函館 Glass Life

函館市田家町で眼鏡店「サポートGlass」を営む50代店主の趣味と感じたことの
日記です。

風林火山と軍師の本当の仕事!!

2007-04-09 | 歴史
昨日の風林火山、諏訪征伐に対する勘助の
作戦に対して、古参の家来との対立。
どこの組織でもありそうですね。
それはそうと、勘助と教来石との猿芝居
中々面白かったですね。使いに来た二人が
全く違う意見で対立する様を、諏訪の分家の
高遠頼継の前で繰り広げるとは。さすが勘助!!

軍師といえば、勘助もそうですが
合戦においての作戦参謀と考えるのは
必ずしも正確ではありません。
勿論、そういった仕事もありますが
本来、易者として雇われた男達なのです。
昔は今以上にジンクスを深く信じていたので
戦争をする際の日取り・方角・運気などなど
それら全てに精通していたのが軍師なのです。
ですから軍師には、易学に通じた禅僧や
修験者や陰陽師出身者が多かったのです。
その他に、出陣式・凱旋式を取り仕切ったり
前にも書きましたが、首実検などは軍師の
仕切りで行われるのです。
軍師は確かに兵法に通じた人が多かったが
戦術はアドバイス程度であったようです。
大将が軍師に期待したのは、味方の士気を
高めることだったのです。
風や鳥の動向、敵の挙動を占い兵を勇気づけ
たのです。
三国志に出てくる諸葛亮孔明とは随分違い
ますよね
史実の軍師はドラマなどに出てくる軍師とは
かなりイメージが違うのです

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (3)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 友人に聞かれた、東京遷都に... | トップ | UVcaffe「ユーヴイカ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
毎日☆楽しそぉ。。。 (New-senr♪)
2007-04-09 11:39:56
先日は足跡 3Qでした。。。

毎日◇若い人に囲まれての仕事が羨ましい(なぁ~!?)

さて~今年は雪が少なかった。。。と(聞いていますが…)

未だ残っているンですか?

小生は今夜 花見会 (^_-)-☆に行って来ます。。
そうなんだ! (りえ先生)
2007-04-09 21:00:17
軍師って、実際はそんなお仕事をしていたんですね~。
イメージとだいぶ違う…!
今週の風林火山は、平蔵なんかも出てきてほのぼのしてましたね。来週はかなりドラマチックな予感!楽しみです。
Unknown (iseッチ)
2007-04-10 01:18:33
りえ先生も歴史好きなんですか?

ドラマは一般的な軍師のイメージで

見た方が、きっと面白いでしょうね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
風林火山~第14話・水魚の交わり! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
風林火山ですが、前回関東管領上杉家が信濃の武田領に攻め込んでいたあたりで終わったのですが、こちらは諏訪家との和議などでアッサリ解決します。よく分かりませんが、真田幸隆の便乗は当てが外れたようですし、武田としては諏訪に裏切られた形になるようです。(風林火...
勘助と信玄 (山本勘助は軍師、瀬島龍三は参謀)
NHKの大河ドラマ「風林火山」がいよいよ佳境に入って来ましたそろそろ川中島の合戦が近づいてきましたドラマの主人公が軍師と歴史の中では脇役を物語りの主人公にしてスートーリーを組み 読者・視聴者を引き付ける井上靖さんの歴史小説の作家としての素晴らしさを改めてか...