『ならうよりなれろ!!』)
篤姫「日本一の男」 於一にはじめての「縁談」です。 縁談ね、ああ、縁談・・・・↓↓↓。 於一のもとに斉彬からプレゼント「日本外史」が届きました。 喜んでよみふける於一。 そんな於一に 女の幸せはよい嫁になることだ←ケっ。 と説く菊本。 「姫さまはもう十...
「篤姫」5話 (ice-coffee)
「日本一の男」今回は 於一(宮崎あおい)の縁談と 尚五郎(瑛太)の心の動揺 そして、ジョン万次郎(勝地涼)の登場でありました。
◎篤姫「日本一の男」 (江戸川心歩・傑作娯楽小説全集)
 ジョン・万次郎さん登場! へえ、この時代は、日本の大砲は青銅だったんだ。これでは射程距離は短いな。鉄製の大砲に、殿様が強い関心を持った。 「日本外史」を読む於一。女性が男性と同じ本を読むのは、やってはいけない事で、33年前、私が大学生の頃でも、半数以...
篤姫~第5話・尚五郎の求婚! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
篤姫ですが、於一(宮崎あおい)に島津斉彬(高橋英樹)から日本外史が贈られます。於一の史書好きは殿様公認になってしまいます。頼山陽の日本外史は近藤勇も愛読していましたが、今でいえば司馬遼太郎のようなものかもしれません。(篤姫、第5話・日本一の男の感想、以...
篤姫・第5話 (ブルー・カフェ)
天璋院篤姫のすべて芳 即正新人物往来社このアイテムの詳細を見る 篤姫第5話です。ゆるいペースでも第1回目の放送からナントカ1ヶ月が経過しました。昨年の「毒満載」の大河毒も大分抜けてきましたかね~・・・いや「フグの毒」はあたると痺れますからねぇ(いやはや) ...
★尚五郎決意表明!!・・篤姫5 (・*:・ふわゆら生活・:*・)
今日は日曜日。。いつもどおり8時からは大河ドラマを楽しみます~大河ドラマ「篤姫」於一に縁談が動揺する尚五郎。。もぉ~~じれったいぃぃぃ。。遠まわしに於一の気持ちを探ってんじゃねぇ~~お友達に相談してやっとなんとか動き出す気配~。。尚五郎ちゃんの於一を見...
篤姫 第5回 於一の縁談 (レベル999のマニアな講義)
内容斉彬との面会からすぐ。於一の元へ、史書が届けられた。喜ぶ於一だったが、菊本はそろそろ女として縁談のことを考え、女らしくあるべきと言うが、意に介さない於一。そんなとき忠教から、息子・右近と於一の縁談の申し入れがある。お由羅騒動で2派に別れた薩摩藩の架...
飲んでいいのですか・・・(瑛太)飲んでいいのですっ。(宮崎あおい) (キッドのブログinココログ)
・・・微妙に違うんじゃないのか・・・いつものことではないか・・・それもそうだな。
篤姫:第5回「日本一の男」 (食う♪読む♪歩く♪)
ホームコメディと言われてもいいのです。 ありえないと言われてもいいのです。 私、
篤姫(2月3日放送) (のたまふ)
第5回/日本一の男 於一(宮崎あおい)のもとに、斉彬(高橋英樹)から一揃いの「日本外史」が届く。喜んで史書を読みふける於一に、菊本(佐々木すみ江)は、女の幸せは良い嫁になることだと説く。 そんな折、忠教(山口祐一郎)が、息子の右近(加治将樹)が於一に一目...
篤姫 05「日本一の男」 (はざまの欠片)
突如やって来た於一(宮崎あおい)の縁談話。これを阻止すべく駆け回った尚五郎(瑛太)にキュンキュンする話…と見れば面白かったかもしれません。 あれほど煮え切らない尚五郎が「日本一の男になる」って決意したんですから、そりゃもう素敵でしたよ。 こんなに一途に...
篤姫 #5 日本一の男 (たっくんママのひとりごと)
尚ちゃーーーーーん(;つД`) 。 いやー、よくぞ言った! ホント思い切ったよw そして、於一ちゃんのパパも許してくれたのにぃ~。あ~、来週見るのが今から不憫ですぞ~。 斉彬から日本外史一揃いを贈られて満悦の於一w でも、菊本は女は嫁に行くもの!と、苦い顔です...
大河ドラマ 篤姫 第五回「日本一の男」 (真田のよもやま話)
お~れ~はこのよでいちばん・・・ってのは無責任男でしたっけ。 ホラ吹き男でも、ゴマすり男でも、ゴリガン男でもなく、 やっぱり於一ちゃんにとっての、日本一の男の中の男でなくっちゃあいけないんでしょうねえ~。 ・・・なんたる高望みかっ!{%heart2_a%}
篤姫 第5回「日本一の男」 (バレルオーク)
<私にとっての日本一!>「そなたの娘はおもしろう娘じゃ。ハァー!」このため息は?忠剛も親、親は大変です。「相手を連れて参れ!」と於一は言うが、我が娘を架け橋には出来ないですよね・・。尚五郎の心を乱す戦法はお見事!尚五郎もぐらついていましたが・・。縁談の...
篤姫(2月3日) (今日感)
尚五郎お見事!!!
篤姫5話「日本一の男」 (きいろいくま)
尚五郎・・・!第5話 もう今回は尚五郎が主役で。歴史は変わったりしませんが、本当
大河ドラマ「篤姫」#5 (ミチの雑記帳)
「日本一の男」 縁談って重なる時には重なるんですね~。 於一、モテ期に突入か!{/heart2_glitter/} {/hikari_pink/}縁談その1:斉彬の義弟・忠敬の嫡男・右近が於一に一目惚れ! 忠敬って兄・斉彬にへりくだってるけど、なんだか内心は腹黒そうで好きじゃないな~...
篤姫 #05 日本一の男 (ビヨビヨ素材日記)
テレビ版の 『篤姫』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)とうとう於一(おかつ)に縁談が舞い込んで来ました。 続きしかも...
篤姫第5回「日本一の男」 (さくら色通信)
今日は於一の縁談話が持ち上がります。先週斉彬に気に入られた於一でしたが、斉彬家の養女になるのもそこそこにサブタイトルが「日本一の男」だったのでいきなり将軍へ嫁ぐお話なのか??と思いましたが、違う意味での「日本一の男」でしたね。ちょっとクサかったけど尚五...
NHK篤姫(05)薩摩の話:養女とジョン万次郎 (MuBlog)
承前:NHK篤姫(04)薩摩の話:信賞必罰と融和策  ほのぼのとした若い男女の気持ちの揺れが描かれていた。間にジョン万次郎の挿話があって、プレジデント(大統領)の札入れの話や、レイディファーストのこと、結婚は女性の同意が重視されるなど、篤姫は肝付尚五郎(小松帯...
第5回「日本一の男」 (政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~)
鹿児島藩の藩主・島津家は、宗家のほか4分家がある。また、上級・下級と藩士団を10万人以上抱えていたという。それもさもありなん、石高は仙台藩・伊達家をも凌ぐ77万石である。薩摩(今の鹿児島県東部,主に鹿児島市など)に大隅(今の鹿児島県西部,主に霧島市・鹿屋市・志...
大河ドラマ「篤姫」第5話「日本一の男」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
於一に縁談!?お相手は忠教の息子、右近!!ふたつの家を繋げる架け橋になる~なんてうまいこと言ってるけど、一体いつ見初めたのやら(><)忠教もしょせんは親バカだったってことねでもそれを聞いて焦ったのは肝付。この縁談壊したいばかり。西郷さんに諭され、自分の...
【篤姫レビュー】日本一の男 (必然的なヒストリー)
於一に縁談の話が。相手は久光の息子・右近。右近はともかく、この久光という人物。このドラマではどのような人物として描くのでしょうか。今回の印象ではBGMの効果もあってか、腹に一物あるような人物であるように感じられました。 一方では。今回は、伝説の漂流者・...
篤姫「日本一の男」 (森の中の一本の木)
 「頑張れ、勇気を出せ」と応援したところで、その先の未来を知っていると、どうも空しく感じてしまった、尚五郎青春物語。    「私にとって日本一の男。」尚五郎には言葉の真意は、もちろん分からない。分からないゆえに苦悶するが、一途な気持ちは勇気を搾り出...
篤姫~第5話 (テレビドラマ図鑑~データベース)
於一は島津斉彬より日本外史を贈られますが、菊本はそんな物ばかり読んでいると婚期が遅れると心配します。於一は久光の息子に見初められ、...
大河ドラマ 「篤姫」 日本一の男 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
日本一の男。 まさかそれが、 日本を統括する「本物の日本一の男」になろうとは・・・。
篤姫 第5回「日本一の男」 (平成エンタメ研究所)
★かっこいいぞ、尚五郎!  於一(宮崎あおい)に縁談話。  重富島津の嫡男・右近様。家格は問題ない。  於一の家の今和泉島津とは派閥が違うが、分裂した薩摩を繋ぐ架け橋になるかもしれない。  揺れる尚五郎(瑛太)。家格は下で三男。  右近を見つめる於一を見る...
『篤姫』第5回「日本一の男」 (strの気になるドラマ 気になるコト)
2008年『篤姫』第5回。。於一を養女にしたいという発言の前振りか!?斉彬から思いもかけぬ贈り物。史書。『日本外史』頼山陽・著。史書なんかよりも花嫁修業を!と騒いでる所に。。敵方の大将?忠教の子・右近との縁談が於一に。。それにしても尚五郎の衝撃発言!!2008...
「篤姫」第五話 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ~ドラマ編(仮))
この時代の家意識や結婚観に翻弄される思いがある。 第五話『日本一の男』
篤姫第5話(2.3) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
相変わらず、連続テレビ小説みたいな展開ですね。 まあ、後になって回想するときのために必要な儀式みたいなものなのでしょう。 自由奔放に生きてこられた於一@宮崎あおいの少女時代。 それも、次回、島津斉彬@高橋英樹の養女になることで終わりを迎える。 この4話...
篤姫大河ドラマ・あらすじ 5.日本一の男 (篤姫大河ドラマ)
篤姫大河ドラマ・あらすじ 5.日本一の男 今回の大河ドラマ篤姫は「日本一の男」です。 篤姫(まだ於一=おかつ、宮崎あおい)を幼い頃から世話してきた老女・菊本(佐々木すみ江...
篤姫大河ドラマ・あらすじ 5.日本一の男 (篤姫大河ドラマ)
篤姫大河ドラマ・あらすじ 5.日本一の男 今回の大河ドラマ篤姫は「日本一の男」です。 篤姫(まだ於一=おかつ、宮崎あおい)を幼い頃から世話してきた老女・菊本(佐々木すみ江...