ふろしき王子(Furoshiki Sensei)
出前講座受付中!
HP http://furoshikiouji.asia
メール isamix@gmail.com
 




今日も暑さはありましたが、昨日ほどではなかった体感。
きのうは朝からぎんぎらでした。そんな中で、エアコンの室外機のフタを開けて掃除する
にあたり、フェンスが当たってフタを外せないので、フェンスまで外すという作業を
よりにもよってこのお日さまの下で行ないましたが、B型だけに(?)、
氣の乗ったことならば、他のストレスや障壁の影響はあまり受けないものです。
今日は、トイレの砂壁がぽろぽろ落ちてくるので、樹脂の塗料で上塗りしました。
その後、末娘のペングウィンの麦わら帽子の穴を補修し、さらに日よけの布を付けました。
シーズン前の準備ではなく、季節到来して問題が起きてから動くという
相変わらずのマイペース。


つむじまで日焼けている長女の、脚。
あせもと無縁で、蚊に食われた箇所もさっさと消えてしまう。


昨日土曜日、日野市内の中学校で行われた風呂敷講座で
僕のふろしきリュックを背負ってみた参加者の女性。
中身は意外と重いですが、背負ってみたら楽だったという感想でした。
カバーのふろしきは中サイズで、リトアニアリネン(亜麻)。
本体はヘンプ(大あさ)の大ふろしきです。


さて、毎晩激しくアマガエルが鳴き続けているのも、雌を呼ぶためでしたが、
今日ふとメダカの稚魚の水槽を眺めたら、既にちっちゃなオタマジャクシが孵化していました。
おととし産卵があり、昨年は無く、今年ふたたびという流れですが、定着した感じで嬉しいです。
アマガエルは普段(繁殖期以外)は樹上にいるので、声はしても姿はすぐには見つかりません。


そんなカエルの天敵であるヘビ。うっとこの庭ではありません。
自転車でぱぴっと飛んだところにある黒川清流公園で遇いました。
小型で無毒のヒバカリという蛇と思われる。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« 餌問題◎ 蒸れないポケ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (素敵な手拭いたくさんあります。)
2017-07-16 23:09:53
王子は、詳しいね。
生き物以外に、壁の直し方とかできてすごいなぁ。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。