佐藤功の釣ったろ釣られたろ日誌

釣り・釣りの思い出・釣り界のこと・ボヤキ.etc

同窓会

2016-12-07 19:56:10 | 日々の思い

中学時代の同窓生で作っている会「ユーカリの会」

昭和29年大阪阿倍野にある松虫中学校を卒業して早62年にもなる

亡くなられた方ももう何人もおられるが、元気でおられたら、言うことなし。

 

そのユーカリの会での幹事会をナンバにあるスイスホテルの36階、タボラで

食事しながら打ち合わせをした。

 この年齢にもなると突然の欠席も仕方がないと思うようになる、

13名の人数が集まったのは9名で4名の欠席、事前に連絡をくれたT女史の

ようにみんなが連絡くれたらいいのにと思う反面、連絡が取れた武岡氏のように

律儀に1時間遅れてでも来てくれた人もいる。

 

この「タボラ」はナンバの一番高いビルなので眺めも大変よい南のほうを見ると昔大阪球場が

あったところのナンバ、パークスができその向うをながめるち天王寺のハルカスが見える

また西を眺めると海面70mという南港大橋が見えてくる。

 

美味しい食事にワイン、飲める人はビールと、昼間からご機嫌で帰りました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浪花の街中の水族館-1

2016-12-06 18:58:36 | 釣り

西区京町堀の自宅でたくさんの魚を楽しみで飼っておられている、島田さん

私が先月までいた事務所のお隣にお住まいの関係で魚を見せてもらいに行きました。

大きなお家にきれいな奥さんとお住まいです、縁があってこの間阿波座にある阿波座倶楽部に

入会させてもらったところ、島田さんご夫妻も入っておられて先日の吉井明子さんのリサイタルでも

お会いして、親しくお付き合いさせてもらうようになりました。

今日はこの「浪花の街中の水族館」の館長である島田さんに水槽の写真を取らせてもらいました。

 

島田さんは暇を見つけては近辺に釣りに出かけて魚を持って帰り自分の水槽にかって楽しんでおられますが、大変な手間がかかります、私も以前に家と事務所で熱帯魚を飼っていましたが世話する手間と

電気代金も馬鹿になりませんでした。

 

島田さんにはおいおいと話をしてもらうことにしています。

 

島田さんのつり道具

 

 

 

釣り上げられた鯉の魚拓

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月のお魚

2016-12-05 18:37:51 | 釣り

寒くなってくるとおいしい魚も増えてきます

カキやホタテのような貝類もおいしくなります。

 

魚もヒラメにカレイ、アマダイ、サバ、カワハギ、ブリ、イワシ  といったいろいろな魚が出揃ってくる

冬の酒の肴には事欠かなくなるのでお酒の好きな人にはおいしい魚での一杯がいうことなしになる。

 

  ヒラメ

 

ヒラメは捌くのが大変難しいのですが、サシミや煮つけはおいしい、ヒラメのエンガワが有名

 

 

アマダイ

京都というより関西では「グジ」と呼ばれるほうが多いのではないのかなとおもいます。

白身の魚で水っぽいところもありますが一塩したら甘みも出ておいしい。

 

 

イワシ

一昨日釣りに行ってきたところですがこのシーズン大群で回ってくるので波止でのサビキ釣り

が盛んになる、家族連れにはもってこいの釣りとなる。

料理はじやまくさいがおいしい庶民の魚、テンプラ良し、しょうがと煮ても良しと・・・

 

カワハギ

白身で淡白な魚でキモは最高の味でなべのときに取り合いになるほどおいしい刺身は

フグの代用品にもたとえられる、丸い感じのがカワハギで長い顔がウマズラハギという

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日刊スポーツ つり大会

2016-12-04 18:21:47 | 釣り界の歴史

2016年 月桂冠杯  和歌山串本磯グレ釣り大会

日 時・・・・・2016年12月11日  (荒天の場合は中止)

        中止のときは10日午前中までに事務局より連絡

 

場 所・・・・・和歌山県東牟婁郡串本町・・紀伊大島・・須江の磯・・・出雲崎の磯

参加人員・・・75人(定員になり次第締め切り)

参加費・・・・・無料、ただし渡船料は(4000)各自負担

受付時間・・・午前4時30分~5時15分まで

受付場所・・・和歌山県串本町須江の白野漁港内の特設大会本部(しょらさん渡船待合付近)

対象魚・・・・・グレ

競技方法・・・ 受付および注意事項の説明の後に出船(午前5時40分予定)

         磯に到着次第に競技開始フカセ釣りに限定

         午後1時納竿

審査・・・・・・1匹長寸で順位決定(同寸は重量にて)重量上位

        キープサイズは当日発表

審査・・・・・・上記大会本部で帰港後~2時まで

表彰・・・・・・上位3位まで日刊スポーツからカップもしくわ盾と副賞、

        最多匹数のグレを釣った人に月桂冠賞(クリスタル盾と上撰エコカップ30本を贈呈

        以下飛び賞、他魚種賞あり(1人1賞)

 

応募方法・・・申し込む用紙に必要事項を記入し下記に郵送もしくはFAXで申し込む

        〒530-8334(住所なし)日刊スポーツ銀鱗倶楽部「和歌山串本グレ釣り大会」係に

         送付してください

        日刊スポーツ銀鱗倶楽部TEL06-6229-7020

                        FAX06-6229-7048

 

        なお申し込み用紙については上記にTELしてください。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

波止のつり

2016-12-03 18:12:38 | 釣り

昨日北摂FCの山下氏に誘われて和歌山との県境に近い深日港(フケコ)にイワシつりに

行ってきました。

悪友の横田氏を誘って昼から出かけました、1週間ほど前に横田氏は同じく山下氏に

誘われていったのだそうですが、そのときはぜんぜんつれなくて(回遊がなく)さびしい結果

だったそうです。

大阪から阪神高速で泉佐野南まで走りそこから海岸沿いにはしり26号線のバイパスまで行き

このバイパスを利用してのおかげで深日のほうまで、ずいぶんと楽になりました。

私たちが磯つりを始めた4,50年前は難波からの26号線を走り孝子(キヨシ)峠を越えて

和歌山市内を抜けてひたすら串本向いてこの海岸べりを走っていきました。

 

磯つりに狂っているときは月に2,3回は串本向いて走っていってました、亡くなった女房を

1度見学がてら連れて行ったことがありましたが、2度とついて行くとはいいませんでした。

でも黙って良く行かせてくれました、今感謝しても遅いですが・・・

 

当時は串本まで6,7時間かかっていたと思います、今は3時間ぐらいでいけるという

高速道路のおかげですが、このためにエサやさんはいろいろと困ったようです。

釣り人はよくなったのですが、最近になってやっと富田の先まで完成した、この紀伊半島は

高速ができるのが一番遅いのではないのかな、一周回る高速道路ができるのはまだまだ

先のことでしょう。

 

話はそれましたが1時間30分ぐらいはそれでもかかりました、着くと山下氏が先に来ていて

もうクーラーに満タンの獲物を入れていました、大勢の釣り人が波止に並んでサビキ釣りしておられる

この波止に囲まれた中に外海から入ってきたイワシの大群が右往左往しているようです、アチコチの

さおが連でイワシをかけています、早速はじめました短い3mほどの竿に5号ぐらいにサビキをつけて

釣るのですが、小さなイワシと思っていたら結構20センチはある大きさで2匹からかかると結構重く

楽しい釣りでした、しばらくその釣りの繰り返しをしていると、山下氏がやおら小さめの網のタモを

出して海面につけてアミエビを撒きタモにアミエビが入るようにしていたら、それをめがけて、

イワシの群れが我もわれもと入ってくるではありませんか、こうなるともうサビキでの釣りなどやって

られない、サビキで入れ食いして50匹ほども釣ったので、私もやらせてもらったら1度に20匹ぐらいは

すぐに取れた。1時間30分ほどして山盛り取れたのでもうやめたと、道具をしまいました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加