80分の1丁目16番地

中央東線とその周辺をメインコンセプトに1/80、16.5ミリゲージの鉄道模型を楽しんでいます。

阪急2000系の製作(12)

2017-06-30 20:21:56 | 私鉄電車
こんばんは。2000系の製作記を続けます。

仮組み状態ですが、4両が揃ったので編成を組んで記念撮影。エンドレスの1/4周にちょうど載ります。「運転に好適な」という表現がまさにしっくりくる長さです。



記念撮影の後は、車体の整形や下回りの仕上げに入っていくのですが、その前にひと手間作業しておきます。


まず下回りですが、Tc及びT車の車輪をφ9.5mmに交換しておきます。この頃はM車のφ860mmに対し、T車はφ762mmの小径車輪を使用していたようです。通常の日光台車はφ10.5mmの車輪付きなので、もったいないからそのままでいいかなと思っていたのですが、日光規格のφ9.5mm車輪が手に入ったので交換することにしました。




直径が1mm違うと、高さはもちろん、全体の印象もだいぶ違ってきます。




TcとTのセンターピン部には、高さ調整用のt0.5mmのプラ板を貼りました。




一方、車体の方は、Rの削り出しなどで自然と車体に力が加わってしまうため、補強部材を入れることにしました。まずは床板取り付けを兼ねた横梁を入れます。動力車以外は車体中央に3×8mmヒノキ材を渡しておきます。




動力車は中央にモーターがくるうえ床下機器もいっぱいなので、MPウェイトと一緒に共止めすることにして、対応する位置に横梁を入れてネジ穴を開けておきます。このネジ穴はまずφ1.6mmの下穴を開け、次いで中に瞬着を流し込んで硬化させたのち、φ2mmのタップを切ったものです。木材に直接タップを切ってもある程度は効きますが、この方がネジ山がつぶれることなく、より強固にネジ止めできます。




天井裏にもt0.5mmのペーパーを貼って補強しておきます。このクルマはモニター屋根なので、それを作れば補強されるのですが、ちょっとまだ億劫で手が出せないための暫定措置です。。




車体が補強できたら車体裾のRなどを削り出していきます。まずはカッターナイフで大ざっぱに削り・・・




#240など粗めの耐水ペーパーで凹凸を均していきます。




とりあえず試しにMc車1両を削り出してみました。そこそこいい感じかなー? 残り3両も削ったのち、溶きパテを塗って、さらに研磨を
続けていきます。





よろしければ1クリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村


『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 阪急2000系の製作(11) | トップ | 阪急2000系の製作(13) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
車輪径まで、、 (市川ネコ蔵)
2017-06-30 22:05:20
電動車と付随車で車輪径が違うのはネット情報で知ってはいたんですが、その差を表現しようとは全く思いませんでした(汗)。

車体裾のRですが、カッターで粗削りとは、、(@_@)!!
繊細かつ大胆。

最後の写真、カッコいいっス!
Re: 車輪径まで、、 (isao)
2017-07-01 07:25:00
車輪径なんて、“走っちゃえばわからない”代表格なんですけど、気になりだすと止まらないので...
カッターでの荒削りは時間短縮のためですが、結局パテ修正の時間がかかるので、トータルでは微妙ですね。調子に乗って連結面側のコーナーもざくざく削ったら、ほとんどRがついていないと知って凹んでます。(泣)

コメントを投稿

私鉄電車」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。