ふろしき王子のブログ
使わなくてもよいから、
ふろしきをバッグに入れとこう!
きっと役立ちます。
 





 いとけなき年子の子守はどきどき。車に注意。公園の高い遊具に注意。近所にほしいのは、ただフェンスで囲っただけの原っぱ。木のぼりなら、上るのもハードルだからよいけれど、遊具は幼児でもハシゴや階段で簡単に高くまで上れるから、そこからの落下がこわい。フェンスに囲われたただの原っぱで、数本の常緑樹の下に、日蔭と雨やどりのベンチだけあればよい。草刈りは、ウサギとにわとりに。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 昨日の造形教室 今日の造形教室 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (素敵な手拭いたくさんあります。)
2016-10-19 17:58:22
絵がうまい。素晴らしい。
今は、遊び場減ってきたのかね?
ニュースにて、声を出してはいけないとか。
昔は、そんなことなかったのに。
遊具もいろいろあるよね。
場所により、危険な遊具もあって。
前にテレビで観た。
怪我するよね。
確かに、いろんな事件あるから。
親も大変よね。
昔は、自由に遊べたものだ。
れんげばたけで遊んだり、ザリガニ釣ったり。
ブランコしたり、缶けり、色おに。
駄菓子屋で買い物。
懐かしいな。
今は、どうなんだろうね?
 
 
 
Unknown ()
2016-11-05 23:04:17
すてきな幼少期ですね。それは天国のごとある。そういうのでよいの、特段いっぱしの遊具なくてよいので、いのちの踊りをサポートしてくれれば十分。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。