鵺帝国領ブログ

鵺帝国の飛び地。暇人も多忙の方も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Ubuntu 16.10 の設定(個人的メモ)

2017年01月21日 | Computer
また新たな Ubuntu 環境を構築したので、設定をメモしておきます。
(Ubuntu 14.04 のときの設定は2014年5月10日の記事を参照)
※本記事を参考にしたことにより生じる如何なる問題についても責任は負いかねます。ご了承ください。


各種ディレクトリ名を英語に変更
端末で以下を実行。
$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update


ゲストセッションの削除
起動時のユーザ選択画面から「ゲストセッション」を削除する。/usr/share/lightdm/lightdm.conf.d/50-ubuntu.conf に次の1行を追加。
allow-guest=false


外観の設定
グローバルメニューを無効化してメニューバーをタイトルバーの下に表示するには、端末で以下を実行(参考: しっくり生活)。
$ sudo apt remove --purge appmenu-qt appmenu-qt5 indicator-appmenu
$ gsettings set org.gnome.settings-daemon.plugins.xsettings overrides '@a{sv} {"Gtk/ShellShowsAppMenu": <int32 0>}'


各種プログラミング言語の環境等のインストール
端末で以下を実行。
$ sudo apt-get install ocaml
$ sudo apt-get install guile-2.0
$ sudo apt-get install ghc
$ sudo apt-get install scilab
$ sudo apt-get install ledit


.bashrc の設定
~/Documents/settings/ledit/ というディレクトリを作った上で、~/.bashrc に以下の記述を追加。(make をよく mkae と打ち間違えるので)
alias mkae='make'
alias ocaml='ledit -x -h ~/Documents/settings/ledit/ocaml ocaml'
alias guile='ledit -x -h ~/Documents/settings/ledit/guile guile'
alias up='cd ../'


iBus 多言語環境のインストール
端末で以下を実行。
$ sudo apt-get install ibus-m17n


Oracle Java のインストール
端末で以下を実行。
$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install oracle-jdk7-installer


Google Chrome のインストール
http://www.google.co.jp/chrome/から。


LaTeX の設定
TeX WikiLinux/Linux Mint の項目 に従って TeX Live をインストール。
以前の TeX Live よりずっと楽になった。
$ sudo apt install texlive-full



SSH サーバ (sshd) の設定
まず、sshd をインストール。
$ sudo apt-get install openssh-server
具体的な設定は /etc/ssh/sshd_config で行う。


取り敢えずここまで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒトカラ

2014年08月31日 | 日記
今日のヒトカラ。

今回は「歌ったことの無い歌に挑戦してみる」というコンセプトで。
だいたい歌えない(主にCメロがわからない)訳ですけどね。

そんな訳で前回に続き曲目リスト。


【凡例】
☆: 今回初めて歌った曲
●: それ以外


☆造花が笑う/ACIDMAN
●プレイバックPart2/山口百恵
☆潮騒のメモリー/天野春子(小泉今日子)
☆ゆけゆけ!!ようかいキッズ/さだまさし
●秋桜/さだまさし
●VIP STAR/kobaryu
●ロマンスをもう一度/葛谷葉子
●たらこ・たらこ・たらこ/キグルミ
●硝子の少年/KinKi Kids
●残酷な天使のテーゼ/高橋洋子
●CHA-LA-HEAD-CHA-LA/影山 ヒロノブ
●時代/中島みゆき
☆ハナミズキ/一青窈
☆雨のち晴レルヤ/ゆず
☆この街/元ちとせ
☆ブルースカイ・ブルー/RYTHEM
☆地球をくすぐっチャオ!/ニキリナ
☆夢想花/円広志
●めざせモスクワ/ジンギスカン
●恋におちて/小林明子
☆ありがとう/いきものがかり
☆さかさまの空/SMAP
☆おひさま~大切なあなたへ/平原綾香
☆サイゴウジョンコ応援歌/由紀さおり
☆あそぼう/ウルフルズ
☆大空と大地の中で/松山千春
●恋のダイヤル6700/フィンガー5
☆踊ろよ、フィッシュ/山下達郎


最近「踊ろよ、フィッシュ」が頭から離れなくなっていたので、歌ったことは無かったが歌ってみた。
(「つりビット」なるアイドルグループがカヴァーしたヴァージョンを最近偶々耳にしたのであった)

「VIP STAR」ももう9年も前のネタなんですね。
早いものだ。

「サイゴウジョンコ応援歌」(NHK朝ドラ「ファイト」の挿入歌)は、もしや私の知らないフルバージョンがあるのか?
とちょっと期待したのだが、よく知ったワンフレーズで終わってしまった。


そろそろ新ネタ仕入れねば。
(どこから仕入れたらいいんだろう……?)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アフター5

2014年06月20日 | 日記
お久しぶりです。鵺です。
御蔭様で就職できました。


今日は金曜のアフター5に何もイベントが無いという素晴らしい事案が発生したので、2年ぶりにヒトカラに行ってきました。
いやー、楽しかった。
「寂しい奴だ」とか言わない。


そんな訳で、5年ぶりに曲目リストを晒してみる。


●思い出はおっくせんまん!/ゴム
●YATTA!/はっぱ隊
●未来予想図II/Dreams Come True
●LOVEマシーン/モーニング娘。
●Yellow Yellow Happy/ポケットビスケッツ
●Hey Jude/The Beatles
●となりの柳橋/ブリーフ&トランクス
●チルノのパーフェクトさんすう教室/miko
●ぽっぴっぽー/ラマーズP feat. 初音ミク
●なごり雪/イルカ
●Don't You See!/ZARD
●ultra soul/B'z
●また君に恋してる/ビリー・バンバン
●ニホンノミカタ ―ネバダカラキマシタ―/矢島美容室
●Sing/Carpenters
●魔理沙は大変なものを盗んでいきました/miko
●チェリー/スピッツ
●ロマンスをもう一度/葛谷葉子
●エアーマンが倒せない/Team.ねこかん[猫]
●津軽海峡・冬景色/石川さゆり
●秋桜/さだまさし
●Yesterday Once More/Carpenters
●God Save The Queen/作者不明
●手紙 ~拝啓 十五の君へ~/アンジェラ・アキ
●同じように/互助会
●ロックン・オムレツ/森高千里
●携帯哀歌/東京プリン
●ポケモン言えるかな?/イマクニ?
●カントリー・ロード/本名陽子
●さくらんぼ/大塚愛
●めざせモスクワ/Dschinghis Khan
●恋のダンスサイト/モーニング娘。
●Caramelldansen/Caramell
●風になる/つじあやの
●日本ブレイク工業 社歌/萬Z(量産型)
●青いベンチ/サスケ
●残酷な天使のテーゼ/高橋洋子
●じょいふる/いきものがかり
●カロゴンズのテーマ/カロゴンズ
●某社CMソング


1人で2時間でこれだけ歌った(時間の都合で途中で打ち切ったものも多数)。
しかし全く歌い足りない。

こうして見てみるとレパートリーが5年前と大して変わっていない疑惑。
(最も新しい曲がいきものがかりの「じょいふる」(2009年リリース)である)
ここ数年私が新ネタを(J-POP もネタソングも)仕入れていないことが露見してしまった。


葛谷葉子の「ロマンスをもう一度」(小田急CMソング)がカラオケに入って満足です(以前は入ってなかった筈)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[Ruby] Windows 上の Ruby Gems で嵌まった点 まとめ

2014年06月15日 | Computer
※ 以下の操作によって不利益を被っても筆者は一切の責任は負いかねます。
※ 記事中に現れるパス名は筆者の環境におけるものです。ご自分の環境に合わせて適宜読み替えてください。

Windows 上で Ruby Gems を実行したところ、上手く動かなかった。
そんな嵌まった点のまとめ。


1. nmake
次のようなエラーが出た場合。
'nmake' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

Visual Studio をインストールし、Visual Studio にパスを通してください。
Visual Studio の「開発者コマンド プロンプト」上で gem を実行するとよいでしょう。
〔参考: NekoGrammerのホームページ(NekoGrammerさん)〕


2. Ruby のパス名
次のようなエラーが出た場合。
'C:\Program\' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。
NMAKE : fatal error U1077: 'C:\Program\' : リターン コード '0x1'
Stop.

何故か Gems は空白文字の入ったパスを正しく認識できないようです。
環境変数の Ruby のパスが C:\Program Files (x86)\Ruby-2.0.0\bin; のようになっているのを、C:\Progra~2\Ruby-2.0.0\bin; のようにしてください。
(空白を含まない 8.3 形式のファイル名(MS-DOS ファイル名)にする)


3. _MSC_VER の値(バージョン)
次のようなエラーが出た場合。
C:\PROGRA~2\Ruby-2.0.0\include\ruby-2.0.0\i386-mswin32_100\ruby/config.h(4) : fatal error C1189: #error : MSC version unmatch: _MSC_VER: 1600 is expected.
NMAKE : fatal error U1077: '"C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 12.0\VC\BIN\x86_amd64\cl.EXE"' : リターン コード '0x2'
Stop.

何故か Ruby はコンパイラのバージョンが丁度 1600 であることを期待しているようです(この数値は Ruby のバージョンによる)。
より新しいコンパイラで実行しようとするとエラーが起きるので、
C:\PROGRA~2\Ruby-2.0.0\include\ruby-2.0.0\i386-mswin32_100\ruby\config.h 中に
#if _MSC_VER != 1600
とあるのを
#if _MSC_VER < 1600
のように書き換えてください。
〔参考: kyashiro's blog

4. 「添字が負の数です」
次のようなエラーが出た場合。
c:\program files (x86)\ruby-2.0.0\include\ruby-2.0.0\ruby/ruby.h(125) : error C2118: 添字が負の数です。
NMAKE : fatal error U1077: '"C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 12.0\VC\BIN\x86_amd64\cl.EXE"' : リターン コード '0x2'
Stop.

64-bit の Ruby に対して 32-bit のコンパイラを使っている場合や、その逆の場合に起こるようです。
正しいコンパイラが使われていることを確認してください。
〔参考: Ruby メーリングリスト
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Ubuntu 14.04 の設定(個人的メモ) [Obsolete]

2014年05月10日 | Computer
※※※ この記事の内容は古くなっています。2017年1月21日の記事を参照してください。 ※※※

新たな Ubuntu 環境を構築したので、設定をメモしておきます。
(Ubuntu 12.04 のときの設定は2012年4月10日の記事を参照)
※本記事を参考にしたことにより生じる如何なる問題についても責任は負いかねます。ご了承ください。


各種ディレクトリ名を英語に変更
端末で以下を実行。
LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update


外観の設定
スクロールバーを“普通の”ものにするには端末で以下を実行(参考: しっくり生活)。
gsettings set com.canonical.desktop.interface scrollbar-mode normal

グローバルメニューを無効化するには端末で以下を実行(参考: animato blog)。
sudo sh -c 'echo "export UBUNTU_MENUPROXY=0" > /etc/X11/Xsession.d/81ubuntumenuproxy'


ディレクトリの右クリックメニューから端末を開けるようにする
端末で以下を実行。
sudo apt-get install nautilus-open-terminal


各種言語の環境等のインストール
端末で以下を実行。
sudo apt-get install ocaml
sudo apt-get install guile-2.0
sudo apt-get install ghc
sudo apt-get install scilab
sudo apt-get install ledit


.bashrc の設定
~/Documents/settings/ledit/ というディレクトリを作った上で、~/.bashrc に以下の記述を追加。(make をよく mkae と打ち間違えるので)
alias mkae='make'
alias ocaml='ledit -x -h ~/Documents/settings/ledit/ocaml ocaml'
alias guile='ledit -x -h ~/Documents/settings/ledit/guile guile'
alias up='cd ../'


iBus 多言語環境のインストール
端末で以下を実行。
sudo apt-get install ibus-m17n


Oracle Java のインストール
端末で以下を実行。
sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
sudo apt-get update
sudo apt-get install oracle-jdk7-installer


Google Chrome のインストール
http://www.google.co.jp/chrome/から。


LaTeX の設定
TeX WikiLinux の項目, Ubuntu の項目 に従って TeX Live をインストール。
※注 texmf-local のパスは kpsewhich -var-value TEXMFLOCAL で要確認。
sudo apt-get install equivs
wget http://www.tug.org/texlive/files/debian-equivs-2013-ex.txt
equivs-build debian-equivs-2013-ex.txt
sudo dpkg -i texlive-local_2013-1_all.deb
wget http://ring.maffin.ad.jp/pub/text/CTAN/systems/texlive/tlnet/install-tl-unx.tar.gz
tar xvf install-tl-unx.tar.gz
cd install-tl*
sudo ./install-tl --repository http://ring.maffin.ad.jp/pub/text/CTAN/systems/texlive/tlnet/
(途中で I を入力)
sudo ./install-tl --profile installation.profile
sudo /usr/local/texlive/2013/bin/*/tlmgr path add
sudo mkdir -p /usr/local/texlive/texmf-local/web2c ※注
sudo touch /usr/local/texlive/texmf-local/web2c/texmf.cnf ※注
(適当なエディタで /usr/local/texlive/texmf-local/web2c/texmf.cnf を編集; 後述)
sudo mktexlsr

/usr/local/texlive/texmf-local/web2c/texmf.cnf は次のように編集する。
shell_escape_commands = \
bibtex,bibtex8,bibtexu,upbibtex,biber,\
kpsewhich,\
makeindex,texindy,\
mpost,upmpost,\
repstopdf,epspdf,extractbb


xdvi の関連付け
pLaTeX で出力される .dvi ファイルは標準では「ドキュメントビューアー」に関連付けられているが、上手く開けないことがある。
そこで、xdvi に関連付けることにする。

まず、ひとりごと を参考に ~/.local/share/applications/xdvi.desktopを以下の内容で作成する。
[Desktop Entry]
Version=1.0
Type=Application
Name=XDVIビューア
Comment=xdviを起動する
Exec=xdvi %f
こうするとファイルのプロパティ画面の [開き方] タブに xdvi が現れるようになる。
あとはそこから関連付けを行えばよい。


取り敢えずここまで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

移転しました

2014年03月31日 | 日記
突然ですが、移転しました。
と言っても、鵺帝国のサーバを移転した訳ではありません。

就職に伴い、実家を離れて職場近くに転居しました。
すなわち、「帝国暫定政府本部」が移転しました!
(だからどうしたとか言わない)

今後も「総合雑学 鵺帝国」を宜しくお願い申し上げます。


------
新生活で忙しいので今年のエイプリルフール企画は中止します。ご了承ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

携帯電話用サイト・PC用サイト統合

2014年03月08日 | 更新情報
平素は当ブログ及び「総合雑学 鵺帝国」に御アクセス頂き、誠にありがとうございます。

この度、鵺帝国の携帯用サイトをPC用サイトに統合致しました。
これは、昨今のスマートフォンの普及・ガラケーの性能向上に伴い、携帯用サイトの存在意義が薄れつつあったことによるものです。
携帯用サイトの来訪者の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒ご了承ください。
2006年1月22日の携帯用サイト開設以来、長らくのご愛顧をありがとうございました。

尚、今後はPC用サイトをご覧ください。
(現在は携帯用サイトからPC用サイトへリダイレクトされるようになっています)


今後も「総合雑学 鵺帝国」を宜しくお願い申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

建国記念の日

2014年02月11日 | 時節・時事
今日は、建国記念の日ですね。

記紀神話によると、神武天皇が即位したとされる日です。
それから2674年。
対して鵺帝国の歴史は約9.6年。
およそ279倍。(比べちゃいけない)
これからも頑張らないと。

とまあ、毎年毎年似たようなことを書いている訳です。
2005年, 2006年, 2007年, 2009年, 2011年, 2012年, 2013年
↑毎年毎年懲りない


「およそ○○倍」の数値が減っていくことに感慨を覚える。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[Ruby] Ruby 2.0.0 とその他諸々のインストール (Ubuntu)

2013年11月11日 | Computer
※ 以下の操作によって不利益を被っても筆者は一切の責任は負いかねます

Ruby 2.0.0 p247(執筆時点での最新版)のインストール時に嵌まった点のまとめ。
(本当は最新版の Ruby ではなく Racc をインストールしたかっただけなのだが……)


1. インストール時に「openssl や zlib が無い」と怒られる
apt-get でインストールしてあっても怒られる。
解決策は http://www20.atwiki.jp/kobapan/pages/191.html(kobapan @ wikiさん)。

http://www.ruby-lang.org/ja/ からダウンロードしてきたソース ruby-2.0.0-p247.tar.bz2 を展開し、そこに入っている openssl や zlib をビルドしてインストールすればよい。
cd (ruby-2.0.0-p247の展開先)/ext/openssl/
ruby extconf.rb
make
sudo make install
cd (ruby-2.0.0-p247の展開先)/ext/zlib/
ruby extconf.rb
make
sudo make install


2. RVM (Ruby Version Manager) が root 権限で実行できない
sudo でやっても駄目。
rvmsudo を使う。

RVM のインストールに当たっては、まず cURL をインストールする必要がある。
具体的には次のようにすればよい(実行前に apt-get update, apt-get upgrade が必要かもしれない)。
sudo apt-get install build-essential
sudo apt-get install curl
sudo bash < <(curl -s https://raw.github.com/wayneeseguin/rvm/master/binscripts/rvm-installer )
echo 'source /usr/local/rvm/scripts/rvm' >> ~/.bashrc


3. irb において矢印キー [↑][↓] による履歴参照が効かない
readline が入っていないのが原因。
これも 1. と同様にインストールすればよい。
cd (ruby-2.0.0-p247の展開先)/ext/readline/
ruby extconf.rb
make
sudo make install


4. require で "cannot load such file" と出る
以前のバージョンの Ruby では標準でカレントディレクトリがロードパスに含まれていたが、
Ruby 1.9.2 以降では含まれていないので以前のバージョンで書いたプログラムがその侭では動かない場合がある。
これはカレントディレクトリ . を環境変数 RUBYLIB に追加することで解決できる。
export RUBYLIB=.:$RUBYLIB
を .bashrc に追加すると良いだろう。


基本的には上記 1.~3. を実行した上で
rvmsudo rvm install 2.0.0
で Ruby をインストールできる筈。
或いは、ソースは既にダウンロードしてある訳だから、これをビルドしてインストールしてもよい。〔参考: http://www.kkaneko.com/rinkou/ruby/rubybuildlinux.html
cd (ruby-2.0.0-p247の展開先)
./configure --prefix=/usr/local
make
sudo make install


ここまで来れば、当初の目的であった Racc は、RubyGems を用いて次のようにインストールできる。
sudo gem install racc --no-ri --no-rdoc
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Dominion サプライ選択装置 version 2.4

2013年06月23日 | 更新情報
人気カードゲーム「ドミニオン」のサプライの王国カードを自動的に選択する Java プログラムの最新版を公開しました!
http://nue2004.info/program/dominionsupply/index.htm

Dominion サプライ選択装置(サプライセレクタ・ランダマイザ)
(スクリーンショットは Windows 7 での動作の様子。カードの画像は同梱されていません。)


これは、「ドミニオン」のゲームで使うサプライのカードをランダムに選ぶプログラムです。
「『海辺』セットは使うけど『海賊船』は使いたくない」
「『錬金術』のカードは0枚または3~5枚使いたい」
「『礼拝場』『仮面舞踏会』のようにカードを破棄できるカードを含めたい」
といった細かい指定ができるようになっています。

今回のバージョンアップで「ドミニオン: ギルド」 (Dominion: Guilds) に対応しました!

今回は Mac OS X への対応を進め、
  • アプリケーションのメニューバーを Mac OS X 標準のメニューバー(画面上部)に統合。
  • Mac OS X 標準の終了コマンド(標準のメニューバーや Command-Q キーなど)を用いた場合に終了処理が正しく行われなかったバグに対応。
  • Mac OS X 標準のメニューからバージョン情報を表示できるように改善。
  • Mac OS X を含む一部環境で色が正しく表示されないバグを修正。
といった変更を施しました。
勿論、Windows や Linux でもこれまで通り使うことができます。

Dominion サプライ選択装置の Mac OS X への対応


ダウンロードはこちらからどうぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加