kumaの腎細胞癌闘病記

2008年腎細胞癌で左腎を全摘、5種類の抗がん剤を行ったり来たり、現在はトーリセルで治療中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大動脈瘤

2011年08月07日 | 大動脈解離
膝痛でM整形外科に行きましたが、右腰のあたりの違和感と、足先の痺れ、足全体の疲れが早いなどの症状があり、もしかしたら右腰に転移してるのではと、自分勝手に思い込み、MRIを撮ってもらいました。
診察室に移動中、看護師である家内が飛んできて、「大動脈瘤が見つかったって、このまま入院になりそう。」 「 何じゃそりゃーっ!」

診察室では医者や看護師が数人集まっていて、大学がいいだろうけど、直接行くよりは県立病院を経由したほうがいいのでは?とか。その間で間に合うのだろうか?などと相談されていました。

モニターを見ながら院長に説明してもらいましたが、いつも見ている写真と変わらず、解離を起こしている大動脈がはっきり写っています。角度の関係で、大きな動脈瘤にも見えます。すべてを説明して納得してもらいました。皆さんホッとしておられたようです。

結果、腰の骨には問題は見当たらない、上記の症状は血液の循環からくるものと思われる。一度大学を受診されたほうが良いでしょう、と言う結論でした。 月曜日予約を入れて、来週行ってきます。

私の大動脈は心臓出口から腹部で左右に分かれる直前まで解離を起こしており、特に危ない心臓近くはこれ以上解離を起こさないように大動脈弁とそこから10cmの間を人工弁と人工血管に置換されています。その辺がまた悪さをしているのでしょうかね。憂鬱です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 友人が天国へ | トップ | 大学病院 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さぶろう)
2011-08-08 01:38:45
憂鬱な問題ではありますが、転移ではなくて、その点でいえば、良かったですね、
以外と医者はおおげさにいうものです。
いい結果を期待しています。
大学へ行ってきました (kuma)
2011-08-10 08:14:33
この後コメントしますが、大学へ行ってきました。検査の範囲では異常なしでした。娘と二人、久しぶりのデートでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む