伊佐治剛オフィシャルブログ@大田区

↑「トップページに戻る」際にはこちらをクリックして下さい。

5月区議会こども文教委員会報告

2017年05月17日 | 区政

5月15日に、区議会こども文教委員会が行われました。

今回の報告案件は、こども家庭部と教育委員会共通案件が2件、教育委員会が4件、こども家庭部が4件です。

←画像は全て、クリックして頂くと拡大されます。

内容について説明をすると、

1、赤松小学校の改築における施設の複合化について

大田区では現在、学校施設の有効活用の観点から、学校施設の建て替えの際に他の公共施設を複合化していく方針を示しています。

こうした中、赤松小学校の改築当たり、老朽化した千束特別出張所や地域包括支援センター・高齢者利用施設を学校敷地の一部を活用して配置をすることになります。

複合化により、学校教育の中で福祉的な観点や地域連携の強化を進めていきます。

2、平成30年度放課後ひろば事業の新規開設及び委託事業者の募集について

改築工事を進めていた東六郷小学校の整備が、平成30年3月末で完了します。それに伴い、放課後ひろば事業を新規開設することになりました。

今回は、その運営事業者を募集する方法及びスケジュールについての報告です。

3、入新井第一小学校改築工事基本構想・基本計画について

赤松小学校同様、入新井第一小学校についても、施設の複合化による活用が方針として示されており、その基本構想・基本計画が示されました。大規模な複合化ということで、保育施設や適応指導教室つばさ、特別出張所、男女共同参画支援施設などが複合施設棟に入る予定です。

4、平成29年度大田区立学校の研究校ついて

区立小学校では毎年、学校ごとに研究テーマを定めています。特徴的なものとしては、大森第五小学校では、大田区が2020オリンピックパラリンピックと連携した事業として行っているブルートライアングルプロジェクトへの参加を研究テーマとして定めました。基本的に各研究テーマは、各学校の手あげによるものです。

 

5、平成30年度使用小学校教科用図書採択について

2018年から道徳が学校教科になるに当たり、大田区教育委員会では、今年度、その選定作業を行います。

 

6、読書学習司書の配置について

大田区では、学校における読書教育推進のため、区内全校への読書学習司書の配置を進めています。今年度新たに、欠員を含め19名を採用し、配置を行いました。

7、児童館運営の委託及び事業者の選定について

仲池上児童館の運営委託を行うに当たり、事業者を公募します。

 

8、新蒲田保育園及び地域包括支援センター等の複合化について

老朽化した新蒲田福祉センターと新蒲田保育園の改築について、基本計画が示されました。

 

9、平成29年4月1日現在の保育所等利用待機児童の状況について

保育園の4月入所の状況が報告されました。申し込み児童数は5,436名で前年度比468名増となりました。

結果的に保育園等に入所できなかった児童数は、昨年までの定義で357名で、前年比128名増です。

今年度からは新定義となり、育児休暇延長となった方も待機児童に含めることになりました。

すでに大田区では、来年4月新規開設保育園が定員で700名を超える分を確保しています。

10、私立保育所の開設計画について

平成30年4月1日開設の2園について、報告がありました。

①(仮称)太陽の子 南雪谷保育園 大田区南雪谷4-14

②(仮称)グローバルキッズ雑色園 京急雑色駅そばの高架下

 

※この投稿は、編集途中です。

 

日頃の活動は、ツイッターやFACEBOOKでも公開しておりますので、是非、そちらもご覧いただければ幸いです。

●ツイッタ- http://twilog.org/ISAJIGO_1345

FACEBOOkページ https://www.facebook.com/isajigo1345

 

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大田区議会自民党会派の役職... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む