80分の1丁目16番地

中央東線とその周辺をメインコンセプトに1/80、16.5ミリゲージの鉄道模型を楽しんでいます。

松山にて

2017-01-30 23:01:17 | その他
こんばんは。仕事で愛媛県内某市へ行ってきました。

伊予鉄市内線の路面電車はまだツリカケが顕在。松山駅前に停車中のモハ50形59号車です。伊予鉄といえばこの色が一番しっくりきますが・・・




最近は電車もバスも、このオレンジ一色化が進んでいるとのこと。瀬戸内海の反対側では黄色い電車が増殖していますが、ここにも“地域色”の波は押し寄せているようです。電車は元京都市電のモハ2000形2005号車。夕陽を受けてより赤くなっています。




坊ちゃん列車テイストのスタバ電車。昨年末に松山市駅の伊予鉄会館ビルにスタバがオープンしたのに合わせてラッピングされたそうです。車両は超低床式のモハ2100形で、車号がわかりませんがWikiによると2001号車のようです。




特急「宇和海」に乗るべくJR松山駅ホームへ向かうと、側線に顔の丸い8600系電車が留置中でした。2000系アンパンマン気動車(のちにこれに乗ることになる)の陰に隠れていて撮れません。。




アンパンマンが引上線に移動したのを見計らってホーム端に向うも、残念ながら顔を入れた編成写真は撮れませんでした。側面の“SS”のロゴは愛称の「SETOUCHI STREAM EXPRESS」をデザイン化したもののようです。パンタを装備し床下もぎっしりですがいわゆる「クロハ」です。




こんかいもあまり「鉄」していません。代わりにおまけを2題ほど。



松山空港のすぐ近くに古いバスの廃車体があることは知っていましたが、今だ変わらず置いてあるのを発見し、空港行きのバス車内から急いでカメラを出してシャッターを切りました。日野BT51BT71型のようです。ラーメン屋か居酒屋だったようですが、中ドアに板が貼ってあるところをみるとすでに閉店した模様。解体の日も近いのかな?今時この型式が残存しているのは貴重なんですけどね~




で、最後は飛行機です(笑)。T字尾翼のスタイリッシュな小型ジェット機、J-AIRのボンバルディアCRJ200です。なんかトランプさんが乗ってそう。トーイングトラクターもなしでどうやって出ていくのかと思ったら・・・。小型機のランプアウトシーンて初めて見ましたが感動! 尺が長いので動画はちょっと巻いてます(笑)。





よろしければ1クリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士急行モハ7000形の製作1 | トップ | 富士急行モハ7000形の製作2 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あら、いつの間に・・ (DF50)
2017-01-31 08:12:45
言って頂ければ良かったのに。
Re: あら、いつの間に・・ (isao)
2017-01-31 11:42:44
DF50さん
今回は時間がなかったので声かけませんでした。
その割にはぷらぷら写真撮ってるじゃねーかって?(笑)
またの機会によろしく~!
Unknown (まいんど)
2017-06-22 19:13:53
東京の京急電鉄と相模鉄道ではアンパンマン列車を走らせず、代わりに京急・相鉄では美少女戦士セーラームーン、京急ではフレッシュからGo!プリンセス、魔法つかいまでのプリキュアとキラキラプリキュアアラモードの電車を走らせるそうです(京阪と富士急との間で機関車のトーマスの対決はあるがアンパンマンの対決は無く、1994年と1995年に京王帝都電鉄(現在の京王電鉄)で8000系や今はなき6000系を使ってセーラームーンエクスプレスを走らせていたが、京急や相鉄がアンパンマン列車を走らせる予定はない(京王や相鉄の8000系電車は特急の他に急行・快速・各駅停車としても走っている))。
理由として、京急の場合アンパンマンでは外国人観光客には通用しないことと、アンパンマンのアニメで「顔がぬれて力が」というシーンがかつての京急1500形電車や相鉄8000系電車の事故廃車を連想させて不吉・不適切なことと、京急沿線にはアンパンマンがきらいでセラムンやプリキュア、相鉄沿線にはアンパンマンがきらいでセラムンが好きな人が多いためです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。