ふろしき王子(Furoshiki Sensei)
出前講座受付中!
HP http://furoshikiouji.asia
メール isamix@gmail.com
 



植木鉢という不自然な場では大木にはなり得ない。
ゆえに、間引きのプログラムが働いて、アゲハの幼虫もつくのである。

だから、地植えされのびのび大きく育ちたる樹は
たくさんの幼虫を育めるポテンシャルがあるにも関わらず、
つく幼虫がそれほど多くない。

自然界のバランスは弱肉強食といわれるが、植物もまた
弱いところから食べられる。
窮屈な鉢植えは植物にストレスを与え、弱らせるから虫がつきやすい。
地植えよりも植物のことを知って、手を入れなければならない。




コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« 明日すること☆ 脚長蜂 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (素敵な手拭いたくさんあります。)
2017-05-16 12:49:09
家に金柑の木が、植えてある。
よくアゲハ蝶が、とんでいる。
観に行くと、赤ちゃんの幼虫いたわ。
だけど、まわりにはアブラムシと蜘蛛の巣もある。
山椒の植木鉢が、ある。
それには、蜘蛛の巣もアブラムシもいないが。
アゲハの幼虫がいつの間にか、大きくなると。
たくさんの幼虫がいたとき、葉っぱが驚くほどになくなり。
これから、まだ食べるにはどうするんだろう?
と思ったが。
みんな、よけながら葉っぱ食べたら。
そのうち、それぞれ鉢から離れて蛹の場所を求めて移動していたが。
やはり厳しい世界よね。
蛹になり、落ちるのもいたが。
ネットで調べると、小さいコバエ?に中身を食べられる蛹もいる。
生き物の世界は、厳しいよね。
王子は、本当に生き物好きで。
落ちた蛹とか助けるし、偉いですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。