ISANA DIVERS 能天気日記

GUAMの新鮮ピチピチオヤジの海日記

GUAMのダイビングショップ ISANA DIVERS です

世界でも有数の透明度を誇るグアムの美しい海でマリンアクティビティを楽しみませんか? ISANA DIVERSは、グアムにお越しの皆様の、ダイビングやシュノーケリング、サーフィンといった あらゆる海の楽しみをお手伝い致します。 詳しい情報はこちらへ。ぜひ遊びにきて下さいね!

タカラガイ

2016-06-29 | ダイビング
6月もあと2日で終了。

このところの「時」の流れ方は、まるで激しいカレント(潮流)
の中で、はぁはぁ言いながらダイビングをやっているようだと
思いませんか?

 ↓ ナカさんご夫婦とスナさんご夫婦



目まぐるしくマスクの外を飛び去っていく「2016年上半期」の景色は、
イギリスのEU離脱やら舛添元知事の大騒ぎやら、オリンピックやら
参議院選挙やら、伊勢志摩サミットやら、エトセトラ、エトセトラ。





こぐ足を止めて、ゆっくり観察したり考えたりする暇もなく
目まぐるしく時勢が変わり、話題が変わります。
このせわしないカレントからちょっと離れて、どこか静かな岩陰で
呼吸を整えたいなぁ。
こんな調子で、すぐに「忘年会」だの「クリスマスカード」だの
の師走も押し寄せて来るんだろうなぁ

そしてまた新しい年を迎え、また一つ齢をとる。



さて、上の写真はタカラガイです。 
むかしは貨幣として商取引に使われていたそうで、
今でもチャモロの人達の間では「宝貝」として大切にされています。
クリーム色がかった模様が入っていないツルンとしたものが、
特に高い値段で取引されて、家で大切に飾られています。

運よくダイビング中にタカラガイを見つけたら、まずひっくり返して、
空き家だったら、すかさず持ち帰って磨きあげます。

貝殻の持ち主がまだ元気に住んでいたら、一旦あきらめて
リリースします。
でもリリースしたところをちゃんと覚えておいて、
時々「よぉ!元気でやっているかい?」と様子を見に行ってあげます。

えげつないって? 心配してあげているだけだよ  

by マミジロウ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長崎は今日も雨だった

2016-06-27 | ダイビング
「内山田洋とクール・ファイブ」なんて言っても
平成生まれは「誰それ?」なんだろうな



↑ 長崎の貞坊から送られてきました。
グアムの夕焼けは情熱的な真っ赤だけれど、
この時期の日本の夕焼けは優しいいアジサイ色だね  

ユウさんとノリさん。 会社の同僚同士のようです





常連の青さんがダイブマスター講習で昨日まで潜っていました。
夜、「たまには居酒屋じゃなくお洒落なところで飲んでみようか」と
ベイビューホテルの下のイタリア料理レストランに行ってみました。



↑ 元太君ならきっと「給料前の我が家のお助けメニューだ」と
言いそうなひと皿。これで10ドルです。
グアムは野菜が輸入で高値なので、こんな「豚キャベツ」も
プチトマトのスライスを散らして「贅沢なイタリアンのひと皿」に
成り得ます。

最後にかわいい写真で口直し

カワ(・∀・)イイ!!
   


カワ(・∀・)イイ!!



いいなぁ、こんな事やってみたいな

by マミジロウ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイビング&おつまみ調達

2016-06-24 | ダイビング
ヒロさんとリサさんご夫婦
1ビーチで1本潜って、それからボートダイビングに行きました



バリ島でダイビングにハマったそうです。



グアムでさらに深みにハマってもらいました。

さて、
最近円高傾向なのに2回も続けて日本に
行ってしまい、すっかりお小遣いがなくなってしまったので、
これからは晩酌の肴は自分で調達する事にしました。

どこから、って? もちろん大自然の懐から。



ターゲットにしたのが、まずは「イカ」



ハルちゃんやユウちゃんが来たときに、一気に8匹も釣れて、
おいしい思いをしたので、
クロベーが来た時にもサクラキッチンのボブさんも誘って、
3人でもう一度同じポイントに糸を垂らしてみました。

「同じ柳のしたにいつもドジョウはいない」という格言は本当でした。
ずいぶん頑張って釣れたのはたったの2匹。



2匹だけじゃあ、歯に引っかかって終わりだな

by マミジロウ
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

久々の日没ダイビング in ガンビーチ

2016-06-22 | ダイビング
潜る気いっぱいのクロベーが「オーダー!ナイトダイビング!」と
言いながらやって来たので、普段なら居酒屋「海」でダイビングを
やっている時間帯に、本物の海でダイビングをしました



薄紅のガンビーチはとてもロマンチックで、遠くのホテルのビーチバーから、
さざめくような笑い声や音楽が風に乗ってこぼれて聞こえて来ている中、
「なんて俺たち酔狂な」と思いながら、重いタンクと器材を背負って
おっさん二人で腰まで海につかって、潜るポイントまで行進です。



まぁ僕はクロベーがグアムに到着するまで家でゴロゴロ養生していたから
比較的元気だけれど、クロベーは早朝に日本の自宅を出て、
はるばる2500キロを飛んで、グアムに到着するなり「海底!」なので、
ほんと、マニアは偉大なり。
「好き」に栄養ドリンクは要らないね

 ↓ 「オトヒメエビ」がいっぱい居ました



 ↓ 久しぶりに「ハダカハオコゼ」も
 




 ↓ 「コクテンフグ」はもう眠そう



翌日クロベーは4本ダイビングを敢行し(50歳超えているのに)



体力の限りを尽くしてカメを追っかけまわし(50歳超えているのに)



帰国後彼が完全に社会復帰するまで多少時間がかかるかも
しれませんが、クロベー関係者の皆さん。どうぞ心穏やかに
彼を見守ってあげて下さいね。

 ↓ 座るなり瞑想



by マミジロウ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

銚子の虎参上!

2016-06-20 | ダイビング
父の日だから、と、「イオンの焼きえいひれ」をもらいました。



「焼きえいひれ」一袋で「よしまた一年頑張ろう」と思えるんだから、
自分で言うのも何ですが、父親ってのは偉大だと思います。
親父共よ! みんな頑張ろうな!

さて、銚子港から2匹の常連虎がやってきました。



ハルミちゃんとユウコちゃんです



3人で、「今夜の酒のアテを獲ろうぜ」とボートから釣り糸を
たらし、イカを八匹捕まえました。
おかげでボートはスミが点々と飛び散る修羅場に



捕らえた8匹のイカはその夜、居酒屋・海に持ち込まれ、
「イカ 8杯」と数え方の単位を変えられて、
刺身になり、



ゲソ揚げになり



虎どもの胃袋を満たしました



イカは生きの良い生きている間は「匹」と数えられ、
市場に行ったら「杯」と数えられるそうです。
知らなんだなぁ

by マミジロウ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加