ふろしき王子(Furoshiki Sensei)
出前講座受付中!
HP http://furoshikiouji.asia
メール isamix@gmail.com
 



昨日、我が家に訪れた友人とは、家の周りに堀を作りたい
話で共鳴した。

家を建てるなら、周囲に堀があるとよい。

堀の水は、洗面所と台所とお風呂からの排水。

髪の毛などは網で濾されるが、あとは基本そのまま流れるので、
シャンプーや薬品、強い洗剤、ラーメン汁などは流さないほうがよい。

排水管を切り替えられるようにはするが、
なるべくそのまま流せるものを使うにこしたことはない。

堀にはヨシが繁っている。防犯にもなる。
ヨシと、堀で飼う貝、バクテリアなどが排水を浄化する。

お風呂の排水は温かいので、きをつける。

排水の質に自信のある家では、堀で育てた貝やエビを食べることもできる。

毎年、枯れたヨシを刈って、よしずやストローなどを作れる。

家の排水だけなので、それほど水かさは増さないが、
子どもが誤って落ちないように、フェンスがあるとよい。

水がぐんぐんしみこんでは堀にならないが、ビニルクロスや
コンクリートで底を塞ぐのではなく、粘土質の荒木田土などで固めておけばよい。

せっかく堀があるので、新築やリフォームする際は
中も忍者屋敷のようにすると、外国人向けの民泊としても喜ばれよう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 干潟話。 春はすすむ。 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。