Jumpin' Jack Flash

Rock'n Roll,Pop,Hip Hop, anything i like,i love to

二百十発目 "Five Years" David Bowie

2005年11月29日 | 英和訳
"Five Years"


Pushing thru the market square, so many mothers sighing
小売店の広場を通る、たくさんの母親達がため息する
News had just come over, we had five years left to cry in
ニュースがやってきていた、俺達には5年しかない、泣くしかない
News guy wept and told us, earth was really dying
知らせた男は泣いて伝えた、地球は本当に死んでいた
Cried so much his face was wet, then I knew he was not lying
たくさん泣いて、彼の顔は濡れていた、それで彼が嘘をついていないのがわかった
I heard telephones, opera house, favourite melodies
俺は電話を、オペラハウスを、お気に入りのメロディを聞いた
I saw boys, toys electric irons and T.V.'s
俺は少年達を、おもちゃを、アイロンを、そしてテレビを見た
My brain hurt like a warehouse, it had no room to spare
俺の脳みそは倉庫のように傷んだ、それはもう替えの部屋がなかった
I had to cram so many things to store everything in there
俺はそこにある全てを蓄えるために、たくさんのものを詰め込まなければならなかった
And all the fat-skinny people, and all the tall-short people
そして全ての痩せた人、太った人、全ての背の高い人、低い人
And all the nobody people, and all the somebody people
そして全ての無名の人々、全ての有名な人々
I never thought I'd need so many people
俺はそんなにたくさんの人たちを必要だと思った事はなかった

A girl my age went off her head, hit some tiny children
同い年の少女は気が狂って、小さな子供達を叩いた
If the black hadn't a-pulled her off,
もし、その黒人が彼女を引き止めなかったら
I think she would have killed them
彼女はその子達を殺してしまっていただろうと思う
A soldier with a broken arm,
壊れた武器を持った兵士、
fixed his stare to the wheels of a Cadillac
キャデラックのホイールをじろじろ見ていた
A cop knelt and kissed the feet of a priest,
一人の警官はひざまづいて、牧師の足にキスをした
and a queer threw up at the sight of that
そして、酔っ払いはその光景を見て吐いた

I think I saw you in an ice-cream parlour,
君をアイスクリーム・パーラーで見たんだ、
drinking milk shakes cold and long
冷たくて長いミルクシェイクを飲んでいるのを
Smiling and waving and looking so fine,
笑って、手を振って、とても調子がよさそうだった、
don't think you knew you were in this song
この歌に君が出てたなんて思いもせずに
And it was cold and it rained so I felt like an actor
そしてそれは、寒くて雨が降ってたから、俺は役者のような気分だった
And I thought of Ma and I wanted to get back there
そして俺は、母さんのことを思って、そこに帰りたかった
Your face, your race, the way that you talk
あなたの顔、あなたの風格、喋り方
I kiss you, you're beautiful, I want you to walk
あなたにキスする、あなたは美しい、あなたに歩いて欲しい

We've got five years, stuck on my eyes
俺達には5年しかない、目に焼きついている
Five years, what a surprise
5年間、なんて驚きなんだ
We've got five years, my brain hurts a lot
俺達には5年しかない、俺の脳みそはひどく傷んでいる
Five years, that's all we've got
5年間、俺達が持っている全てだ
We've got five years, what a surprise
俺達には5年しかない、なんて驚きなんだ
Five years, stuck on my eyes
5年間、目に焼きついている
We've got five years, my brain hurts a lot
俺達には5年しかない、俺の脳みそはひどく傷んでいる
Five years, that's all we've got
5年間、俺達が持っている全てだ
We've got five years, stuck on my eyes
俺達には5年しかない、目に焼きついている
Five years, what a surprise
5年間、なんて驚きなんだ
We've got five years, my brain hurts a lot
俺達には5年しかない、俺の脳みそはひどく傷んでいる
Five years, that's all we've got
5年間、俺達が持っている全てだ
We've got five years, what a surprise
俺達には5年しかない、なんて驚きなんだ
We've got five years, stuck on my eyes
俺達には5年しかない、目に焼きついている
We've got five years, my brain hurts a lot
俺達には5年しかない、俺の脳みそはひどく傷んでいる
Five years, that's all we've got
5年間、俺たちが持っている全てだ
Five years
5年間
Five years
5年間
Five years
5年間
Five years
5年間




A Reality Tourの28曲目です。

ジギー・スターダスト&ザ・スパイダーズフロムマーズに入っています。


この曲には、ものすごい愛着がありますし、愛しています。
無性に泣きたい。
なんていう人にはオススメです。

ジギー・スターダストのアルバムがやっぱり最高傑作じゃないのかなと思います。
私は全アルバムを聴いたわけではなく、そのうえ数えるくらいしか聴いてないです。
が、私が高校の頃に友達から借りて始めて聴いたボウイであって、
いきなり卒倒させられたアルバムなのです。
青春時代が走馬灯のように駆け巡ります。
さらに、ここに来てのエンディングに使われる扱い。
これは最高傑作なのだと思わざるを経ないのです。

このアルバムを聴いていると、本当に心が豊かだった時代が思い浮かびます。

今の時代のこういうコンセプトアルバムといえば、グリーンデイのアメリカンイディオットでしょう。
私的にはやっぱり、豊かさではジギー・スターダストのほうがそれを感じられます。
品質ではアメリカンイディオットのほうがいい。

あと5年で地球は滅亡する。
という設定。
魅力的過ぎです。燃え上がります。間違いない。
本当に悲しくなって泣けてくる。
そこに心があるのだと。

私は、グラム・パンク・ロックンロールが好きなようです。
これは本当にグラムグラムしてる。

後で、このDVDを見るわけなのですが、28曲目にこれが来るのだと思えば、
すごいわくわくわくわくしながら見れるわけです。

私は泣くのでしょうか。

後日報告します。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二百九発目 \"Heathen\" Davi... | トップ | 二百十一発目 \"Hang On To ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL