80分の1丁目16番地

中央東線とその周辺をメインコンセプトに1/80、16.5ミリゲージの鉄道模型を楽しんでいます。

ED76基本番台の整備(1)

2017-04-21 18:52:22 | 九州・山陽方面
こんばんは。運転会前に少しいじったED76の整備を進めています。


パンタ取付穴を17×19mmに直すため、車体本体と機器室カバーの両方の穴を広げ、元の穴をカバーするような形で新たにt0.2mm真鍮板でパンタ台を作ります。




実際のパンタを使って位置決めすると半田ごてが入らないため、17×19mmの位置にタップを立てた治具を作り、φ1.2mmネジでパンタ台を固定したうえで半田付けしました。




出来上がりはこんな感じです。板で埋めきれない穴は半田で埋めてあります。




機器室カバーをつや消し黒で再塗装します。




窓ガラスを入れます。明り取り窓はHゴムのプレスの内側に落とし込むように貼り、なるべく“ツライチ”感が出るようにしました。ノリシロが少ないので、木工用ボンドを盛り上げて窓セルをサンドイッチする“ロコモデル式工法”で貼っています。




一方、フロントガラスはプレスの凹みが極めて狭いため落とし込み工法は諦めました。本来は目立つ前面の方に採用すべきなのですが・・・。おまけに平面とコーナーを分割して貼ったので、横から見ると継ぎ目のスジが見えるというおまけ付きとなってしまいました。ヘッドライトレンズは、KSの113系等シールドビーム用が使えるかと思ったのですが、わずかに太かったので、先端をドリルレースで削ってライトケースに収めてあります。テールライトレンズは天賞堂のテールケースに付属のものを流用しました。




碍子が紛失していたので、IMONの交流7段碍子を新たに購入し、緑色に塗ってφ1.2mmネジで取り付けました。ちょっと緑色が濃すぎたようです。




パンタも買ったかどうかわからず、ストックも見当たらないので、意を決してIMONのPS100を2基購入しました。なぜ覚悟が要るかというと・・・




お値段がコレですから。。(^^;




その余波というわけでもありませんが、動力は当面このままでいくことにします。カツミDV18C+インサイドギヤの組み合わせですが、これでなかなか良く走るんですよ。大飯食いなのに目をつむれば、まだまだ現役で頑張れます!




よろしければ1クリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士急プチ撮影会 | トップ | ED76基本番台の整備(2) »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
縦型モーター (Satokawa)
2017-04-22 09:08:37
縦型モーター+インサイドギアは集電をしっかりしてあげるとパワフルでよく走りますね。私は編成モノの電車には主回路引き通しを付けてます。車輪も汚れませんね。電機の場合は集電ブラシなどを付けてみたら如何でしょうか?
パンタ台 (僕鉄)
2017-04-22 11:02:23
随分前に一度、初訪問ながらに不躾な質問をした覚えがあります。その際は誠実なお応えを戴き、ありがとうございました(実はまだ、ご教示いただいた件、手付かずのままです)。
パンタ台の取付ピッチ修正について、同じことで悩み続けておりました。大変参考になりました。今回こそ、やってみます。
Re: 縦型モーター (isao)
2017-04-22 20:43:06
Satokawaさん
確かにインサイド方式では集電はポイントになりますね。ただこの電機、重量級なためか今まであまり集電の問題は感じなかったのですが、今回のリフレッシュを機に集電ブラシ付けてみました。
Re: パンタ台 (isao)
2017-04-22 20:54:24
僕鉄さんご無沙汰しております。
前回どんなご質問をいただいたのかすっかり忘れていましたが、コントロールボードのプッシュスイッチの件でしたね。当方、数回運転しただけでレイアウトが休眠状態になってしまったので、スイッチの耐久性などまだ未知の状態です。
さて、パンタ足の取付ピッチの修正ですが、参考にしていただけたら嬉しいです。元の穴をあまり広げ過ぎるとパンタ台が大きくなってしまうのでご注意ください。
Unknown (僕鉄)
2017-04-29 21:07:49
isao様
お返事ありがとうございます。
新たなアドバイスまで。

さっそく実践してみました。
素材も状態も違いますので、まんまではないのですが、御陰様でなんとか一歩前進できました。
今後もずっと頼りにさせて戴きますね。

コメントを投稿

九州・山陽方面」カテゴリの最新記事