函館 Glass Life

函館市田家町で眼鏡店「サポートGlass」を営む50代店主の趣味と感じたことの
日記です。

桜田門外の変!!

2008-08-11 | 歴史
ついに幾島との別れの日が来ましたね
以前、幾島については紹介した事がありますので→こちら
『私は長い間そちが嫌いであった』と天璋院。
『私もあなた様にはほとほと手を焼きました』と幾島。
長い間苦楽を共にした二人らしい別れの言葉ですね。

もう一人
最後の秘策「公武合体」を推し進めようとしている井伊直弼
にも別れの日が刻々と近づいていたのです。
水戸と薩摩の浪士が直弼暗殺に向け、ちゃくちゃくと準備を
進めていたのです。
そんな事とは知らず…
天璋院は直弼と直接面会しその真意を糺すのです。
『国を守る為、己の役割を果たしたまで』と言い切る直弼。
直弼の言葉に感動を覚えた天璋院でしたね
直弼も『亡くなられた上様の気持ちが少しだけわかった気が
します』とは…
赤鬼・井伊直弼にしては何と素直な言葉なのでしょうか
天璋院は全ての人の気持ちを掴んでしまうのですね
何れにしてもこれが天璋院と直弼の最後の対面となるのです。

そう云えば
桜田門外の変に薩摩藩士が一人加わっていますよね。
有村冶左衛門です。
「水戸藩士が直弼を暗殺したら、薩摩の同志が脱藩・先君の
遺志を継いで京都を守護する」という密約があったらしいの
です
薩摩の同志が脱藩と云う事は薩摩藩としてこの暗殺に直接関
わっていないと云う体裁を繕っただけなのでしょうか??
大久保らが尊王攘夷派の動きを抑えた為、事なきを得たと云
うのが真相の様ですが…

直弼暗殺が起きた時、藩主忠義は参勤交替で江戸に向かう途
中だったのですが、一報が入ると直ぐに引き返したと云いま

今の時代と違い情報を整理するには時間が掛るのです。
万が一、幕府により直弼暗殺の嫌疑か掛けられないとも限り
ません。
一方、薩摩藩内の尊王攘夷派が力を持ち京都に集結するかも
知れません。
一触即発の事態なのです

この事件の後、水戸家に対して強硬な態度に出るべきだと主
張する向きもあった様ですが、老中・安藤と久世が朝廷と幕
府の関係改善を画策し水戸家を不問に処したのです。
賢明な策ともとれますが、一方で幕府の弱体化に歯止めが掛
らなくなったのも事実なのです。
どちらに転んでも徳川幕府の賞味期限が切れたと云う事なの
でしょうね

水戸家不問の裏で根回ししていたのがどうも松平容保らしい
のです。
将軍家と水戸家の和解を斡旋したのも容保らしいのです。
若年ながら松平容保とは中々の人物だったようですね

ところで
暗殺場所の桜田門ですが、実は内桜田門と外桜田門の二つあ
るのです。
一般に桜田門と言うと外桜田門を指す様ですが…
余談ですが警視庁の事を通称桜田門と言いますよね。
直弼が暗殺された桜田門の正面に警察庁があるのでそう呼ば
れる様になったらしいのですが、自分が暗殺された場所の近
くに警視庁が出来るとは、さすがの井伊直弼でも思いもよら
なかったでしょうね
何とも皮肉なものです。

いよいよ勝麟太郎が登場しました。
まさか北大路欣也が勝海舟役だとはちょっと驚きです!!
もっと若い俳優さんだと思っていたので…
勝海舟・坂本竜馬・岩倉具視・高杉晋作・伊藤俊輔(博文)
山縣有朋・大村益次郎などなど、数え上げたらきりがありま
せんが幕末を動かした面々が続々と登場しますね
幕末を動かした若者達のこれからの活躍がとても楽しみです


サポートグラスのCMです


Flash Player 9 無料ダウンロードサイト
CMがうまく表示されない場合はFlash Player 9以上を
ダウンロードしてくださいね
                





ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久し振りの再開、皆元気でし... | トップ | メロンの差し入れ!! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです (まっちゃん)
2008-08-11 23:04:41
こんばんは。TBありがとうございます。
こちらもTBしたのですが、うまくいかなくてコメントで失礼します。
篤姫も毎回見ごたえありますねー。
せっかく篤姫と井伊大老が理解し合えたというのに残念です。
役割に徹していた井伊大老は茶室での場面では今までの冷徹非道のイメージとはまた違う印象を受けました。
桜田門外の変に薩摩藩士が加わっていたのは密約があったのですねー。
さすがお詳しいですね。
まっちゃんさん (iseッチ)
2008-08-13 10:46:06
おはようございます。
有村冶左衛門でいね。
桜田門外の変のあと、老中・安藤信正を襲撃
した坂下門外変でも薩摩が絡んでいるようで
す。
襲撃犯には入っていませんが。

Unknown (Aki_1031)
2008-08-14 14:02:29
iseッチさん、はじめまして。
先日は拙ブログにコメントありがとうございました☆
ホワイト家の華麗なる北大路勝センセ(笑)は、
存在感が大きすぎて少々重かったですね~(苦笑)。
後に罷免された北大路勝センセが江戸に逃げ帰ってきた平慶喜公と
ご対面するシーンを想像すると、あまりの存在感のギャップに
今から楽しみです♪…って、
そこまでやってくれるかが心配ですが(苦笑)。
Aki_1031さん (iseッチ)
2008-08-14 15:25:00
コメント有難う御座います。
勝と慶喜は配役的に逆でも
良かったかも知れませんね。
ご対面のシーンはおそらく
ないと思いますが、もしあ
ったなら北大路さんには少
し抑えた演技をして欲しい
と思います(苦笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
篤姫#32 (MEICHIKUなんでもぶろぐ)
確かに、今回の物語には「桜田門外の変」が描かれているが、相変わらず各回のサブタイトルに誤りがある展開ですね。後半の重要人物・和宮が登場するまでのつなぎという感じで、そこまでにやっておかなければならないことを詰め込んだという感じでした。よって、今回は主眼...
「篤姫」第32回 (「プレシャス」な 女たち)
 桜田門外の変、勃発。 日本史の授業で必ずでてきますね。 日本の歴史教育って、明治維新まではなんとか間に合うんですけど、 明治以降は「授業時間切れ」でね~。 それでも今回の篤姫で 桜田門外の変、にいたるまでの不満分子の気持ち、というものがわかりました。...
篤姫/第32話 (現在年収8万円。目標年収12万円)
 篤姫、面白いです。  今回は桜田門外の変でした。  お茶室で、井伊大老の内面にふれた篤姫。  大老もまた、篤姫のひととなりに触れた。  お互い 「一期一会」の中に歩み寄れるものを感じたのに、  運命は非情にも・・・。  思えば、桜田門外の変...
『篤姫』第32回 (悠雅的生活)
 ~桜田門外の変~      
篤姫 第32回「桜田門外の変」 (平成エンタメ研究所)
★井伊直弼の歴史的役割  天璋院(宮崎あおい)に茶をたてる井伊直弼(中村梅雀)。  その主張は次のようなもの。  「攘夷などすれば外国に攻められ国が滅ぶ。自分はそれを防ぐために攘夷勢力を弾圧した」  「そのために恨みを買うことはやむを得ない。おのれの役割を...
篤姫・第32話 (ブルー・カフェ)
『さらば大老!』(※ikasama4さんより募金) 遂に「その時歴史が動いちゃった」・・・「桜田門外の変」です! よくよく考えるとちょっと「ヘン」なネーミングですね。「桜田門」に「外」が付いていて「変」・・・変(ぼそ) 「城内に入れなかった」ってことで「外」な...
篤姫・第32話 (ブルー・カフェ)
『さらば大老!』(※ikasama4さんより募金) 遂に「その時歴史が動いちゃった」・・・「桜田門外の変」です! よくよく考えるとちょっと「ヘン」なネーミングですね。「桜田門」に「外」が付いていて「変」・・・変(ぼそ) 「城内に入れなかった」ってことで「外」な...
「篤姫」32話 (ice-coffee)
「桜田門外の変」 ついにこのときが来ました。。
「篤姫」第32回 (日々“是”精進!)
 第三十二回「桜田門外の変」天璋院は、ついに幾島との別れの日を迎えた。天璋院は別れのあいさつなどいらないと強がるものの、涙が止まらない。そのころ、幕府では蒸気船”咸臨丸”をアメリカに向け出航させる準備を進めていた。家茂と天璋院は、乗組員の勝と面会。一方...
篤姫 [32:桜田門外の変] (MiracleFruits)
別れの日、幾島は亡き斉彬から折をみて天璋院に渡すよう預かっていた薩摩の情景を描いた掛け軸を広げて見せた「いまこそ、その時かと・・・」懐かしき故郷の景色・・・天璋院は、薩摩と共に幾島を思い出す事にしようと言う「ありがたき幸せにございます」強がりを言いなが...
篤姫~第32回・桜田門外の変 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
篤姫ですが、幾島(松坂慶子)が正式に大奥を去ることになります。幾島は、天璋院(宮崎あおい)に桜島の絵を描いた掛け軸を渡します。これは斉彬からの贈り物ですが、幾島や薩摩の思い出となります。(以下に続きます)
桜田門外の変 画像 (電撃テンジカーズ アニメイト )
おやおやおや~~まぁ、ほんとですかぁ~~これは すごいですね!! 桜田門外の変ストーリー性のある映像作品は、この一シーンの為に、何話にもまたがり、何時間にも渡る布石がちゃくちゃくと敷かれて来たのが活きて来ます! また、演じている方が正に名優。 NHKはずるい...
篤姫:第32回「桜田門外の変」 (食う♪読む♪歩く♪)
ご無沙汰しております。 久々に(?)、でも途中から見た『篤姫』。 美しい桜田門外
篤姫 #32 桜田門外の変 (ビヨビヨ素材日記)
大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)冒頭で幾島が去り、寂しくなるなぁと思ったのも束の間、薩摩の...
篤姫 第32回 遅すぎた理解 (レベル999のマニアな講義)
『桜田門外の変』内容井伊直弼が行った弾圧。安政の大獄それは、幾島に別れの決断を確認させるに十分であった。そして幾島が大奥を去る日。天璋院『私は長い間そちが嫌いであった幾島『私もあなた様には、ほとほと手を焼きました幾島から、斉彬から預かっていたという薩摩...
篤姫 第32回 遅すぎた理解 (レベル999のマニアな講義)
『桜田門外の変』内容井伊直弼が行った弾圧。安政の大獄それは、幾島に別れの決断を確認させるに十分であった。そして幾島が大奥を去る日。天璋院『私は長い間そちが嫌いであった幾島『私もあなた様には、ほとほと手を焼きました幾島から、斉彬から預かっていたという薩摩...
大河ドラマ:篤姫第32話「桜田門外の変」 (山南飛龍の徒然日記)
とても見応えのある回でしたね。これまでに放送された篤姫の中でも間違いなく上位に来る出来です。話の持って行き方といい、緩急のつけ方といい、江戸・薩摩の両方が立つ作りといい、今回はべた褒めな感じですよ(笑)家定様亡き後、些か心配でもありましたが、心配する必要...
篤姫 第32話 『桜田門外の変』 感想 (メガネ男子は別腹☆)
[篤姫] ブログ村キーワード 上様が亡くなってからテンションだだ滑りだったんですが、久々に面白かったわ~! 井伊直弼と天璋院の腹の探り合いのような刺々しかった遣り取りが、茶の湯ひとつで少しずつ変化していく過程が実に面白い。
大河ドラマ「篤姫」第32回「桜田門外の変」 (真田のよもやま話)
ええっと~~~、まだいたんですか幾島・・・。あ、失礼、でもでも、だってほら、もう3週にもわたってお別れネタですよ、まるで引退興行を一年続けた某アントニオ様のような~(汗)。{%うーん…(シクシク)hdeco%}
大河ドラマ「篤姫」 第32回「桜田門外の変」 (風のうわさ)
まずは、幾島との別れのシーンから。 先週、さらば、といっておきながらも、まだまだ未練たっぷりなところが 幾島らしいですね。 勝麟太郎が、お土産を携えて 対面にやってきました。 将軍そっちのけで 天璋院とばかり話している勝。 天璋院に取り入るのが得策だと ...
「篤姫」第三二話 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ~ドラマ編(仮))
新たな出会いと再会。 心のわだかまりが少し解け・・・別れが訪れる。 第三二話『桜田門外の変』
一期一会(篤姫・32話) (朝凪、夕凪)
幾島が、大奥を去る。 (前回の副題が「さらば幾島」だったし、今回が正式なお別れとは思ってなかったので、幾島の退出後、一瞬、今回はもう終わり?なんて、錯覚してしまったり・汗)
篤姫 第32回「桜田門外の変」 (みはいる・BのB)
先週で幾島さんとはお別れだと思ってましたが、今回が本当のお別れでした。(^^;;
【篤姫】第三十二回 (見取り八段・実0段)
公方様は彼の者が点てた茶を飲まれたことはありますか。これから手を携え、解り合えたかも知れないのに・・・安政七年三月三日、大奥で花の祭りが行われていた時、大老・井伊直弼は桜田門の前で、水戸の浪士に襲われ殺害された。首を上げたのは、薩摩の者だった、と滝山は...
『篤姫』第32回「桜田門外の変」 (strの気になるドラマ 気になるコト)
殺されるべくして殺される井伊直弼。。幾島が大奥を去る日。それに際して「長い間、そなたが嫌いであった」と。。幾島は斉彬から預かったという鹿児島の絵の掛け軸を篤姫に。そして代わって重野が。井伊大老による安政の大獄。。幕府の維新をかけて。。しかし、人身を捉ま...
第32回「桜田門外の変」 (政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~)
井伊直弼は、安政7(1860)年3月3日…江戸城桜田門の前にて、水戸や薩摩鹿児島といった各藩出身の浪士らに襲われ、その46歳の生涯を閉じた。世に言う桜田門外の変の顛末だが、その事件が勃発する実に5年も前から自らの身の危険を察してのことだろうか、自らの戒名を自らの手...
大河ドラマ 「篤姫」 桜田門外の変 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
戒名を決めてまで政を行っていた井伊直弼。 それだけ強い意志で行っていたということでしょう。 その結果水戸藩・薩摩藩士に刺されることに。
篤姫第32回「桜田門外の変」 (さくら色通信)
安政の大獄が出たと思ったらもう桜門外の変。しかも来週の予告ではもう和宮が登場します。折り返し地点に来てなんだか展開が速いですね~。さて、幾島の件は先週の涙涙のシーンで終了したのかと思いましたが、まだ江戸城を去ってはいなかったのですね、今日は幾島が出て行...
篤姫第32話(8.10) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
「この直弼を動かしたのは、この国を護りたいという一心にございます。 諸外国からこの国を護るために、通商条約を結び、 愚劣な輩から国を護るために、恨みを買うこともやむを得ずと。」 「私は己の役割を果たしたまで・・・」 茶の湯の席で話し合った結果、 初めて...
篤姫 第32話 「桜田門外の変」 (渡る世間は愚痴ばかり)
今日は天璋院にとって大切な日。 幾島が大奥から去る日だった。
【篤姫レビュー】桜田門外の変 (必然的なヒストリー)
日本史史上、有名な部類に入るであろう桜田門外の変がメインであった今回。『歴史イベント』がサブタイトルになるのも久々な気がします。序盤、前回で出番終了だと思っていた幾島が今度こそ江戸城から退去。松坂慶子、退場の仕方が歯切れが悪いというか、中途半端というか...
桜田門外の変 (けんじの日記)
「桜田門外ノ変」映画化へ 水戸に支援の会 MSN産経ニュース桜田門外の変が起きた...
篤姫 第32回 「桜田門外の変」 感想 (くまっこの部屋)
安政七年(1860年)3月3日、ついにその時がやってきました!雪が静かに降る中、
篤姫「桜田門外の変」 (森の中の一本の木)
 「相棒」ファン様にしか分からないことだと思うのですが、この「桜田門外の変」と聞くと、「桜田門内の変」を連想してしまう・・・困ったものです。  幾島は去って行きました。去るものがいれば、必ず空いたところが埋まっていくと言うのが世の常でございます。重野...
大河ドラマ「篤姫」#32 (ミチの雑記帳)
「桜田門外の変」 前回かなりウルウル来てしまったので、今回改めて幾島とのお別れが描かれても「あら?まだいたの?」って思ってしまった私は薄情者でしょうか。前回幾島が去っていくところまでやるわけにはいかなかったのかな? 幾島に代わって天璋院のお世話をするの...
大河ドラマ「篤姫」第32話「桜田門外の変」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
いよいよ桜田門外の変!!最後までイヤなおじさんで終わってしまうのかと思いきや、今回は井伊のいいシーンが出てて、少しだけ和解した感じ。最後にほろりとさせてくれました(^^)しかしなんだかんだ言いつつ今回は色々なところで動きがありましたね~。ついに今日は幾...
茶人散る篤姫 (~っぽくないナースこぼれ話)
いやいやあの井伊大老オヤジがあそこまで茶の道に造形が深いとは知りませんでした。