80分の1丁目16番地

中央東線とその周辺をメインコンセプトに1/80、16.5ミリゲージの鉄道模型を楽しんでいます。

富士急行クハ7063の復旧整備(1)

2017-05-06 06:57:48 | 私鉄電車
おはようございます。富士急行の廃車パーツを整理しました。

クハ7061のバラバラ車体は二代目が完成したため廃棄します。




パーツは使えそうな床下機器とそれ以外に分け、古いボルスターやカプラーポケットなど今後使いそうにないものは廃棄しました。ベーカーカプラーも・・・




そして、傷つきながらも解体を免れていた、クハ7063の復旧整備を本格的に始めることにしました。7000形の第3編成(モハ7033+クハ7063)再現へ向け、KATOから発売予定のクモハ12052と組ませるためです。




損傷の程度を確認します。ドア窓の中桟の破損が1か所あります。窓セルを入れた後に新しいサンを貼りつければOKかな。




アルミサッシはアルミテープで表現したもので、それなりに見られますが、窓セルがだいぶ汚れているので丸ごと交換します。




コーナー部の剥がれが1か所。5mm程度なのでこれは瞬着で復旧可能。



前面は下部が外側へめくれていますが、これも瞬着で矯正可能でしょう。ヘッドライトとテールライトは点灯化します。運行番号窓を埋めた痕や手すりも、完成品と組むには見劣りするので作り直しますか。。




ベンチレーターはパーツというよりも塗装がいい加減で、気泡が入ったものがあるので、プラの状態の良いものか真鍮パーツに交換します。




ということで、復旧箇所はそれほど多くないのでさっそく整備開始。まずは窓セルをすべて剥がし、車体裾の曲がったり外れかかった場所を瞬着で修復します。




前面もパーツを外して地ならししてスッピン状態に。




床板は手持ちのものから調製します。MP動力ユニットを導入すると余る、小高のモハ用の穴を埋めて使います。穴埋めした方は、念のため力のかからない前頭部側にもっていきます(基本的に連結運転はしないので)。




台車(TR11)、センターピン、床下機器は日光製を新たに調達しました。床下機器はまだ未取付です。




よろしければ1クリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中央東線みどり薫る撮影会 | トップ | 東京モノレール撮り歩きPa... »

コメントを投稿

私鉄電車」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。