ふろしき王子(Furoshiki Sensei)
出前講座受付中!
HP http://furoshikiouji.asia
メール isamix@gmail.com
 



適度な運動が大切、と言ってる割には、僕はほとんど運動を意識していない。

けれども、日々風呂敷をかついで歩いているのと、
部屋では(カーテンを閉めて)ピコピコ踊っているから、
運動量は少なくはない。

食べ過ぎは、体の冷えからくる飢えへの恐怖が裏にありそうだが、
皮肉にも、食べ過ぎることがまた体を冷やしてしまう。

冷えると発酵がうまく運ばない。腸内細菌の働きが低下し、
腸壁が荒れる。その穴から、未消化物が侵入すると、
異物反応としてアレルギーや炎症につながる。

炎症を起こすのは、免疫としての活性酸素であり、異物を壊そうとする働きであるが、
同時に、
炎症による酸化熱が、冷えた体内を温めようとさえもしている。

陰の出来事にも、裏には光が共にある。
両者を包容しているのが、大元の愛というものかは。

冷え症の人が便秘しやすいのも、腸内細菌の運動の低下と共に、
滞留した便が酸化熱を出して、少しでも体温をあげたいという
裏のはたらきがある。

からだはすごくて、人智を超えるから、
決して、無意味な反応はしないけれど、
もちろん脳みそ、思考も含めた、ヒトの自然だから、
体の邪魔をせず、援護することに智慧をつかわなきゃな。

そのために、すすんで体を内からほかほかさしたいのだけれど、
運動しても冷えがとれない人もいる。

体を冷やすものが好物であったり、
防腐剤入りの食品ばかりだと、腸内細菌が抑えられてしまう。

自炊したほうが、さようなる添加物は減らせるから、
自炊を主眼とし、その買い物を運動にあてると一石四鳥かも。

のらりと歩いてもあんまりブーなので、ひざを高くあげながら歩いたり、
坂道や階段を通る、丘の上商店街へ通うべきだね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« くくり方。  話す、ふれる。 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。