佐藤功の釣ったろ釣られたろ日誌

釣り・釣りの思い出・釣り界のこと・ボヤキ.etc

じやのひれ対抗戦続き

2017-05-16 18:29:07 | 釣り

青物の放流後にいっせいに竿が曲がり始めた。

そしてその青物の後ろに、ワンサワンサとつながって青物が、いるのです。

横田氏が「青や」と言ったときに私の竿も曲がったので絡んだなと思い私の糸をフリーにして竿を置いたらとたんにビユーと

竿先が海中え手を伸ばしたが届かず、しまったとおもったが後の祭り、所がその先がそれ以上沈まないよく観ると三橋氏の糸が絡んでいる

「みっちやん」もっと巻いてというと彼の竿にも青物がかかっているので思うように行かない様子、やおら手前に来たので「タマ」でリールに

引っ掛けて引っ張りあげたら、魚が付いていてグイーと引く、さきに、どうやら横チャンと絡んだと思ったが、そのときに僕のほうにも魚が

かかっていたようでそれが今も付いているのです。彼ら2人の青は、ばれてしまったのですが、3人の竿に同時にかかったようでした、

運のよいことに僕の魚だけが取り込む事ができました。

私だけでなくアチコチで青物の引きでみなさんてこずっています、魚をかけているものがおおくて魚を掬うものがおらずでてんやわんやです、

こんな釣りは何ぼ釣堀といっても長年やってきて初めてです、14人が入れ食いで竿を曲げているのですから・・・

その猛烈な青物つりが一段落して落ち着いてきたのですが、青物はまだまだ多く残っていましたが、あと一切誰にも食ってきませんでした、

一段落したときに藤村氏が何か重たいねんといっててこずっています,横のものは地球を釣ってるのや炉といっていたら、重いはずです、

クエがつれていたのです、クエは重たいのですがあまり暴れません、磯なら隠れるところがあるのですが、ここではそれがないために

重いだけで、ハリスが太ければ上がってくるのです。

クエ

みなさんでクエとカンパチの刺身で食事

皆で分けわけの獲物

 1位の西谷君

 

2位の今中氏

 

3位の小本氏

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« じゃのひれ紅白対抗戦 | トップ | 靭公園のバラ園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。