ふろしき王子(Furoshiki Sensei)
出前講座受付中!
HP http://furoshikiouji.asia
メール isamix@gmail.com
 



女子力とは、
氣が利いて、こまめにお茶を入れるとか
料理を取り分ける能力ではない。
それは甘え者の男に都合がよいかもしれないが、
ハイジに出るクララの家のお手伝いのチネッテが
女子力高いとは普通いわないので、
仕事でないのにやることが望まれているのか。

ともあれ、自分にとって女子力とは

特に何か動作をせずとも、いるだけで場が和んでやわらぎ、
ささやかでも空間がほんのり染めるような、女性的魅力であります。

それは観念的なものではなく、女性ホルモンの脂質に
満たされているゆえに曲線が多くてやわらかな、
体かたちから発現されるところのもの。
そして、その形につられた自然で必然な心持ちがあるわけで、
それら体(存在)から生じるこころ(意識)が、ありのままに
調和している人から
醸し出される、見えない雰囲氣こそが、
ちいさいけど大きなパワーとなる。

決して美形なわけではないが、なぜかモテて人氣ある子は
そんな骨のひびきを持っていて、
痩せても太っても、ドレスでもぼろでも、
寝癖でもつやつやでも、
影響なく魅力があるもの。

そうなるには、所作から紐とける。

たとえサラダを取り分けた結果、量や具のバランスがよかれども、
カツカツせわしなく音を立てていては周りを不快にさせよう。

取り分けが下手でも、
道具や食べものをやさしく扱えば、
余分な音は立たず、ひそやかに進んでいく。

丁寧に扱うから、物からの反作用も柔らかいものとなり、
それを受けて肌もこまやかになって、
その毛穴から出されるかすか過ぎる香りが、
その場に愛を授ける。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 自然の人、人... 大長靴 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。